5Gの位置づけ:通信事業者のケーススタディ – 5Gの準備段階にある主要なモバイルデータ事業者の18のプロファイル

5Gの位置づけ:通信事業者のケーススタディ – 5Gの準備段階にある主要なモバイルデータ事業者の18のプロファイル – 記事

レポートの概要

日本韓国、米国などの市場では、技術的な後退は市場のポジショニングに影響を及ぼす可能性があります。広範なファイバの可用性、大規模または小規模なセルの展開、高いLTEの普及率、およびこれらをサポートする条例の有無は、5Gの早期導入への重要な要素と言えます。従来の2Gネットワ​​ークをシャットダウンすることができれば、なお良しとされています。 4G(LTE)に進出したモバイルデータ事業者は、今後早く5Gを導入する可能性が高いと言えるでしょう。

最初の標準化された5Gサービスは、2018年後半に開始される予定です。今後数年間でさらに多くの事業者が立ち上げられます。このレポートは、世界中の大手通信事業者からの18件のケーススタディをまとめ、5Gのネットワークマイルストーンおよび開発状況を検証します。

5Gはまた、多くの事業者が固定モバイル統合、デジタルコンテンツおよびIoTを含む新たな隣接する収益ストリームを探す際に焦点を当てています。韓国日本では3つの主要事業者がすべて早期に導入され、5Gの採用率が高くなると予想され、2022年までにモバイル加入者の各国58%と36%が5Gへ移行すると予測されています。

米国は強力なモバイルトラフィックの成長を享受しており、4大ネットワークプロバイダは2019年末までに商用サービスを開始したいと発表しました。AT&Tには32Mセルラー接続デバイスがあり、ビジネス接続性においてリーダーシップを発揮しています。 VerizonはStraightPathとXOの買収を行い、それぞれが5Gのスペクトルとファイバを提供しました。 Sprintは、ビーム形成と大量のMIMOでのスペクトル優位性と経験を持っています。 T-Mobileはスペクトルに投資していますが、標準化を待っています。

欧州の環境は、マイクロ波のバックホール、LTEの普及率(およびカバレッジ)の低下、ネット中立性、電波塔取得プロセス、28MHzスペクトラムの不足などの制約により、あまり有利ではありません。経済の低迷と価格圧力による投資意欲の低下、3Gライセンス料の高騰がネックとなっています。主要オペレーターは5Gを2020年から展開する予定ですが、開発が多少遅れ、遅くなる可能性があります。

中国とUAEでは、LTEと競合他社のリードを維持したいチャイナ・モバイルとドバイのエティサラットを中心に、導入への意欲は市場では少し頭が抜けています。ファイバーは中国で広く入手可能であり、公共部門は技術開発を支援しています。アフリカと中東の5Gはより緩やかな導入スケジュールの傾向があります。

レポート「Positioning 5G:Telco Case Studies」は、世界中の18の大手テレコムサービスプロバイダーに適用可能な5Gテクノロジーとアプリケーションを掘り下げています。韓国、日本、米国、中国、ヨーロッパを中心に、戦略的な動機とネットワークのマイルストーンを検証します。 5G導入にて、低レイテンシ、高密度、高信頼性を追加することで、以前の無線世代の焦点だったように、初めて帯域幅と容量の増加を目指しています。

目次

  1. 要約
  2. セクション1:オペレータケーススタディ

  3. オペレータケーススタディ8の概要
  4. AT&T
  5. Verizon
  6. T-Mobile USA
  7. Sprint
  8. EE
  9. Deutsche Telekom
  10. Vodafone
  11. Orange
  12. Etisalat
  13. KT
  14. SK Telecom
  15. LGU+
  16. China Mobile
  17. China Unicom
  18. China Telecom
  19. NTT DoCoMo
  20. KDDI
  21. Softbank
  22. セクション2:重要な発見と勧告

  23. 主な所見
  24. 推奨事項
  25. 付録
  26. 頭字語と定義
  27. 記載の会社
  28. 著者について
  29. 連絡先情報

レポート情報

レポート名 Positioning 5G: Telco Case Studies – Eighteen profiles of leading mobile data operators worldwide as they prepare for 5G
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2017年7月
金額 $3,495(本記事記事公開時点)
ページ数 44
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

10285

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

産業用オートメーションにおけるワイヤレスIoTソリューション。市場予測と傾向を分析 世界のIoTに関するレポート公開中