Industry 4.0を成功に導く、理想のデジタル・ビジネスモデルの構築を目指して

Industry 4.0を成功に導く、理想のデジタル・ビジネスモデルの構築を目指して – 記事

多くの企業が、組織のオペレーションのデジタル化に着手し始めています。IoTの浸透により数多くのデバイスや機械がインターネットにつながり、そこから送信される情報がサプライチェーンのすべてにおいて意思決定に影響を与えるようになると、企業や組織の規模の大小にかかわらず、デジタル化に対応しないことは死活問題にかかわってきます。

データや、プラットフォーム、革新的な技術や新しいカスタマー・エクスペリエンスが製造業を始めとする数々の産業で価値の創造モデルを変革しています。近年ではデジタル・ビジネスモデルが台頭し既存のビジネスモデルを変え、さらには経済の仕組み自体を変えていく可能性もあります。

ビジネスや組織のデジタル化とは

2017年と18年を比べただけでも、世界中で活用されている産業型IoTのデバイス数は3億5,650万から4億4,080万と24%近くも増加しています。
ビジネスや組織のデジタル化とは、機械に取り付けられたセンサーから送られてくる様々なデータを収集・整理・保存・解析して意味のある情報に変換し、ビジネスの意思決定を迅速で正確に実行できるように支援するシステムの形を指します。このシステムは製造業だけでなく、農業や医療、ガス/電気/水道、小売業など様々な業界でも応用・活用が可能です。

今まではコンピューターなど活用していなかった業界や、中小・零細企業でもその組織がサプライチェーンの中に取り込まれている限りは、このシステムを採用せずには存在が危ぶまれる仕組みが出来上がろうとしています。

プラットフォームIndustry 4.0、デジタル・ビジネスモデルのワーキンググループ

本ワーキンググループのミッションは、デジタル・ビジネスモデルのメカニズムを理解し、変革の機会を示し、推奨事項を作成することです。ワーキンググループは、まずデジタル・ビジネスモデルの基本的な仕組みの解析を行い、これをもとに利点と課題を明確にします。フレームワークのコンディションを明確にするために、企業やステークホルダーを招き、より実態に即したフレームワークの実現し、2019年のハノーバーメッセで発表することを目指しています。

ワーキンググループは、2018年7月に『Drivers for innovation for digital business model(デジタルビジネスモデルのイノベーション推進要因)』 と題したインプット・ペーパーを発行しました。ここでは、ワーキンググループの目標をデジタルビジネスに関わるコンポーネントとメカニズム、及びとそれらが提供する機会について総合的な理解を深めることである、としています。すでに市場に表れているデジタル・ビジネスモデルを紹介し、そのアーキテクチャとそのモデルが基盤とする価値の創造のネットワークのダイナミクスを分析します。

この報告書では、価値の創造のアーキテクチャにおけるデジタル・ビジネスモデルを、データをその解析への焦点を特徴とし、パートナー・ネットワークをプラットフォームを介したスケーラブル・エコシステムとして組織します。これは、同時に製品とサービスそして費用や収入の構造の変革を呼び起こします。

ビジネスをデジタル化することで実現できること

ビジネスオペレーションにおけるデジタル化は、オペレーションの効率化、施設の品質管理、コストの削減を主な目標に実施されてきました。これには、プロセスを高速化しよりシンプルにすることでコストの削減を行い、プラットフォームを利用することでソフトウェアを生産ラインで幅広くシェアし、ネットワークの利点を利用することを含みます。

センサーや、ソフトウェア、コミュニケーション・テクノロジーなどのスマート・プロダクトにカスタマイズされたスマートサービスを提供し、顧客やステークホルダーに新しい価値を体験してもらうことに成功して、デジタル化が成功したと言えます。
ドイツはIndustry 4.0を推進することで、上記の実現を目指し、製造業における世界のリーダーの座を保持しようと様々な試みを行っています。

Industry 4.0成功のために

専門家は、主要な経済変革において新しい価値を創造する牽引車が、顧客の期待、付加価値、製品やサービスに焦点を当てた経済、などであると指摘します。
この変革の核となるのが、スマート・プロダクト、プラットフォームにエコシステム、そしてデジタル・ツインです。これらが機能するためには、ネット環境への接続性の向上と技術の進化が欠かせません。データの質、オペレーティングシステム、規制構造などがこれをより信頼性の高いものへと導きます。
そして、最適な事業環境を実現するためには、正しい規制が行われることがとても重要です。

更に、ビジネスモデルのデジタル化にすでに着手している企業では、従業員がデジタル化成功の重要なカギとなることをすでに自覚しています。Siemens(シーメンス)などでは、変化に対応できる知識と経験をスタッフが得ることができるように、社内教育のシステムを整え、時代の変化に準備・対応をしています。
企業や組織は、根底からの変革に直面していると言えるでしょう。

≪参考資料≫
https://www.plattform-i40.de/I40/Redaktion/EN/Standardartikel/Working-Groups/working-group-06.html
https://www.emeraldinsight.com/doi/full/10.1108/DPRG-07-2017-0039
https://www.emeraldinsight.com/doi/full/10.1108/JMTM-01-2018-0020
https://www.itransition.com/blog/4-real-life-iot-success-cases-proven-to-transform-business
http://knowledge.wharton.upenn.edu/article/digital-business-model/
https://www.tel.co.jp/museum/magazine/016/report01_01/04.html
https://www.plattform-i40.de/I40/Redaktion/EN/Downloads/Publikation/drivers-of-innovation-fot-digital-business-models.pdf?__blob=publicationFile&v=4

関連記事はこちら:デジタルツインがIoTの展開に重要な5つの理由

ワイヤレスインフラストラクチャの革命:人工知能、5G、モバイルエッジコンピューティングを技術とビジネスの側面から分析 世界のIoTに関するレポート公開中