Walabot Home:3Dイメージングで転倒を検知し、自動で緊急連絡先に連絡

Walabot Home:3Dイメージングで転倒を検知し、自動で緊急連絡先に連絡 – 記事

Vayyar Imagingは、高齢者が転倒して助けを必要とするときなどに動きを検出できるセンサー「Walabot Home」を発表しました。Vayyar Imagingは、3Dで家をモデル化し、動きを検出して転倒を感知し、ウェアラブルデバイスを必要とせずに自動的に助けを呼ぶことができます。

老人ホームにいる人々は、緊急警報ボタン付きのリストバンドを着用しています。もし彼らがシャワーで転倒した時は、バスルームから引っ張ることができるコードがあります。しかし、どちらの場合でも、彼らは助けを得るために何らかの行動をとることができなければなりません。

Walabot Homeは自動転倒検出と通知を提供しており、呼吸が停止したかどうかさえ検出することができます。これはテルアビブに本社を置くVayyarが提供している数多くのスマートホームデバイスの一つであり、かなり大きな空間でもラジオ波を使って壁を通過して物を感知する基本技術に基づいて構築されています。

Vayyarは、固体の表面を見るためにラジオ電波で3Dイメージングを使います。それは、乳癌の成長の3Dモデルを示すために使用することもでき、別の部屋で眠っている赤ちゃんの心拍を検出するためにも使用することができます。また、壁に隠されたスタッドやパイプを見つけるためにも使用できます。それは物質、物体、液体を見ることができます。

2016年、VayyarはWallabot DIYスタッドファインダーを使ってこの技術を販売し始めました。これは、請負業者が壁を通過させてスタッドやパイプを検知し、誤って壊さないようにするためでした。同社はすでに数十万台のデバイスを販売しています。

疾病管理センターによると、米国だけでも年間で6500万人が転倒しています。火災の発生率と比較すると、家庭での火災は年間約70,000件しかありませんが、ほぼすべての家庭には煙感知器があります。しかし、転倒のリスクが高いにもかかわらず、ほとんどの人はどのような種類の転倒検出装置も着用したいとは思いません。Walabot Homeは、転倒を慎重に監視し、デバイスを持ち歩く必要性を排除しました。Walabot Homeは煙感知器センサーのように家のバックグラウンドで動作します。また、カメラも必要ないので、バスルームなどでもプライバシーを守ることができます。

デバイスを壁に取り付けた後、たとえその存在を忘れていたとしても、転倒が起きたときには指定した連絡先にWalabot Homeが自動的に電話をかけます。しかも、Walabot Homeデバイスのボタンを押すだけで、いつでも緊急連絡先に電話をかけることができます。

VayyarのCEO、Raviv Melamed氏は、次のように述べています。

「毎年自宅で転倒する人が驚くほど多くなっています。ほとんどの転倒は、誰もそばにいないときに起こります。人々はペンダントや医療警報装置を身に着けずに家庭で快適に過ごしたいと思っていますが、必要であれば助けを得ることができるという安心感を求めています。Walabot Homeは効果的です。Walabot Homeを設定することでリラックスし、安全だと感じることができます。なぜなら、万一のときのためにそこにデバイスがあるということを知っているからです。」

Walabot Homeは、一度セットアップされると、それ以上のアクションは必要ありません。蒸気の中や暗闇など、カメラでは不可能な幅広い条件で動作し、カーテンやガラスの壁などの物体を通して感知することができます。Walabot Homeの価格は250ドルです。

参考リンク

グローバル5G市場 – 5年間で約97%のCAGRで拡大し、2025年には251億米ドルの価値に達する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中