【IoTおすすめ本】エンジニアが学ぶ物流システムの「知識」と「技術」

IoTおすすめ本】エンジニアが学ぶ物流システムの「知識」と「技術」 – 記事

本書では最新システム動向と物流システムの種類、IoT、物流の処理業務(伝票スキャンや指示書等、間接業務)のロボット化にまで言及し、物流の現在と直面するビジネスの変化を解説するとともに、物流システムを手掛けるエンジニアがどのように対応していけば良いのかなど、物流全般について解説します。

内容紹介

物流に大きな変革の波が押し寄せている!

アマゾンや楽天といったネットに閉じこもらず物流を武器にビジネスを拡大している企業が成長しており、物流が競争の源泉になっています。しかし、国内は人手不足により、手厚い物流が困難になるなど、物流のあり方が模索されています。人手不足を解消すべく、ネットによる受注、貨物追跡、ドローン輸送、自動運転、IOT、物流のアイドルリソース活用(物流のウーバー版)といった多くのイノベーションが物流領域に起きています。

本書では最新システム動向と物流システムの種類、IOT、物流の処理業務(伝票スキャンや指示書等、間接業務)のロボット化にまで言及し、物流の現在と直面するビジネスの変化を解説するとともに、物流システムを手掛けるエンジニアがどのように対応していけば良いのかなど、物流全般について解説します。

【本書のポイント】

  • 物流に必要なシステムと最新動向がわかる
  • 物流の現在と直面するビジネスの変化や、その対応方法がわかる
  • 物流業務の機能がわかる
  • 物流のシステム導入のやり方がわかる

目次

  1. 第1章: 物流に大きな変革の波が押し寄せている
  2. 第2章: 物流とは何か?
  3. 第3章: 物流業務を機能で読み解く
  4. 第4章: 倉庫管理業務と倉庫管理システム
  5. 第5章: 輸配送と輸配送管理システム
  6. 第6章: 発注管理とERP
  7. 第7章: トレーサビリティとトラッキング
  8. 第8章: サプライチェーン・マネジメント
  9. 第9章: WMSの機能と導入時の留意点
  10. 第10章: TMSの機能と導入時の留意点
  11. 第11章: 物流における新たな潮流とビジネス・テクノロジー

書籍情報

書籍名 エンジニアが学ぶ物流システムの「知識」と「技術」
著者 石川 和幸
販売開始日 2018-06-20
金額 ¥3,024(本記事記事公開時点)
ページ数 264
出版社 翔泳社

関連情報

情報の更新: 2018年12月05日現在

13%のCAGRで成長するプライベートLTE市場 – 2023年までの技術、サービス、アプリケーション、産業... 世界のIoTに関するレポート公開中