Amazon Echo Show、Lenovo Smart Display、Google Home Hub:スマートディスプレイはどれを選ぶべきか?

Amazon Echo ShowLenovo Smart DisplayGoogle Home Hub:スマートディスプレイはどれを選ぶべきか? – 記事

スマートアシスタントは新たな方向性を見つけ、スマートディスプレイという新しいカテゴリのデバイスを作り上げました。Google Home HubLenovo Smart Display、Echo Showのうち、どれを選ぶべきか比較してみましょう。

デザイン

  • Echo Show:246 x 174 x 107、10.1インチディスプレイ
  • Lenovo:311.37 x 173.87 x 12.5-136.02mm、10.1インチディスプレイ(8インチ)
  • Google Home Hub:178.5 x 118 x 67.3mm、7インチディスプレイ

ディスプレイのフロントとセンターでは、スタンドに置いたタブレットのように見えないデザインを考え出すことが難題でした。Amazonの第2世代Echo Showは、より見やすくするため、スピーカーを背面側に移動させましたが、Google Home Hubとそれほど違いがあるわけではありません。

Lenovoは明らかに異なっており、スピーカーはデバイスの片側にあります。そのため、Echo Showよりも横幅があり、スピーカー部分の背面がくさび形にふくらんだスタンドになっています。少し変わったデザインですが、10インチモデルの背面は竹仕上げが施されており、おしゃれです。8インチモデルの背面はグレーです。

LenovoはEcho Showよりも小さく、7インチのディスプレイは、他社よりもはるかにコンパクトですが、他社のデザインよりも柔らかいデザインを採用しています。しかし、片側にスピーカーが配置されているので、デザインがわずかにアンバランスに見え、必要以上のスペースが必要で、8インチモデル(263.21 x 142.21 x 12.5-111.36mm)でもEcho Showよりもさらに広いスペースが必要です。

ディスプレイとハードウェア

  • Echo Show:10.1インチ、5MPカメラ
  • Lenovo:8または10.1インチ、5MPカメラ
  • Google Home Hub:7インチ、カメラなし

Amazon Echo Showの解像度は公開されていませんが、Lenovoは10インチモデル(224ppi)に1920 x 1200ピクセル、8インチモデルは1280 x 800(188ppi)であると確認できています。 Google Home Hubは1024 x 600(198ppi)です。

現実的には、Lenovo Smart Displayが最も優れています。LenovoはEcho Showと並んで、高画質のビジュアルを備えています。Google Home Hubの解像度は低くなりますが、サイズが小さくても大きな違いはありません。

Google Home Hubにカメラはありませんが、Echo ShowとLenovo Smart Displayの両方にAlexa Calling / SkypeまたはGoogle Duoのフロントカメラがあります。Lenovoには、カメラのプライバシー保護カバーが付いています。

音質と接続

  • Echo Show:2x 2インチドライバ、ベースラジエーター、Bluetooth、Spotify Connect
  • Lenovo:2インチドライバ、2x受動型ツイーター、Bluetooth、Spotify Connect
  • Google Home Hub:フルレンジスピーカー、Bluetooth、Spotify Connect

3つのデバイスのうち、Amazon Echo Showが最高のサウンドを搭載しています。横向きにスピーカーが配置されているため、広いサウンドステージを作り出し、低音が重厚です。Lenovo Smart Displayの音は少し薄く、Google Home Hubの音は少し小さく、Echo Showほどの音質はありません。

どのデバイスを選んでも、バーチャルアシスタントに音楽を尋ねるだけでなく、サービスに対するサポートが広がります。すべてSpotify Connectをサポートしているので、携帯電話のSpotifyアプリからスピーカーに音楽を送ることができます。Googleのデバイス(Lenovo Smart DisplayとGoogle Home Hub)はどちらもChromecastをサポートしているため、さまざまなエンターテイメントサービスに直接アクセスすることができます。

そのような意味では、Amazon Echo Showよりも少し柔軟です。Echo ShowはスマートフォンコントロールでAmazon MusicやAmazon Videoを再生しますが、Googleプラットフォームは、Netflix、BBC iPlayer、YouTube for videoのようなサービスをサポートする、より多くの機能を備えています。

ユーザーインターフェイスとスマートホームコントロール

  • Echo ShowにはZigbeeコントローラがあります
  • LenovoとGoogleは同じインターフェースを持っています

ユーザーインターフェイスについては、スマートディスプレイインターフェイスを標準化しています。Google Assistantに基づいており、Google Home HubとLenovo Smart Displayは同じ視覚的ユーザーインターフェースです。システムに更新が加えられると、両方が同時に取得されます。
YouTubeのネイティブサポートにより、Google端末の機能も向上します。

Echo ShowのユーザーインターフェイスはAlexaによって提供されており、かなりスマートではありますが、Goolgeに追いついていないように感じます。しかし、エコーショーにはZigbeeコントローラが内蔵されています。つまり、別のハブやアプリを必要とせずに幅広いスマートホームデバイスをネイティブに制御できます。これは、家庭用の制御装置として優れています。 また、Alexaとの会話はGoogleアシスタントよりも自然に感じます。

結論

  • Echo Showは会話、音楽、ホームコントロールに最適
  • Google端末はより優れたUIと幅広いサポートを提供
  • 最も手頃な価格はGoogle Home Hub

Echo Showの第2世代は、第1世代のデバイスからかなり修正されました。より優れたデザインになり、音質が向上しました。Echo Showは幅広い互換性とZigbeeコントローラーのおかげで素晴らしいスマートホームコントローラーになっています。 Alexaとの会話はGoogleよりも自然で、他のEchoデバイスと一緒に使うならEcho Showが理にかなっています。

Lenovo Smart Displayの音質はEcho Showに及ばず、Google Home Hubも同様です。音楽が好きならEcho Showが最適です。

Lenovoは大きなディスプレイを提供し、YouTubeをサポートしています。少しスペースがあればキッチンアシスタントとしても理にかなっています。また、ビデオハングアウトも提供されています。Google Home Hubではこれはできません。

LenovoとGoogle Home Hubは同じユーザーインターフェースとユーザーエクスペリエンスを提供しますが、Home Hubのデザインは本当に素晴らしいです。よりコンパクトな空間に設置することができるコントローラーとしては優れていますが、音楽を優先する場合は、他のスピーカーを選ぶほうが良いでしょう。

3つのうち、そのサイズから予想されるようにGoogle Home Hubが最も安価です。

参考リンク