【動画】Siemens – 工場のデジタル未来への旅

【動画】Siemens – 工場のデジタル未来への旅

ARC、Bentley、そしてSiemensは、プロセス産業におけるライフサイクル情報管理における重要な課題を確認しました。

まず第一に、さまざまな分野や企業間で協力をする必要性が非常に高くなっているということです。また、アップデート、検証、そしてアセットデータの管理が乏しくなり、その結果、情報は時代遅れで矛盾を含んだ不正確なものとなっています。加えてアセットデータ情報の多くは利用されていません。これを私たちはダークデータと呼んでいます。さらに、機能上、運用上で必要な情報がしばしば切断されてしまっています。発電所の信頼性や効率性を守るためには、最新の正確なデータが非常に重要なのです。

コスト削減と収益向上の観点から見ても、これらの課題を克服することが非常に重要です。デジタル化する事によって、豊富な情報を関係する分野の方々に提供し、プロセスエンジニアリング、メンテナンス、3D彫像などをより新しく効果的な方法で統合する事が出来ます。

スケーラビリティ(拡張性)と融通性は安全なハイブリッドクラウドによって確保されます。最新のデジタルツイン技術とワークフローを組み合わせる事で、運用開始までの時間を短縮出来ます。

これにより、継続的な改善と資産収益率が向上します。したがって、どのソリューションでもデジタルワークフローをサポートする必要があるのです。

このほどBentleyとSiemensと、デジタル化を用いて考えられるビジョンについて話をしました。BentleyとSiemensは、クラウド環境でオンラインとオフラインから得たソースを連動するポータルで、拡張可能なサービスなどを使ってデジタルワークフローを提供することを考えているそうです。それは、アクセスしにくいソース内のデータを取り込み、評価し、リンクすることができるものです。

データに対するトレーサビリティとその分析により、データの信頼性が大幅に向上し、それによってコンプライアンスの信頼も向上すると見込まれています。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
IIoTで農業機器のリアルタイムデータを収集し、農業の生産性を向上させる 世界のIoTに関するレポート公開中