4DAGE、第3回中国・ドイツ人工知能会議で携帯端末の3D再生技術を発表

4DAGE、第3回中国ドイツ人工知能会議で携帯端末の3D再生技術を発表 – 記事

11月15日、珠海で第3回中国ドイツ人工知能会議が開かれました。この会議では、中国とドイツの人工知能分野の最新技術と先端技術に焦点を当てました。4DAGEは、同社の最新の研究開発成果を会議で発表しました。

携帯端末の3D再生技術により、ユーザーの手に「クローン」が生き返ります

午前中、メイン会場では、4DAGEの創設者兼CEO、中国-ドイツ人工知能研究所(CGAII)のCuiYanは、ドイツとの協力による最新の成果を発表し、初めて4DAGEによって独自に開発された3D再成技術を発表しました。

4DAGEの最新の研究成果を人工知能と3Dデジタル化に組み合わせることで、このコア技術はあなたの携帯電話を3Dデジタル化デバイスに変えます。簡単に動画を撮影してアップロードして、短時間の処理後に人や物のデジタル3Dモデルを受信するだけです。3D、AR、およびその他のAIビジョン技術を適用することで、ユーザーはこれらのモデルを携帯電話でリアルに実行して感動することができます。

世界初の消費者向け3Dカメラが1億画素解像度にアップグレード

4DKanKanは4DAGEによって発売された世界初の消費者向け3Dカメラで、両眼フレーミング光学とスマートイメージングアルゴリズムを適用した携帯電話サイズの3Dデジタルデバイスです。オフラインシーンを4Kの画像解像度を保証したオンラインの3次元空間にすばやく変換できます。

今年5月にリリースされた4DAGEは、第3回中国・ドイツ人工知能会議で6レンズHDプロフェッショナルエディション4DKanKanを正式にリリースしました。4DAGEの代表は、プロフェッショナル・バージョンのイメージング・ハードウェアのHD最適化とアルゴリズムのアップグレードは、特に3次元のデジタル・ユーザー・グループのセグメントを対象としていると述べています。

新しくリリースされた4DKanKanプロフェッショナルエディションでは、元の4K画質が7Kにアップグレードされ、解像度が4倍に向上し、約1億画素の画像が得られました。同時に、4DAGEは3D画像モデリングアルゴリズムとGPUアクセラレーションを最適化し、3Dデジタルモデリング速度を大幅に改善しました。

ソフトウェア最適化の観点から、4DAGEはクラウドベースのスマート3DモデリングプラットフォームをPCから携帯電話に同期させました。ユーザーは自分のコンピュータ上で3Dモデルを編集しパーソナライズすることはできますが、今後は携帯電話でも同じことができ、固定使用シナリオからユーザーを解放することができます。完全に最適化された4DKanKanアプリも同様に、ユーザーエクスペリエンスと安定性が大幅に向上しました。

4DAGEによると、この新製品のリリースは、3Dデジタル化製品パッケージの始まりを告げるものです。シングルボタン操作、ポケットサイズ、およびコンシューマーグレードの4DKanKanは、4DKanKan Standard Editionの主な機能です。4DKanKanプロフェッショナルエディションは、1億画素にも及ぶ高精度とサービス特化のニーズを提供します。最後に、4DKanKanターンテーブルは、他の光学機器に3Dデジタル時代にアクセスできるようにします。

会議の開発者フォーラムでは、3Dデジタルモデリング、SLAMの認識と追跡、顔認識、オブジェクト検出などのコアインテリジェンスビジョン技術を完全に公開しました。このプラットフォームは、インテリジェントなコンピュータビジョンの技術に関する中国の最初のオープンソースプラットフォームです。

注釈

  • 「3D再生技術」https://idarts.co.jp/3dp/surfnet-creates-3d-models-2d-images/
    2次元画像を3次元モデルに変換するAIシステム「SurfNet」
    米国インディアナ州のパデュー大学の研究チームは、AI(人工知能)を使い、2次元画像から3次元モデルへと変換する新しいプロセスを開発した。

    「SurfNet」と呼ばれるこの技術は、機械学習ディープラーニング(深層学習)技術を使用し、2次元画像から投影された3次元モデルへ変換を可能にする。例えば、2次元の車両画像と3次元情報との関係性についてAIに学ばせ、数十万台分へと学習量を増加させることで、変換精度がより向上するという。

    SurfNetのAI技術は未だ研究段階であるが、学習アルゴリズムが向上し、より高度な学習を重ね進化することが可能となれば、カメラやセンサーから得た情報からリアルタイムで3次元変換が可能となり、バーチャルリアリティ向けの高品質3Dコンテンツを自動生成したり、ロボットや自動運転車両による物体認識などへの適用も期待されている。

原文はこちら: 4DAGE Launches Mobile Terminal 3D Reconstruction Technology at the Third China-Germany Artificial Intelligence Conference

IoTシステムの導入により成長するスマートマニュファクチャリング市場。セグメンテーション、市場予測、投資分析を解説 世界のIoTに関するレポート公開中