【動画】パイロット煉獄コンピレーション:IIOT World

【動画】パイロット煉獄コンピレーション:IIOT World

「パイロット煉獄」(先導煉獄)とは何でしょうか?そしてなぜ多くの企業がこの問題に出会うのでしょうか?今回Chamberlain GroupのCEOであるJoAnna Sohovich、Mobility & Technology PanasonicのダイレクターTavis Szeto、GE Digitalの人事担当役員Jennifer Waldo、Lockheed Martin AeronauticsのDon Kinard、Bloomberg New Energy FinanceのClaire Curryにお話しを伺いいました。
「パイロット煉獄」(先導煉獄)とは何でしょうか?そしてなぜ多くの企業がこの問題に出会うのでしょうか?

<JoAnna Sohovich: CEO Chamberlain Group
私の見解では、多くの企業がパイロット煉獄を経験するのは、彼らが運営しようとしている通常のビジネスの、水平線のはるか向こうにあるこれらの新しいアイデアは、良くて邪魔なもの、最悪の場合、あなたの古いビジネスにとって脅威となるのが原因です。邪魔になるというのは、人々は毎日の業務に忙しく、単にそれに対して一切時間を割きたくないからです。脅威となるのは、日々育って成長しているものに人々は混乱させられたくないからです。

<Tavis Szeto:Director of Mobility & Technology Panasonic
多くの企業は技術を、新しいアイデアの採用の手法として見ており、技術は常に革新が起こる素晴らしいものです。しかし技術は完璧であった試しがなく、常に改訂しています。ですから、あなたが最もフォーカスしなければならない事は、なぜあなたがそれをしているのかということです。

<Jennifer Waldo: Chief Human Resource Officer GE Digital
多くの場合、人は技術から始めます。そこから始めて突っ走り、高速で突き進みます。そこで彼らが気がつかないのは、彼らが新しいアイデアの文化を持たず、それに対するマインドセットを持ち合わせていないということです。そして最終的に何を解決しているのかも分からないのです。それは企業内に混乱をもたらします。

<Don Kinard:Senior Fellow Lockheed Martin Aeronautics>
多くの人はIOTを技術として扱い、アプリケーションを探しています。しかしあなたに必要なのは、ソリューションを探している問題自体なのです。

<Claire Curry: Head of Emerging Technology Analysis Bloomberg New Energy Finance>
ユーティリティーはスタートアップの小さな会社と協力しており、小規模なパイロットを行う事ができます。スタートアップの手の届く範囲を超えているか、またはユーティリティーを全面的に普及させるのに十分なほどスタートアップを信頼していないいずれかの状態でスケールアップをしています。二つ目に、ユーティリティーが規制されており、それらの規定されている特定のサンドボックスやエリア内でしか実行できず、それが問題となりえます。

<Tavis Szeto:Director of Mobility & Technology Panasonic>
もし今日あなたがIOT技術を発展させるなら、2つ必要なことがあります。誰かが現在取り組んでいるサービスの問題点か、苦痛を感じる場所、2つ目は、願望に訴えることです。なにか望むもの、彼らがやっていることかもしれませんし、分かっていることかもしれませんし、分かっていことかもしれません。

<Jennifer Waldo: Chief Human Resource Officer GE Digital>
ですから私が最も重要だと思うことは、この努力を始めたら、あなたが何を解決しているのかを全体的に考えることです。そしてあなたの企業、文化、才能を忘れないことです。

<JoAnna Sohovich: CEO Chamberlain Group>
私たちがChamberlain Groupでおこなったことは、新興ビジネスとビジネスラインの創造です。それは通常のビジネス外となり、その新興ビジネスLOBは水平線の先の先のアイデアまで見てみることができる特権を持っています。それらを温め、一旦成熟したら、昔ながらのLOBまたはビジネスラインに移行できるポイントに持って行き、実行可能かどうかを決定します。しかし必要であれば私たちの会社を混乱させる権利を彼らは持っています。

<Claire Curry: Head of Emerging Technology Analysis Bloomberg New Energy Finance>
私たちはなぜ大きなプロジェクトに意味を成すかということを正当化させなければなりません。私たちはまだその段階ではありません。多くの私たちの顧客は小規模でおこなうことに対して価値を見出すことができるにも関わらず、まだその段階ではありません。パイロットでは数パーセント向上しますが、企業全体で同じ向上率を保証することはできません。また大きな投資を20年間で返済することも保証できません。一方パイロットは少額で済みます。

<Tavis Szeto:Director of Mobility & Technology Panasonic>
ビジネスモデルがあなたの全体的なビジネスプランではないということが、多くの人が牽引力を得られていない理由だと思います。なぜなら先に述べた1つ目、もしくは2つ目を持っていなければならず、または両方持っていれば基本的に最終には勝利が得られます。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
【IoTレポート】次世代スマートファクトリー:産業用ロボット、IIoT、3D印刷、高度なデータ管理 世界のIoTに関するレポート公開中