Nest vs Hive:部屋の温度をコントロールするスマートサーモスタット

Nest vs Hive:部屋の温度をコントロールするスマートサーモスタット – 記事

NestとHiveは、家をインテリジェントに暖めてくれる最も重要なスマートサーモスタットです。それぞれの最新バージョン、第3世代Nest Learning ThermostatとHive Active Heating 2を正確に比較しました。

デザインとビルド

Nestは当然のことながらそのデザインが賞賛されています。第3世代Learning Thermostatは、最も見栄えが良く、ガラスフロントとメタルリムからは上品さがにじみ出ていて、壁に掛けても美しいサーモスタットです。

Nestは実用的なデザインでもあります。デバイス全体がダイヤルのように回せるようになっているので、瞬時に温度を調整することができます。本体を押すと、ボタンが作動します。ダイヤル調整とプッシュ操作で、Nestのメニューとすべての機能にアクセスできます。

HiveもActive Heating 2を大幅に改善しました。昔のバージョンは旧式で動きがぎこちなかったですが、新しいHiveははるかに滑らかで魅力的です。加えて、インテリアになじむように様々なカバーが用意されています。

このバージョンではさらにいくつかのボタンがありますが、Active Heating 2の直感的なインターフェイスとメインダイヤルにより、簡単に温度調整ができ、現在の設定を一目で見ることができます。依然としてNestのほうがやや魅力的なデバイスですが、Hiveがそれほど劣っているとは言えません。

機能とインストール

HiveとNestは、すべてのボイラーをサポートしているわけではありません。ボイラーはたくさんありますが、それぞれに適切なガイドラインがあります。Hiveによると、電気ボイラーと同様に作動ガスまたはLPG暖房システムもサポートされています。石油ボイラーの場合は、システムが適切かどうか会社に確認することをお勧めします。Hiveは一部の床下システムでは動作しますが、電力に依存するシステムでは動作しません。

Nestは、以下のシステムで動作します。

  • コンビおよびコンデンシングボイラー
  • システムおよび熱のみのボイラー
  • 循環水床下システム
  • 空気熱源および地中熱ヒートポンプ
  • スイッチドライブシステム
  • 低電圧ドライ接点システム

しかし一般的には、HiveもNestもどちらも互換性があるはずです。なぜなら、すべてがボイラーと「話す」コンポーネントに依存しているからです。Hiveはそれを「レシーバー」と呼び、Nestは「ヒートリンク」と呼んでいます。サーモスタットはボイラーを制御するためにこのボックスを制御し、どちらのデバイスも暖房と温水をサポートします。

Nestのサーモスタットには2つの設置方法があります。壁のコンセントに差し込み、付属のスタンドを使用するか、もしくは壁掛け型サーモスタットに交換して既存の配線を使用することもできます。Hive Active Heating 2はもう少しシンプルで、4本の単3形電池を使用します。配置が簡単なので、どの壁でもサーモスタットを設置することができます。Hiveのバッテリー寿命は約2年です。

DIYが得意なら、どちらのサーモスタットでも自分で設置することができます。そうでない場合は、プロに頼む必要がありますが、Hiveを使用すると、エンジニアによる設置を含むパッケージを購入することができます。Nestでは、自分でエンジニアを見つけなければなりませんが、エンジニアのネットワークがNestのウェブサイトで公開されています。

Nestは最も簡単なプログラム体系であり、「Learning」という名前の通り、あなたが自分でスケジュールを設定するのではなく、自宅の様子を時間の経過と共に学習し、スケジュールを設定します。Hiveはスケジュールを手動で設定する必要があります。

NestとHiveの両方がプレゼンス検出機能を提供しています。外出時はシステムが暖房をオフにし、帰宅時に再びオンにします。サーモスタットはあなたの現在地を検出するために携帯電話のGPSを使用しています。不必要に家を暖房する必要がないので、大きな節約につながります。

Nestは、サーモスタットにセンサーを統合しているため、モーションを検出し、時計や現在の温度などの情報を高解像度ディスプレイに表示することができます。第3世代のサーモスタットのセンサーはFarsightと呼ばれる広範囲で動作します。
どちらのシステムも休日モードがあり、Hive 2はNestと同様の方法でマルチゾーンの家をサポートしています。

パフォーマンス

どちらもに正確に動作します。在宅時に家を暖め、外出時には暖房をオフにします。どちらのシステムもスマートフォンアプリを使ってどこからでも簡単に制御できます。Nestの自動スケジュール設定は、開始時にうまく動作しないことがありますが、家の使い方を正確に学習しています。Hiveは、手動スケジュールではすぐに機能しますが、自動的には改善されません。ほとんどの場合、設定を手動で調整する必要があります。

IFTTTなどのSmart Home Tech

NestとHiveはどちらも完全装備のIFTTTチャンネルがあるため、他のデバイスからの入力に基づいて暖房を自動化できます。たとえば、家に帰るときに暖房をオンにしたり、外気温に達したときに暖房をオフにすることができます。

Nestは、Works With Nestシステムで大きな利点があります。これにより、IFTTTにも同様のコントロールが提供されます。たとえば、Nestはあなたが外出中であることを検出すると、Philips Hueライトをオフにすることができます。家にいない場合でも、インテリジェントにHueライトをオンまたはオフにして、家にいるかのように見せることができます。

Philips Hue、Misfit、WeMoなどのサポートを受け、Works With Nestの製品は何百にも及びます。すべてのルールは、元のメーカーのアプリを通じて設定されます。サードパーティのアプリからデバイスを直接制御することはできません。

Hiveはサードパーティ製品との統合はありませんが、モーションセンサーやActive LightsなどHiveブランドのスマートホームデバイスを独自に開発しています。すべてのデバイスはHiveアプリから制御されますが、サードパーティのデバイスを統合できるほど柔軟性がありません。

たとえば、Active LightsはアプリまたはHiveセンサーでのみ制御できますが、現時点では専用のスイッチはありません。Nestは、サードパーティ製の製品との緊密な統合を提供するため、バランスがとれています。

AlexaとSiri

NestとHiveはどちらもAlexaをサポートしており、Amazon Echoを使用して声で暖房をコントロールできます。AppleのHomeKitはどちらもサポートしていません。Appleのサポートが必要な場合は、Netatmo Smart Thermostat、Honeywell Lyric、またはTado SmartサーモスタットとV3インターネットブリッジが必要です。

価格

Hiveには2つの選択肢があります。180ポンドで自分で設置するか、またはプロに設置を依頼するキットを249ポンドで購入することができます。Nestはスタンドアロンでのみ利用可能で、本体価格は199ポンド、プロに依頼する場合、設置費用は50ポンド〜100ポンドです。

参考リンク

世界の通信市場におけるビッグデータ:現在の市場価値、将来の市場の可能性と成長率を分析 世界のIoTに関するレポート公開中