【動画】HPE+ Flowserve: 産業用IoTとEdge computeの力を活用

Flowserve社がHewlett Packard Enterprise社、PTC社、そしてNational Instruments社をIoT技術を提携する事によって、装置の稼働時間をより長くし、メンテナンスをする回数を減らします。よりビジネス効率を向上させる事を可能にします。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

作業計画の効率性を考えた時、資産の総所有コストの90%元の購入価格とは関係ありません。

米国だけで、毎年200億ドルものお金が精油業の作業中止によって失われています。

Flowserveは世界中の産業や工業で使われています。Flowserve社の事業は、エネルギー産業における最先端の重機の一部を製造しサポートする事です。ポンプ、バルブ、シールなどを製造する上で、Flowserve社は新興産業と言われるInternet of things (モノのインターネット)をHPE社の力を借りて事業を行っています。

HPE社は、IoTは産業に最も適しており、実際に製油所に出ていく工業用機器を商業化することができる最初の企業です。

機器をデータで分析し計算する理由は多数ありますが、IoTを使うことによってデータをクラウドやデータセンターを送る必要がないので、一番大きな理由として、反応速度によるリアルタイムレスポンスがあります。

もし、このようなレベルの計算能力を工場に置けることができるならば、クラウドベース環境では不可能だったことを可能にさせることができます。

HPE社はとっても信頼出来る会社で、コンピューティングシステムを使った計算に優れており、National Instrumentsは適切なデータを収集する事ができ、PTCは顧客が使用するユーザーインターフェイスを提供します。

PTC社は、Flowserve社が扱うポンプにIoTプラットフォームを組み込み、状態の解析、そして差し迫った問題や障害を予測する事が出来ます。

National Instrumentsは世界有数の計測制御システムを持っているので、HPE社のプラットフォームと提携すると、より素晴らしい事ができます。

これらの事は、装置の稼働時間をより長くし、メンテナンスをする回数を減らします。例えば、メンテナンスに以前までは24時間かかっていたのに対して、6〜8時間で対処出来るようになりました。

機械は稼働している時間しかお金を稼ぐ事が出来ません。HPEはこれらの事を可能にします。

Hewlett Packard EnterPriseについて

Hewlett Packard EnterPriseは、最新技術を駆使し、無駄な時間を短縮するために、産業、工業を変えようとしている会社です。この会社はIT環境の効率性、生産性、安全性を高め、急速に変化する競争環境に迅速かつ柔軟に対応します。より快適なインフラを提供することで、IT社会において革新的なアイディアをもたらす手助けをしています。

詳しくは、https://www.hpe.com/us/en/home.htmlをご覧ください。

National Instrumentsについて

National Instrumentsでは、生産性の向上と迅速なイノベーションを実現する柔軟性に優れた強力な技術ソリューションを提供しています。日常的な課題から大規模な難題への挑戦まで、技術者や研究者が自身の期待をも上回る結果が出せるよう支援しています。

詳しくは、http://www.ni.com/en-us.htmlをご覧ください。

PTCについて

PTCは、製品の開発、運用、サービスの変革を促進するテクノロジー・ソリューションを提供します。PTC のソリューションにより、企業は「スマート・コネクティッド・ワールド」における製品およびサービスの優位性 (Product and Service Advantage) を手に入れることができます。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方