Chrysalix Venture Capitalはインダストリー4.0の新興企業に1億2000万ドルの資金を調達

Chrysalix Venture Capitalはインダストリー4.0の新興企業に1億2000万ドルの資金を調達 – 記事

Chrysalix Venture Capitalは、よりエネルギー効率の高い生産に焦点を当てた新興企業を対象とした新しいインダストリー4.0基金の最初の部分を閉鎖しました。Chrysalix RoboValley基金は、工業用3D印刷、ロボット工学、人工知能、生産方法を再考しようとしているIoTなどの分野のスタートアップ企業を募集する予定です。

2001年に設立されたChrysalix社は、製造をより環境に優しく、より革新的にすることに長年集中してきました。しかし、ファンドの共同設立者のWal Van Lierop博士によると、このような新興企業は、大企業の社員が起業家との仕事にさらに意欲を持つようになり、近年加速しています。

「社内のイノベーションに頼ることから外部のイノベーションに拡張する変化が起こっています」

これはバンクーバーに本拠を置くChrysalixの4番目の基金です。Van Lierop氏は、より大規模な企業は、より多くのITを活用し、データ分析、クラウドサービス、ロボットなどの画期的なテクノロジーを活用する必要があることを認識しているといいます。

しかし、これらの分野での経験が不足している企業リーダーのためにピッチを選別することは、多くの場合挑戦となります。 Chrysalixのアプローチの1つは、大規模な企業パートナーから資金を調達し、そのパートナーと連携してさまざまなスタートアップに投資することです。スタートアップが進むにつれ、これらの企業パートナーは理想的にはクライアントにもなりえます。

Chrysalixはまた、大学のネットワークと緊密に協力し、すぐに商業的価値を持たない技術も開発を進めています。同社は、グローバルに投資しており、近年、ヨーロッパとアジアでより活発になっているとVan Lierop氏は指摘しています。スマートマイニング、鉄鋼の3D印刷、急速充電電気自動車インフラストラクチャー、排出ガスのない太陽熱蒸気、核融合に及ぶまで投資は広がっています。

原文はこちら: Chrysalix Venture Capital raising $120 million fund to back Industry 4.0 startups

Chrysalix Venture Capitalはインダストリー4.0の新興企業に1億2000万ドルの資金を調達 世界のIoTに関するレポート公開中