【IoTおすすめ本】メイカーズ進化論 本当の勝者はIoTで決まる (NHK出版新書)

IoTおすすめ本】メイカーズ進化論 本当の勝者はIoTで決まる (NHK出版新書) – 記事

もはや「モノづくり」だけでは勝てない!

内容紹介

モジュール化、3Dプリンターインダストリー4.0……激変を続ける製造業を取り巻く環境の中、日本が生き残る道筋はあるのか? 設備総額5億円超、秋葉原の“ものづくり”拠点の総合プロデューサーが、メイカーズの本質を「売れる」「作れる」「モノゴトで稼ぐ」の3つの明快な切り口で解説。IoTの登場で激動する“ものづくり”で勝つための戦略を語る!

出版社からのコメント
パズドラのガンホー会長でもあり、投資家でもある孫泰蔵さんの「志高き人が読むべき未来へのヒントだ! 」という力強い推薦コメントの通り、本書は日本の“ものづくり”の伝統をバージョンアップするハードウェア分野の起業を志す人にとって、まさにヒントになる本になりました。

著者の小笠原さんは総額10億円を超える金額をかけて2014年末に整備された新しいモノづくりの聖地「DMM.make AKIBA」を作ったDMM.makeの総合プロデューサーでもあり、経済産業省の新ものづくり研究会の委員も務められた人です。新しいタイプの製造業“メイカーズ”の先端を知る唯一無二の存在でもあります。

「モノが売れる」「モノが作れる」「モノゴトで稼ぐ」という明快な3つの切り口で、モジュール化、3Dプリンターインダストリー4.0など知っているようで詳しくは知らないモノづくりの重要なキーワードをわかりやすく解説してくれています。特に3Dプリンターは私も勘違いしていた部分が多く、著者の着眼点は目からうろこでした。

製造業だけではなく、PCやスマートフォンが飽和しつつあるIT業界、従来はITと遠い存在と思われていたサービス業界など、モノづくりが変えるビジネスの世界は想像以上に広いものです。インターネットが登場してから20年が経ちましたが、このモノづくりの新潮流はこれからの10年、20年を左右する大きな節目です。ぜひ、本書でその一端を感じていただければと思います。

目次

  1. 序 章: 進化する「モノづくり」の生態系――なぜDMM.make AKIBAは生まれたのか?
  2. 第一章: モノが売れる――クラウドファンディング、非言語、グローバルニッチ
  3. 第二章: モノが作れる――モジュール化、セットアップ、3Dプリンター
  4. 第三章: モノゴトで稼ぐ――スマート化、インダストリー4・0、IoT
  5. 終 章: IoTとその先の未来――「モノづくり」だから変えられる世界がある

書籍情報

書籍名 メイカーズ進化論 本当の勝者はIoTで決まる (NHK出版新書)
著者 小笠原 治
販売開始日 2015-10-10
金額 ¥799(本記事記事公開時点)
ページ数 139
出版社 NHK出版

関連情報

情報の更新: 2018年12月24日現在

金融サービスにおけるブロックチェーン技術の分析と成功例 世界のIoTに関するレポート公開中