アジア太平洋地域で進むAI技術。AIソフトウェア、ハードウェア、サービス、ユースケースの市場予測

アジア太平洋地域で進むAI技術。AIソフトウェア、ハードウェア、サービス、ユースケースの市場予測 – 記事

AIソフトウェア、ハードウェア、およびサービスに関するアジア太平洋地域の市場活動、主要産業分野、ベンダーエコシステム、および地域市場予測の中国日本韓国インドおよびその他の地域

伝統的にアジア太平洋地域(APAC)は、技術の採用に関して北米や欧州に遅れをとっています。人工知能AI)は、APACが今後10年間に世界の主要地域になる可能性の高い技術分野です。APAC地域は世界の人口の60%を保有しているため、AIによって予告されているような大きな技術的変化があれば、その地域の未来を形作る可能性が高いです。

勢いの大部分は中国から始まり、科学技術大国になる計画を進め、AIの役割を認識して野心を推進しています。中国は大部分のヘッドラインをリードしていますが、日本韓国インド台湾シンガポールなどの国もAIに焦点を当てており、そのすべてがAI戦略を発表しています。APACの中で、AIは医療、農業、教育の変革に大きな役割を果たしており、AIは病気の治療法の改善、医療へのアクセスの民主化、作物収量の改善、そしてすべての人のための教育のカスタマイズに役立ちます。AIはまた、テレコム、小売、広告、自動車、ビジネスサービス、消費者セクターなどの伝統的な産業を促進する可能性があります。公共部門もまた、スマート・インテリジェント・サービスと生活水準の向上に関して、都市部が西側を飛び越えるのを支援する、APACのAIの最大の受益者の1つになることが期待されています。

このTracticaレポートは、アジア太平洋地域におけるAI市場機会の量的および質的評価を提供しています。このレポートには、台湾シンガポールを中心に中国、日本、韓国、インド、アジア太平洋地域におけるAI市場活動の概要が掲載されています。AI導入のトップ産業は、同地域のAI市場エコシステムにおける主要ベンダーのプロファイルとともに特定されています。市場予測は、2017年から2025年までのAIソフトウェア、ハードウェアおよびサービス、ユースケースおよび産業に対して提供されています。

対処された主な質問:

  • AI活動のレベルは、中国、日本、韓国、インド、その他アジア太平洋地域を含む様々な国々でどのように変化していますか?
  • アジア太平洋諸国は、どのように中国のAI開発と関連して位置づけられていますか?
  • どの産業がアジア太平洋地域でAIの採用が最大となるのはなぜですか?
  • アジア太平洋地域では、AIの使用事例にはどのような牽引力が期待されますか?
  • AIがアジア太平洋地域で成長するために取り組むべき重要な課題は何ですか?

このレポートの対象者:

  • 人工知能技術企業
  • ソフトウェア企業
  • 半導体およびコンポーネントベンダー
  • サービスプロバイダおよびシステムインテグレータ
  • AIシステムを導入しているエンドユーザー組織
  • 業界団体
  • 政府機関
  • 投資家のコミュニティ

目次

  1. 第1章 エグゼクティブサマリ
  2. 第2章 市場の課題
  3. 第3章 地域活動
  4. 第4章 主要産業プレイヤー
  5. 第5章 市場予測
  6. 第6章 企業ディレクトリ
  7. 第7章 頭字語と略語一覧
  8. 第8章 内容一覧
  9. 第9章 図表の一覧
  10. 第10章 調査の範囲、情報源と方法論、注釈

レポート情報

レポート名 Artificial Intelligence in Asia Pacific
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年10月
金額 $3,500(本記事記事公開時点)
ページ数 40
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

17743

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

関連記事はこちら:【IoT用語集】M2Mとは?

産業用ロボット市場、2024年末までに700億ドル超。各分野の種類別、地域別、企業別の世界予測はどうなのか? 世界のIoTに関するレポート公開中