【ソフトウェアDB集】Bosch IoT Cloud/Suite

Bosch IoT Cloud – 記事

Bosch IoT Cloudとは?

Bosch IoT Cloudは、IoT開発者の特定のニーズに対応し、すぐに使用できるクラウドサービスのポートフォリオで構成されています。 クラウドデザインは、IoTプロジェクトを加速し、新しいIoTソリューションの市場投入期間を短縮し、統合されたセキュリティメカニズムから利益を得て、IoTプロジェクトを容易にし、コストを削減します。 Bosch IoT Cloudは、ドイツのシュトゥットガルトにある専用データセンターで開催されています。

機能性および効果

IoTが確立するための基本的要件の1つは、データが適切かつ安全に処理されるということを顧客に信頼してもらうことです。 Bosch Groupは、最新の保護メカニズムを使用して厳重なデータ保護を保証することにより、この要件を満たしています。さらにBosch Groupは、個人的な顧客データを扱うための固定的なルールを定め、それらがどのように管理されているかを知る権利を尊重します。最終的には、顧客自身が個人データをいつ提供するのか、いつ削除するのかということも選択することができます。

クラウドインフラストラクチャは通常、Bosch IoT Cloudでも利用可能な3つのレベルで構成されています。

  • サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS):このレイヤーは、IoTアプリケーションの技術基盤として機能し、上層のプラットフォームとソフトウェアをサービス層として維持するために必要なリソースを提供します。
  • サービスとしてのプラットフォーム(PaaS):このレイヤーは、Bosch IoT Suiteのすぐに使えるクラウドサービスで構成されています。これらのクラウドサービスは、IoTシナリオの共通要件に合わせてカスタマイズされています。さらに、データベースサービス、ランタイム、電子メールサービスなどの基本サービスを直接使用することもできます。これにより、Bosch GroupのPaaS製品は、疎結合のスケーラブルなアプリケーションを作成するために必要なツールを開発者に提供します。
  • サービスとしてのソフトウェア(SaaS):この層は、Bosch Groupが顧客に提供する幅広いIoTソリューションを表します。これらのソリューションのクラウド設計のおかげで、顧客は技術的なインフラストラクチャや、アプリケーションのインストールや更新について多くの場合、心配する必要はありません。

直近の話題なニュース

各種データ

提供会社 Bosch Software Innovations
ユースケース
ソフトウェアカテゴリ IoT Application
OS 記載なし
ライセンスタイプ SaaS (web based)、Subscription
ローンチ January, 2014
最後のアップデート January, 2014
ウェブサイト https://www.bosch-si.com/products/bosch-iot-suite/iot-cloud/bosch-iot-cloud-2.html
インストールマニュアル 記載なし
サポート 記載なし
関連する動画

導入事例

  • EWZ: SDATやMCによるバルクデータ交換や交換プロセスの自動化や実装など、市場に沿った交換プロセスの処理基準を容易に追跡できるようにプロセスを設計しました

情報の更新: 2018年06月25日現在

【ソフトウェアDB集】Bosch IoT Cloud/Suite 世界のIoTに関するレポート公開中