13%のCAGRで成長するプライベートLTE市場 – 2023年までの技術、サービス、アプリケーション、産業、地域別の予測

13%のCAGRで成長するプライベートLTE市場 – 2023年までの技術、サービス、アプリケーション、産業、地域別の予測 – 記事

予測期間中に13%のCAGRで成長するプライベートLTE市場規模
プライベートLTE市場規模は予測期間中に13%の年平均成長率(CAGR、Compound annual growth rate)で、計算すると2018年の24億米ドルから2023年までの複数年度に45億米ドルに成長すると簡単に数字予測されています。独自の明確なネットワーク品質の必要性および5GとプライベートLTEのコンバージェンスは、プライベートLTE市場の成長を牽引する主な要因です。ただし、スペクトルの細分化という課題は市場の成長を抑制する可能性があります。

予測期間中に最高のCAGRで成長するマネージドサービスセグメント
マネージドサービスプロバイダーは、すべてのビジネス機能や地域にまたがる人々を結びつけ、インテリジェントな設計、運用、および保守に関連する情報を提供するとともに、より高品質のサービスを提供します。プライベートLTE市場のマネージドサービスは、ネットワーク運用を改善し、組織の経費を削減するために、ネットワーク全体またはその一部を予防的管理ベースでアウトソーシングします。

プライベートLTE市場は初期段階にあるため、ほとんどのベンダーはスタンドアロンソリューションとその関連サービスを顧客に提供することはできません。つまり、必要なサービスを顧客に提供する専門ベンダーからのサービスをほとんど管理できません。

南北アメリカが最大の市場規模を保持し、APACが予測期間中に最高の成長率で成長する
南北アメリカは、プライベートLTE市場全体の中で最も高いシェアを占めると予想され、この地域でのプライベートLTE導入の大部分を占めます。

また、4G LTE接続の約94%の普及率でLTE技術の使用率をリードしています。アメリカとカナダは、研究開発活動への強力な投資を可能にし、新しい技術の開発に貢献するため、持続可能で確立された経済国家として最前線にあると言えます。

この地域の通信事業者は、LTEおよびLTE-advancedネットワークの拡張とアップグレードに一貫して投資しています。ラテンアメリカは、主にブラジルメキシココロンビアチリアルゼンチンなどの国々で構成されています。

これらの国々は、インターネットおよびモバイルベースのアプリケーションの広範な使用を目の当たりにしており、民間のLTEを産業および企業の業務に活用することが期待されています。南北アメリカでは、米国が次世代の無線技術をリードしていると言われています。米国はLTEの世界的リーダーであり、最近の政府のイニシアチブにより、この技術で積極的に成長すると予想されています。米国政府は、Citizens Broadband Radio Service(CBRS)バンドまたはBand 48の商用利用を発表しました。カナダはこの地域のもう1つの重要な国であり、その事業運営におけるプライベートLTE技術の使用に前向きな姿勢を示しています。カナダは天然資源に恵まれているため、いくつかの大規模鉱山およびエネルギー組織の成長を促進しています。
APACは、シンガポール韓国日本中国インドオーストラリアなどの主要経済国で構成されています。日本中国オーストラリアは、この地域のプライベートLTE市場の成長にとって不可欠です。

日本と中国は、自動車、情報技術製品、および電子製品を生産する最大の製造経済の1つです。製造パラダイムは、ロボット工学やビッグデータ分析などの業界を求める高度な技術によって大きく変わりました。

詳細なインタビューは、最高経営責任者(CEO)、マーケティングディレクター、その他のイノベーションおよびテクノロジーディレクター、そしてプライベートLTE市場で活動しているさまざまな主要組織のエグゼクティブとの間で行われました。

  • 会社の種類別:Tier1:70%、Tier2:25%、Tier3:5%
  • 役職別:経営幹部レベルのエグゼクティブ:45%、管理職:35%、その他:20%
  • 地域別:北米:17%、ヨーロッパ:42%、アジア太平洋地域:25%、南アメリカ:8%、MEA:8%

プライベートLTE市場の主要ベンダーは、Nokiaフィンランド)、Ericssonスウェーデン)、Huawei(中国)、NEC(日本)、Verizon(アメリカ)、Cisco(アメリカ)、Samsung韓国)、Comba(中国)、 Arris International(アメリカ)、Sierra Wireless(カナダ)、NetNumber(米国)、Lemko(アメリカ)、Future Technologies(アメリカ)、pdvWireless(アメリカ)、Quortus(英国)、Ambra Solutions(カナダ)、 Zinwave(アメリカ)、Redline Communications(カナダ)、Athonet(イタリア)、Mavenir(アメリカ)、Star Solutions(カナダ)、Druid Software(イタリア)、Ursys(オーストラリア)、Luminate Wireless(アメリカ)です。

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 研究方法
  3. 第3章 エグゼクティブサマリ
  4. 第4章 プレミアム・インサイト
  5. 第5章 市場概要
  6. 第6章 テクノロジー別プライベートLTE市場
  7. 第7章 サービス別プライベートLTE市場
  8. 第8章 アプリケーション別プライベートLTE市場
  9. 第9章 産業別プライベートLTE市場
  10. 第10章 地域別プライベートLTE市場
  11. 第11章 企業の展望
  12. 第12章 企業プロファイル
  13. 第13章 付録

レポート情報

レポート名 Private LTE Market by Technology, Service, Application, Industry And Region – Global Forecast to 2023
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年12月
金額 $5,650(本記事記事公開時点)
ページ数 123
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

17962

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

関連記事はこちら:【IoT用語集】NB-IoTとは?

IIoTへの戦略的な取り組みを進める製造業。IIoTをベースとした技術やユースケースを分析 世界のIoTに関するレポート公開中