IoTセンサーの世界市場の概要と動向を分析、主要な推進要因と地域の動向、業界内の最新動向について

IoTセンサーの世界市場の概要と動向を分析、主要な推進要因と地域の動向、業界内の最新動向について – 記事

このレポートにはIoTセンサーの世界市場の概要と動向を分析し、2016年と2017年のデータ、2018年から2023年の見積もりと、予測期間におけるCAGRの予測が含まれています。

また、市場に影響を及ぼす経済的傾向と同様に、技術的、規制的および競争的要素の議論が含まれています。また、世界のIoTセンサー市場の主要な推進要因と地域の動向、および業界内の最新動向についても説明します。

圧力センサー、温度センサー、光センサー、化学センサー、モーションセンサーなどのIoTセンサーのタイプに関する議論が含まれ、家庭、産業、自動車、セキュリティおよび救急、小売ロジスティクス、医療、農業、電力とユーティリティ、環境、水と廃棄物管理などの分野も含まれます。

化学センサーの議論では、化学センサー、ガスセンサー、湿度センサーが対象となります。

このレポートは、グローバルIoTセンサー市場における主要ベンダーの詳細なプロファイルで締めくくります。

レポート

  • 41のデータテーブルと15の追加テーブル
  • 中国インド日本フランスドイツ、英国、米国、ブラジル南アフリカの国別データと分析
  • タイプ、エンドユーザー業界、地域別にIoTセンサーの市場潜在力を評価し、定量化する – IoTセンサーの将来の市場に影響を及ぼす経済的傾向と同様に、技術的、規制的および競争的要素についての議論
  • グローバルなIoTセンサー市場で大きな推進力を持つ主要な牽引者、制約、現在のトレンド、技術的進歩の評価
  • IoTアプリケーションの新しい要件によって形成される新しいテクノロジーが、新しい製品カテゴリーを創り出すか、既存の製品に適応することで新しい人生をもたらすかについての洞察
  • Cooper Instruments&Systems、CTS Corp.、Delphi Corp.、Emerson Process Management、GE Measurement&Control、およびロックウェル・オートメーションを含む業界

要約
センサーは、イベントまたは環境の変化を検出するデバイスとして定義できます。これらは、イベントを検出し、そのイベントに関する信号を他のセンサー、ITシステムまたはネットワーク要素に送信するなど、複数の機能を提供します。

多くのセンサー構成は、イベントを制御またはトリガすることができるアクチュエータを含みます。収集したデータは保存して記録し、分析することもできます。

IoTセンサーを定義する2つの重要な特徴は、次のとおりです。

  • 絶えず拡大するコンピューターのネットワークに接続し、検出データの出力を集約する能力
  • 事実上どこからでも、データ記録やイベント目的でセンサーに簡単にアクセスが可能

これらの2つの特性は、ローカルおよびコンテキストアプリケーションからシステムおよびネットワーク全体の機能へのセンサーの適用を急速に広げています。センサーが既にその能力を大幅に拡大した時代には、新たな機能が誕生しています。

温度、圧力、または流量測定などの従来の目的から、センサーはAHRS(attitude and heading referencesystems)(航空機用)、潜在的な電圧測定または力検出抵抗器、および他の多くの技術的、日常的なアプリケーションに埋め込まれています。

IoTセンサーは、これらのアプリケーションのいずれかをとることができ、その影響を大きく拡大することができます。例えば、選ばれたFord車のドライバーは、ボタンを押すとすべてのダッシュボードディスプレイのセンサー出力の一覧を得ることができます。

住宅所有者とビル管理者は、建物全体に配置された複数のセンサーの機能と多数の電気的・機械的システムを集約した単一のリモートダッシュボードを通じて、環境の照明、熱およびセキュリティーのパラメーターを制御できます。土木技術者は、橋の上部構造の振動の頻度と程度を集計するために設計された数千の加速度計からの応力検出データを集約することによって、橋の潜在的な障害を検出することができます。

センサーは、個人用のデバイスを含むほぼすべての環境に埋め込むことができます。このレポートは、インフラストラクチャ、スマートデバイス、またはテクニカルアプリケーションのいずれであっても、すべてのIoTセンサーを分類します。

これらのパラメータを考慮すると、今後10年間に1人あたり1億個以上のセンサーが必要になる場合があります。

この爆発的な成長の唯一の制限は、製造能力に加えて、IoT対応のために十分なコンピューティングパワーでこれらのセンサーをサポートする必要性があるということです。たとえば、24時間稼働の100万のセンサーによって生成される20ペタバイトの典型的なデータレートには、50台のハードディスクが並行して動作する必要があります。

そのデータフローを捕捉して管理するために必要なコンピューティングネットワークと分散データセンターが考慮されるとき、IoTセンサの主な制限は、センサ自体に関連するものではなく、それらが生成するデータをいかに効率的に捕捉して利用することができるかということです。

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 要約とハイライト
  3. 第3章 IoT市場のためのセンサーの概要
  4. 第4章 センサータイプ別のIoT市場向けセンサーの内訳
  5. 第5章 エンドユーザ産業別IoT市場向けセンサーの内訳
  6. 第6章 地域別IoT市場向けセンサーの内訳
  7. 第7章 競合分析
  8. 第8章 企業プロファイル

レポート情報

レポート名 Sensors for the Internet of Things (IOT): Global Markets
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年8月
金額 $5,500(本記事記事公開時点)
ページ数 162
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

17362

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

北米の近接センサー市場、2018年までに12億3000万ドルに達する見込み。その市場動向と分析 世界のIoTに関するレポート公開中