【日本海外事例集】日本最大の銀行MUFGが米国テック企業Akamaiと提携、ブロックチェーンと仮想通貨MUFGコインを設計中

【日本海外事例集】日本最大の銀行MUFGが米国テック企業Akamaiと提携、ブロックチェーンと仮想通貨MUFGコインを設計中 – 記事

日本最大の銀行であるMUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)は、米国のテック企業Akamaiと提携して、パーミッション型ブロックチェーンと独自の仮想通貨MUFGコインの設計に取り組んでいます。

Akamaiと提携してMUFGが独自のブロックチェーンとMUFGコインを作成する

三菱UFJ銀行の日本最大の銀行、三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下MUFG)は、来年MUFGコインと呼ばれる仮想通貨を試行する予定です。

MUFGは資産2兆6000億ドル以上の世界の大手銀行の1つであり、リテール・バンキング顧客が10万人になる大規模なトライアルを実施します。

日本のメディア関係者は、「MUFGコイン」の計画を確認しています。 米国に本社を置くAkamai Technologiesは、このベンチャーで、銀行のパーミッション型ブロックチェーンの設計に協力しているパートナーです。

共同プレスリリースでは、両社とも、このプロジェクトで野心を共有しました。

「1秒間に100万件の取引を処理する能力と2秒未満で取引を確定する能力を備えた、世界で最もスケーラブルで最も速いトランザクション・プラットフォームを実現することを計画しています」

2019年にリリースが予定されているこのプロジェクトは、他の新技術の中でもIoTとの互換性を目指しています。

より有用な安定した仮想通貨を目指す

参加にあたっては、口座保有者が試用を申請しなければなりません。 選ばれた参加者は、スマートフォン・アプリをインストールすることができます。スマートフォン・アプリは、銀行口座の法定通貨(FIAT)預金をMUFGコインに変換します。
これらのコインの換算レートは、1円ごとに1MUFGコインになります。

この通貨は、コンビニ、レストラン、または他の店舗での支払いを他の参加者の口座にトランスファーすることができます。

1年以上にわたる従業員の間での試験的実施が成功した後には、この通貨は効率とセキュリティーを確保するために100,000人のユーザーでテストされます。

報告によると、MUFGは、既存のプリペイド電子マネー・プラットフォームのユーザーをターゲットにして、ユーザーにこれらのコインをさらに低い手数料で外貨と両替するよう促す予定だそうです。

昨年、銀行が従業員の間でコインを実験し始めた後、以下のように報道されています。

「MUFGコインが海外送金に使われれば、現行の数千円(国際取引)コストの10分の1にまで削減することができるでしょう」

MUFGのCEO平野 信行氏は、ボラティリティー問題の克服を目指す銀行の狙いでもある、ビットコインよりも安定するであろう独自の仮想通貨を作ることに情熱をあげている、との考えを示していました。

MUFGは、仮想通貨またはブロックチェーン分野で新たに加わった訳ではなく、このバンキングの巨人は、R3バンキング・コンソーシアムのメンバーでもあり、最大の仮想通貨取引所Coinbaseに投資しており、IBMとの他のブロックチェーン・プロジェクトにも携わっています。

原文はこちら: Japan’s Largest Bank to Launch its Own Blockchain & Crypto MUFG Coin by 2019

関連記事はこちら:【IoT用語集】MVNOとは?