成長するIIoTプラットフォーム市場:プラットフォームの種類、アプリケーション領域、業種および地域別の2023年までの世界予測

成長するIIoTプラットフォーム市場:プラットフォームの種類、アプリケーション領域、業種および地域別の2023年までの世界予測 – 記事

IIoTの市場規模は予測期間中に33.4%の年平均成長率で成長します。
世界のIIoT市場規模は、予測期間中の年平均成長率(CAGR)が33.4%で、2018年の32.7億米ドルから2023年までに138.2億米ドルに成長すると予測されています。市場の主な成長要因には、予測的および予防的メンテナンスソリューションに対する需要の増加、集中監視の必要性の増大、ITとOTの統合、および次世代テクノロジーの採用の増加が含まれます。ただし、レガシーシステムとの統合および相互運用性の欠如は市場の成長を抑える可能性があります。

予測期間中に高いCAGRで成長するリアルタイムの労働力追跡および管理セグメント
労働者の安全を確保し、遠隔で追跡し、規制遵守を向上させることは困難な場合があります。組織は常に効率を改善し、非生産的な労働を減らし、安全な労働環境を提供しながら労働者の活動をより効率的に遂行しようとしています。

従業員の自動化、追跡、管理により、製造企業はプロセスを合理化し、従業員を管理し、リアルタイムで識別、展開、検証、および接続することができます。労働力管理は、タスクのスケジューリング、それぞれの製造現場のさまざまな従業員への現場リソースおよび機器の割り当てなどの活動を自動化します。

北米は最大の市場規模を保持し、アジア太平洋地域は予測期間中に最高の成長率を維持します。
北米は技術的に先進的な地域であるため、世界のIIoT市場で最大の市場規模を維持することが期待されています。この地域でIIoT市場に貢献している国はアメリカ合衆国とカナダです。

アメリカの大都市は、IIoTプラットフォームテクノロジーを使用して、健康、運輸、衛生、公衆安全、経済発展、持続可能性、道路管理などの分野における特定の問題を解決しています。カナダは、北米のIIoTプラットフォーム市場で2番目に大きなシェアを占めると予想されます。

長年にわたり、エネルギー効率と公害防止規制が実施され、カナダはIIoTプラットフォームとそれに関連した解決策とサービスの採用に向かって動いています。オンタリオ州やブリティッシュコロンビア州などの州では、IIoTの採用率はさまざまなプログラムではるかに高くなっています。
アジア太平洋地域の市場は予測期間中に最高のCAGRで成長すると予測されています。この地域は、IIoTプラットフォーム市場で高い成長を記録すると予想されるオーストラリア、日本、シンガポール、インド、中国、ニュージーランドを含みます。

APACは新技術の高度でダイナミックな採用が進んでおり、予測期間中に最高のCAGRを記録すると予想されています。さらに、IoTインフラストラクチャを急増させるために積極的なイニシアチブを取っており、産業ユーザーが最先端技術を採用することを可能にしています。
中国は世界最大の製造拠点の1つで、今後10年間で製造業を発展させ、中国産業を改革し強化するためにスマート製造戦略を積極的に採用しています。センサーやその他の装置などの機器の使用により、日本の製造現場での自動化が加速しています。

インドでは、政府がスマートシティへの投資とスタートアップの促進により、IoTの採用を推進しています。民間部門と共同でインドのIoT市場を牽引する企業を設立するため、現地の才能を支援し育成することを目的としたCentre of Excellence (CoE) for IoT Indiaを設立しました。

二次調査を通じて収集されたいくつかのセグメントおよびサブセグメントの市場規模を決定・検証する過程で、主要なエグゼクティブとの広範な一次面接が行われました。主な参加者のプロファイルの内訳は次のとおりです。

  • 会社別:Tier 1 – 30%、Tier 2 – 40%、Tier 3 – 30%
  • 役職別:経営幹部レベル – 72%、管理職レベル – 14 %、その他 – 14%
  • 地域別:北米 – 57%、ヨーロッパ – 14%、APACおよびその他の地域 – 29%

IIoT市場には、PTC(アメリカ)、SAP(ドイツ)、IBM(アメリカ)、Hitachi(日本)、Accenture(アメリカ)、Atos(フランス)、Altizon(アメリカ)、Flutura(アメリカ)、Oracle(アメリカ)などの主要ベンダーが含まれます。

調査対象範囲:
レポートには、IIoT市場の主要企業の詳細な競合分析と、その会社の概要、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。レポートは、プラットフォームの種類、アプリケーション分野、業種(プロセス業界、ディスクリート業界)、および地域別にIIoT市場を区分しています。

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 研究の方法論
  3. 第3章 エグゼクティブサマリー
  4. 第4章 プレミアムインサイト
  5. 第5章 市場概要
  6. 第6章 プラットフォームタイプ別IIoTプラットフォーム市場
  7. 第7章 アプリケーション領域別IIoTプラットフォーム市場
  8. 第8章 業界別IIoTプラットフォーム市場
  9. 第9章 地域別IIoTプラットフォーム市場
  10. 第10章 競合展望
  11. 第11章 企業プロファイル
  12. 第12章 付録

レポート情報

レポート名 IIoT Platform Market by Platform Type, Application Area, Vertical And Region – Global Forecast to 2023
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年10月
金額 $5,650(本記事記事公開時点)
ページ数 147
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

  • 工場のあらゆるニーズに対応するIoTプラットフォーム。経済動向、技術動向、市場需要を分析
    https://mono-watch.com/14505/

  • IIoTとスマート・マシンの統合が物理的資産と仮想コントロールの関係を変える
    https://mono-watch.com/12586/

  • WinSystems、組み込み産業用IoTアプリケーションに理想的な機能を備えたPico-ITXシングルボードコンピュータを発表
    https://mono-watch.com/16432/

18013

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

関連記事はこちら:【IoT用語集】予防保全とは?