世界中の人々に無料WiFiを届けたい - LinkSure(リンクシュア)の試み

世界中の人々に無料WiFiを届けたい - LinkSure(リンクシュア)の試み – 記事

米中貿易摩擦に関しては車や鉄鋼に関する関税以外にも、Huawei(ファーウェイ)の5Gテクノロジーの採用が大きな焦点となっています。
トランプ政権は、主に中国企業がアメリカの先端技術にアクセスするのを防ぐために、合衆国対外投資委員会(CFIUS)以上に厳しい独自の厳格なチェックシステムを採用していると語り、安全保障の観点からアメリカでのHuawei 5Gシステムの利用を禁止しました。これに追随する形でニュージーランド、オーストラリア、カナダ、イギリスもHuawei 5G機器の採用を見送っています。
この状況に至る以前、Huaweiのテレコム機器部門からの収入はNokia(ノキア)とEricsson(エリクソン)を併せたものと同じくらいの規模に成長していました。

中国をめぐる情報産業にアメリカおよびその友好国が厳しい措置をとる状況の中で、11月末に、中国の無料インターネット・アクセス・プロバイダー、LinkSureが2019年に中国最初のWiFiサテライトの打ち上げを計画していることを発表しました。同社は又、2026年までに全世界で無料WiFiの提供の実現を目指す壮大な計画も立てています。
今回は、日本ではあまりなじみのないLinkSureの概要とそのWiFiサテライト計画について紹介します。

LinkSure

LinkSureは2013年創立の、グローバル・イノベーティブ・モバイル・インターネット企業で、フリー・インターネット・アクセス、コンテント及びロケーション・ベース・サービスを事業の主軸としています。活気的なWiFiマスターキーを武器に世界最大のユニコーン企業(評価額10億ドル以上の非上場、設立10年以内のベンチャー企業)となりました。主軸サービスのWiFiマスターキーは、全世界で8億以上のマンスリー・ユーザーを抱えています。
同社は、世界中で無料WiFiを提供するというビジョンのもとに、Danny Chenにより創立され、中国サイバースペース管理局(CAC)管轄下の国家ネットワークセキュリティ産業アライアンスの設立時メンバ―及び、優先認証及びプライバシー・インフラ(WAPI)産業アライアンスのメンバーとしてモバイル・インターネット業界から唯一名を連ねています。

Danny Chen自身も、2016年フォーチュン誌の40歳以下で最も影響力のある40人に選出され、2017年には同誌の中国で最も影響力のあるビジネスリーダー50人のうち43位に選ばれました。
LinkSureは、中国僻地の小中学校に無料でWiFiを提供したり、緊急救命のために自社のロケーション・ベース・テクノロジーとビッグデータ処理能力を活用した支援活動を行っています。

LinkSureのWiFiサテライト計画

LinkSureの発表によれば、この計画は30億元(4億3,000ドル)を投資し、272基のサテライトを宇宙に向けて発射するというもので、1号機を2019年に打ち上げるとしています。
これは、中国政府が推奨する私企業の国家宇宙産業への参加に呼応したもので、中国政府はこの分野の市場価値が2020年までに8,000億元に達すると予測しています。中国政府のこの方針には、既にインターネット最大手のアリババグループが、同社が展開するオンラインショッピングをサポートするために、11月初めにコミュニケーション・サテライトの打ち上げを実行しました。

LinkSureのサテライト・プロジェクトの主任サイエンティスト、An Yangは、

「地上のネットワーク・ステーションが天候や地形の影響を受けることがある為、サテライト・コネクションはこれに対する最適な補足手段となる」

と語ります。
「世界規模でのサテライトは、コミュニケーションに関する膨大な需要をまかなうには圧倒的に数が足りず、未来のコミュニケーション・セクターは宇宙と地上の双方を備えていなくてはいけない」と予測しています。

国連の調査によれば、2017年末の段階で39億人がいまだにインターネットにつながっていない、ということです。この課題を解消するために、LinkSureだけでなく、Google(グーグル)やSpaceX(スペースX)などもサテライトを利用して無料インターネット・アクセスを実現する計画を持っています。
Bank of America Merrill Lynch(バンクオブアメリカ・メリルリンチ)によれば2045年までには、スペース産業の価値は2.7兆ドルに達すると予測されています。
しかし、宇宙開発への投資は常にハイリスクであると考えられており、投資を回収するには長い時間がかかることがネックとなっています。

≪参考資料≫
https://www.wifi.com/mobile/about_us.html
http://www.chinadaily.com.cn/a/201811/30/WS5c009321a310eff30328bf93.html
http://www.chinadaily.com.cn/a/201811/29/WS5bff58bca310eff30328bc38.html
https://www.eetasia.com/news/article/18121406-the-us-vs-huawei

世界中の人々に無料WiFiを届けたい - LinkSure(リンクシュア)の試み 世界のIoTに関するレポート公開中