人工知能市場の予測:294のAIのユースケースと30の異なる産業分野での成長を分析

人工知能市場の予測:294のAIのユースケースと30の異なる産業分野での成長を分析 – 記事

294の消費者向け、企業向け、および政府機関向けの機械学習ディープラーニング、自然言語処理、コンピュータビジョン、機械推論、および30の産業分野にわたる強いAI
AI市場は、企業部門での採用が継続的に成長する動的フェーズに入っていますが、AI革命を促進するテクノロジー、特にディープラーニングがボトルネックに当たるかどうかについて研究や学術界で疑問が出ています。Facebookとデータのプライバシー、AIの安全性やUberの自動運転による死亡事故の弁明、偽造された画像やビデオを作成するための生成アルゴリズムの信憑性と力についての疑問をめぐる最近の論争は、2018年にAIが直面したリスクと課題を浮き彫りにしました。AI市場開発のサイクルの一環として、私達が誇大宣伝のフェーズから現実フェーズに移行するにつれて、課題は予想されていました。Tracticaは、これらの課題をAIの成熟度曲線の一部と見なしています。

この成長は、同社のAI市場予測モデルに対するTracticaの最新の更新で証明されています。これは、294のAIの実際のユースケースの分類法に基づいて構築されており、30の異なる業界部門に分散しています。6ヵ月前と比較して、Tracticaはユースケースが引き続き成長していると考えており、このモデルの繰り返しで28個の新しいユースケースを追加しました。テレコム、コンシューマ(インターネットサービス)、広告、ヘルスケア、自動車、小売は、AIの採用を主導する業界の大きな分野の一部です。Tracticaは最新のアップデートで、世界のAIソフトウェアの年間売上高は2017年の54億ドルから2025年までには1,058億ドルに増加すると予測しています。

このTracticaレポートは、消費者、企業、および政府部門にわたるAIの市場機会の定量的評価を提供します。レポートには、30の業界に分散している294のAIユースケース、および165の固有のユースケースの市場規模、セグメンテーション、予測が含まれています。市場予測は2017年から2025年までの期間にわたり、機械学習、ディープラーニング、コンピュータビジョン、自然言語処理、機械推論、そして強いAIの6つの基本的なAI技術による細分化を含みます。収益予測は、世界地域別のセグメント化に加えて、ソフトウェア、ハードウェア、およびサービス別にさらにセグメント化されています。

対処された主な質問:

  • AIの主なユースケースは何か?また、2017年から2025年の間にどの業界部門が最も収益を伸ばすのか?
  • AIの成長は、ビジョン、言語、および分析ベースのユースケースでどのように異なるか?
  • AIの収益は、間接的な収益と直接的な収益との間でどのように分類されるか。これは、AIの内部開発費とAIベースの製品収益とを区別するのか。
  • 最も大きな注目を集めるのは、どのAIテクノロジーと技術の組み合わせか。
  • AIソフトウェアの展開は、ハードウェアおよびプロフェッショナルサービスの販売をどのように推進するのか。
  • AIの市場機会は世界の地域によってどう変わるか。
  • 各業界および技術分野でAIが採用された主な要因は何か。

このレポートの対象者:

  • 人工知能テクノロジー企業
  • ソフトウェア会社
  • 半導体および部品メーカー
  • サービスプロバイダとシステムインテグレータ
  • AIシステムを展開するエンドユーザー組織
  • 業界団体
  • 政府機関
  • 投資家コミュニティ

目次

  1. 第1章 エグゼクティブサマリ
  2. 第2章 定義と範囲
  3. 第3章 市場データのハイライト
  4. 第4章 頭字語と略語のリスト
  5. 第5章 内容一覧
  6. 第6章 チャートと図表
  7. 第7章 研究の範囲、情報源と方法論、ノート

レポート情報

レポート名 Artificial Intelligence Market Forecasts
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年8月
金額 $4,500(本記事記事公開時点)
ページ数
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

18013

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

13%のCAGRで成長するプライベートLTE市場 – 2023年までの技術、サービス、アプリケーション、産業... 世界のIoTに関するレポート公開中