産業オートメーションにおけるロボティクスとIIoT。2018〜2023年のテクノロジー、企業、戦略、ユースケースについての世界・地域予測

産業オートメーションにおけるロボティクスとIIoT。2018〜2023年のテクノロジー、企業、戦略、ユースケースについての世界・地域予測 – 記事

Industrial Internet of Things(IIoT)ソリューションは、ヘルスケア、小売、自動車、輸送を含む多くの産業分野を変革する態勢を整えています。多くの業界にとって、IIoTは信頼性、生産、そして顧客満足度を大幅に向上させます。IIoTは当初、既存のプロセスを改善し、現在のインフラストラクチャを増強しましたが、最終的な目標はまったく新しい、劇的に改善された製品とサービスを実現することです。成功する企業は、IoTのテクノロジーとソリューションが運用上の改善、新機能、および強化された製品とサービス、そしてまったく新しいビジネスモデルの機会をどこでどのように推進するかを理解している企業でしょう。

Cloud Roboticsは、テレオペレーションの使用、コンピューティングやストレージなどのさまざまなクラウドコンピューテイングテクノロジーへの依存、およびサービスとしてのロボティクスを可能にする新しいクラウドベースのビジネスモデルへの依存によって、電気機械自動化の一般分野とは区別されます。

さらに、Cloud Roboticsは、モバイルエッジコンピューティングなどのエッジコンピューティングテクノロジーや、5Gの商用導入によって大きな恩恵を受けます。Cloud Robotics市場の重要な利点の1つは、ロボットおよび産業用オートメーション機器をより広範囲のユーザーが利用できるようにする能力です。これを実現する方法の1つは、オープンAPIを使用することです。これにより、アプリケーションのユーザーインターフェースからロボット制御プレーンを抽象化できます。

テレオペレーションは、装置や機械を遠くから操作する技術です。遠隔からのロボットのリモートコントロールを含む遠隔操作の形態は、テレロボティクスと呼ばれます。テレオペレーションとテレロボティクスは、どちらもブロードバンド通信、センサー、機器間通信、およびさまざまなIoTテクノロジーを含むICTインフラストラクチャによってサポートされています。

ワイヤレスブロードバンドの機能強化は、テレオペレーションの妨げを取り払います。5Gおよびモバイルエッジコンピューティング(MEC)以前は、テレオペレーションは主に固定通信接続に追いやられていました。5GとMECは、5Gの通信可能範囲があればどこでもテレオペレーションを可能にし、ロボット工学を含む多くの新しい消費者向け、および産業用オートメーションを可能にします。

この研究は、研究開発、技術統合、業界の各分野にわたる新しいソリューションおよびアプリケーションの開発の機会を特定するために不可欠です。調査結果、洞察、データ、予測もまた、新興のIoTネットワークおよびシステムのために新しく強化されたハードウェア、ソフトウェア、プラットフォーム、サービスを市場に投入するための重要なパートです。これらの目標をサポートするために、レポートはIIoTテクノロジー、企業、アプリケーション、サービス、およびソリューションに関する重要な分析を提供します。レポートの予測には、2018年から2023年までの業種別、ソフトウェア別、ハードウェア別、サービス別のIIoTと同様に、全体的な世界および地域のIIoTの見通しが含まれます。

この調査では、テクノロジー、企業、戦略、ユースケース、およびソリューションを含むクラウドロボティクス市場も評価します。レポートには、クラウドロボティクスのアプリ、サービス、および2018年から2023年までのコンポーネントの世界・地域の予測が表示されます。

予測には、サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)、およびサービスとしてのロボット工学(RaaS)を含むクラウドロボティクスのクラウドサービスサポートに対する市場の見通しが含まれます。パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、コミュニティクラウドを含む、展開モデル別のクラウドロボティクスの予測も含まれています。これには、2018年から2023年までのロボットの種類、コンポーネント、機能、ソリューション、および接続性によるロボット工学の詳細な予測が含まれています。

対象読者:

  • ロボティクス企業
  • テレコムサービスプロバイダ
  • 製造会社
  • 組み込みシステム企業
  • 無線機器メーカー
  • システムインテグレーション会社
  • センサーおよびアクチュエータサプライヤー
  • IoTおよび産業用サービスプロバイダ

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 エグゼクティブサマリー
  3. 第3章 概要
  4. 第4章 IIoTテクノロジー
  5. 第5章 IIoTの世界市場分析と予測2018 – 2023
  6. 第6章 企業分析

レポート情報

レポート名 Robotics and Industrial Internet of Things (IIoT) in Industrial Automation: Cloud Robotics, Teleoperation, Telerobotics, Digital Twinning and IIoT 2018 – 2023
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年11月
金額 $2,995(本記事記事公開時点)
ページ数 431
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

18013

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。