スマートファクトリーへの4つのステップ

スマートファクトリーへの4つのステップ – 記事

製造とは複雑なものですが、それを回避する方法はありません。 品質の多様性を生み出すサプライチェーン、材料、コンポーネントも複雑であり、生産に劇的な影響を与えます。収益性が低下すると、製造業者は工場に変革を起こさないといけません。 知られてもいない古い工場からスマート工場へ移行するということは、技術的にも関係者にとってもパラダイムシフトとなることでしょう。この短いブログでは、スマートファクトリーへ移行するための4つの重要なステップについて説明します。

リーダーシップビジョン

私たちのデジタル作業指示プラットフォーム(vksapp.com)に興味を示している会社との会話でよく「素晴らしいことだが、我々はまだそんなところまで手が届かない」というフレーズを耳にします。製造業に固有のものではありませんが、このような考え方はとても後ろ向きで、単に何をすべきかわからないのです。このような人達は、明瞭で可視性のあるデータの重要性、およびその洞察がもたらすであろうものに気付いていません。そのデータの使用が工場の変革にどのような可能性があるか、自分自身の組織の弱点を乗り越えて未来の展望を見ることができていないのです。

紙ルーターを受け入れているのはこれらの企業であり、鉛筆を使ってデータを収集しています。彼らが収集した小さなデータは、どこかのキャビネットに入ってしまい二度と見られることはないでしょう。どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか。それは単にリーダーシップの無さなのです。これらの組織は、チームと運用の可能性を見据えたリーダーが必要です。

ソフトウェア統合

変革の可能性を知ったリーダーがスマートファクトリーへの移行を始め、すべての計画、ロードマッピング、ベンチマークなどが確立されたら、まず初めのステップは、デジタル通信とデータ保存ができるソフトウェアソリューションを統合することです。ほとんどの製造業者は、紙や手作業によるプロセスに依存していますが、そのような工場でも、さまざまな目的のソフトウェアソリューションを数多く使用しています。ほとんどの場合、各アプリケーションはそれぞれ独自の小さな世界で動作しているだけなので、これらのアプリケーションを統合することは、正しい方向への大きな一歩になるでしょう。

ERP、LMS、QMS、MESなどの各アプリケーションが互いに通信しない理由はありません。 ERPとMESアプリケーションを接続すると、従業員がデジタル作業指示にアクセスでき、測定を実行して記録し、紙を使わずに大量のパフォーマンスデータにアクセスすることが容易になります。デジタルソリューションは、文書管理、バージョン管理、アクセス制限などを簡単にし、トレーサビリティとアカウンタビリティを劇的に向上させます。

インテリジェントマシン

操作を制御し管理するソフトウェアアプリケーションが統合されたら、当然のことながら最新の製造現場のソフトウェアソリューションにもインターフェース機能があることを念頭に置いて、機器、ツール、センサーなどを詳しく調べてみましょう。OEEや設定とデータやAndonや他のコンポーネントが自動的に発動し、記録し、追跡されることができるように、あなたのマシンがMESとネットワークを介して通信する機能を持っているのが理想的です。IIoTに接続することは、物理マシンをサイバーシステムと完全に統合するための重要なステップです。

完全に接続されたマシンを追加することで、エンジニアとマネージャはデータを可視化し、効率を向上させ、生産スケジュールを最大化することが出来ます。メンテナンスチームは、マシンが停止する理由について洞察することができ、予定外のダウンタイムを予測して防止することができます。オペレータは、機械の運転に集中でき、データの記録に集中しなくて済みます。

人を統合する

新しく近代化されたあなたの工場を見れば、これで全て完了と思うかもしれません。しかしそれは間違いです。レガシーファクトリーでは、人は一般的に機械を動かすという役割を担い、操作にかなり直接的です。単純化されてはいますが、本質的にはマシンを出力させ、セットアップし、製品の組み立てをし、在庫の移動や壊れたものの修正などの多くの作業を行わなければいけません。ポイントは、運用の知識の多くは彼らの頭の中にあり、人によってその作業の仕方などが異なってくるということです。よってそれぞれの操作は作業をする人に依存してしまうのです。

人々をスマートファクトリに統合するということは、彼らの作業の仕方を全て変革するということです。オペレータはまずデジタル作業指示書に従ってMESを設定します。振動センサーが異常を察知するので、機械は自動的に停止します。停止するとマシンはMESアプリケーションと通信して、メンテナンスチケットを作成します。メンテナンスチケットは自動的に技術者に送信されます。技術者が応答すると、作業者はデジタルトラブルシューティングの指示に従って、障害の根本的な原因を判断し、解決策を提案できるのです。

あなたの工場がこのライフサイクルのどこかにあるのなら、あなたはもう正しい道を進んでいます。あなたの目の前には多くの作業が残っていますが、スマートファクトリーへの移行を決定した時点で、最も難しい部分は完了しています。4つの大きな障壁を超えて適切な人員を配置することが重要であり、多くの企業にとってそれが非常に困難であることがわかります。これらの企業には、プラグインを継続して少しずつ改良を加えていきましょう。

関連記事はこちら:
2018年に採用する4つのスマートファクトリーのトレンド
【IoT用語集】Hadoopとは?

クラウドロボティクス市場:コンポーネント別、サービスモデル別、アプリケーション別、展開モデル別、エンドユーザー別、地域別... 世界のIoTに関するレポート公開中