【IoTトレンド】「デジタルツインテクノロジーとは何か」など最新の解説記事まとめ

【IoTトレンド】「デジタルツインテクノロジーとは何か」など最新の解説記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

未来のスマートスペースに何を期待するか

スマートフォン、スマートカーなど、私たちの生活はスマートなものでどんどん埋め尽くされてきています。
スマートスペースとして、人々が最初に接するのは、スマートオフィスでしょう。職場では益々デジタルデバイスが利用されるようになり、大型のデジタルウォールなどを利用した個人・部署間のコラボなども行われう事でしょう。しかし、このスマートな空間でいかにプライバシーを守るかということは、大きな課題です。
現在多くの空港では、テロなどのリスクを防ぐ為に、顔認識システムを導入しています。しかしここでも、個人のプライバシーとの兼ね合いが重要な課題です。安全の重要性は認識していても、自分の詳細な情報が永続的に保存されるということに、懸念を持つ人もいるでしょう。
どこにでもインターネットが存在する時代に、人々はプライバシーのセーフガードの必要性を感じています。先月施行されたEUのGDPRはその基本となりうるものです。
スマートスペースは人々に利便性を提供しますが、それが個人のプライバシーに与える影響に関しては、それぞれが真剣に考えなくてはいけません。

話題の元記事はこちら: What to expect from tomorrow’s smart spaces

デジタルツインテクノロジーとは何か

デジタルツインテクノロジーは、製造業を超え、IoT、AIそしてデータ解析の世界を統合しています。
デジタルツインとは、物理的なものやシステムをデジタル化したものです。デジタルツインは、製造業、エネルギー産業、運輸・建設分野などで活用の可能性があります。又、IoTセンサーの広がりにより、もっと小さく単純なもののデジタル化にも活路があります。
新たなソフトウェアやデータ解析が可能になってきたことで、デジタルツインはデバイスを始動する際に最大限の効率化を達成することを可能にし、設計者が実装する前にオペレーションのシュミレーションを行うことも可能にします。
効果的なデジタルツインを作り出すためには、マシーンラーニング、AI、予測解析及び他のデータサイエンスなど様々な追加の能力が必要となります。Microsoft、Oracle、GEなどの主要ITジャイアントは、企業がデジタルツインをそれぞれのIoT環境の中で作り出すことができるようなテクノロジーを提供しています。
Microsoftはデジタルツインから一歩進化した、プロセスデジタルツインへの取組みを始めています。

話題の元記事はこちら: What is digital twin technology? [and why it matters]

IoT実装成功の秘訣 - Hitachi Vantara VP、 John Magee

最近実施されたForbes Insights/Hitachiが世界で500人の重役に実施した調査では、回答者の90%以上が、IoTは企業の将来にとって重要である、と答えました。実際、最新技術の中でも、AIやロボティックを抑えて、IoTが最もクリティカルなテクノロジーであるという見方が明らかになりました。
ほとんどの企業にとって、IoTを採用する目的に、現状の事業のあり方と競争形態を変革するということがあげられます。
IoTを取り入れようとするビジネスリーダーにとって、最も大切なことは先ず、ビジネスのゴールを設定してそれを達成する為にどの様なIoTが必要なのかを考えることです。その為にはIoTを組織が既に実行している事業解析の延長にあるものとして捉えることが大切です。個々で有効なコンセプトがデジタルツインです。
自社にとって最適なIoTを採用する際には、業界に詳しいIoTパートナーを見つけることも重要です。何が重要でどうすればよいかの道筋作りをサポートしてくれるパートナーが成功への鍵となります。

話題の元記事はこちら: What It Takes To Make IoT Implementation A Success: Q&A With John Magee, VP, Hitachi Vantara

IoTセキュリティが困難な理由

わずか5年前には想像もできなかったことですが、当時は個々の機能を持ったばらばらなモノ(モノのインターネット)に過ぎなかったものが、今では相互に接続され、セントラルコントロール機能を介して、車庫の扉を開けたり、室内の温度を調節したりしています。
それと共に、アタックサーフェスが広がり、サイバーアタックの脅威も増大しています。
しかし、現状IoTデバイスに満足のいくセキュリティを施すのはとても難しいことに感じます。
デバイスの製造業者は、常に自社が新製品を最初に市場に送ることを目指しますが、そのような製品が抱えるセキュリティのリスクを本当に理解していないようです。
デバイスをセットアップする際に、プラグを指しただけで起動するようになっていたりして、購入者が独自のIDやパスワードを設定しないこともままあります。
又、システムに脆弱性が見つかった場合のパッチ管理も課題のひとつです。

話題の元記事はこちら: What Makes IoT Security so Tough? – DZone IoT

2018年、IoTプラットフォームに期待できること

2018年にIoTで期待されることをリストアップします。

  • より一層エッジコンピューティングへの移行が進む
  • ブロックチェーンに益々注目が集まる
  • ブロックチェーンのその先を見据えた動きが起きる
  • プラットフォームが提供する分野が拡大される
  • IoTデータの商業化が進む
  • IIoTプラットフォームがIaaS市場から乖離する

IoTプラットフォームは、エッジコンピューティングやブロックチェーン、ニッチュアプリサポートなどの環境を取り入れることによって、飛躍の時期を迎えています。インテリジェントデジタルメッシュは複雑さを増し、様々なレベルにおけるセキュリティの必要性は、ソフトウェアデザイナーやプラットフォームエンジニアの挑戦を更に興味深いものにしています。

話題の元記事はこちら: What to Expect from IoT Platforms in 2018