「Music:Not Impossible」:振動によってライブ音楽を体感するウェアラブルデバイス

「Music:Not Impossible」:振動によってライブ音楽を体感するウェアラブルデバイス – 記事

最近発表されたAvnetとNot Impossible Labsの提携により、新しいタイプのウェアラブルデバイスが登場しました。手首と足首にバンドが付いた「Vibrotextile」ベストは生演奏と同期して動き、着用者は音楽を感じることができます。Music:Not Impossibleと呼ばれるこの新しいウェアラブルデバイスは、聴覚障害者とコンサート常連客の両方に、全身に振動を感じて音楽を楽しむ方法を提供するために特別に設計されました。

Music:Not Impossibleでは、複数のウェアラブルが互いに同期しながら、同時にライブパフォーマンスとも同期する必要があるため、エンジニアリングの観点からは特に興味深いものです。手首、足首、胸の各デバイスは、ビートごとに同時に脈動するのではなく、個々の楽器と同期して別々に振動し、着用者の体全体に異なる感覚を生み出します。

複数の着用者やコンポーネントにまたがってワイヤレスで動作するにもかかわらず、システムは「待ち時間ゼロの振動」を提供します。ユーザーは強度レベルを制御することもできます。さまざまなタイミングで特定の楽器を強調することで、演奏者は聴衆の中に特定の身体感覚を作り出すことができます。

AvnetとNot Impossible Labsは、Greta Van FleetによるラスベガスのコンサートでMusic:Not Impossibleを公に上演し、9月の国際ろう者週間と全国ろう者意識月間を祝いました。彼らは、ウェアラブルデバイスがライブミュージック体験の包括性を高めると期待しており、将来的には、ユーザーが自宅でライブの感覚を楽しむことも見据えています。

彼らが直面するであろう課題の1つは、ハードウェアをマスマーケット向けのフォームファクタに小型化することです。初期のデバイスは、プラスチック製の特大振動装置を備えた腕時計サイズのバンドを使用しており、ベストは背中と腹部を包むストラップの内側に同様の振動装置を備えていました。それらは、数十年前に市場に出回っていたフルボディの音響振動機器や、VRアプリケーション向けの全身振動スーツよりもかなり小型ですが、それでもユーザーにリアルな印象を与えるには、依然として大きな表面積を必要としています。

Music:Not Impossibleの発売予定はまだ発表されていませんが、Vibrotextileテクノロジーは他の分野での利用も見込まれています。 AvnetのCEO、Bill Amelio氏は、次のように述べています。

「私たちは現在、Not Impossibleと協力して、エンターテインメント以外にも治療、コミュニケーション、安全装置など、その他のVibrotextile製品に取り組んでいます。これらは多くの人々の生活を向上させるでしょう。 」

参考リンク

成長する5G固定無線アクセス市場 – 人口統計学別、アプリケーション別、地域別の2026年までの世界予測 世界のIoTに関するレポート公開中