スマートウォーターモニター:家中の水をリアルタイムで監視し、水漏れを検出

スマートウォーターモニター:家中の水をリアルタイムで監視し、水漏れを検出する – 記事

一般的な水漏れセンサーは、漏れが発生する場所に設置するだけのデバイスです。水を検出するとアラームが鳴り出し、スマートフォンに通知を送信する機能を持つものもあります。つまり、それらは床に水たまりができるまで何かが起こっているということを検知しません。これは大きな問題です。ひどい水漏れは致命的なものになる可能性があります。蛇口からの水漏れは年間3000ガロンの水を浪費する可能性があり、EPA(経済連携協定)は平均な家庭では水漏れを排除することで水道料金を10%節約できると推定しています。

しかし最近、水が漏れた後に検出するのではなく、ウォーターモニタリングシステムを水道に接続して、家全体の水の使用を常に監視するガジェットが登場しています。それらは水漏れ(量に関係なく)があるかどうかを知らせ、小さな水漏れが洪水に変わる前に警告します。これにより水漏れに伴う物的損害を回避し、修理(および保険会社)に対処するコストと不満の両方を減らすのに役立ちます。小さな水漏れを特定することにより、毎年の電力料金を減らすことができます。

smart home water monitor

Streamlabsのsmart home water monitorは、家の中の水を監視するための新しい方法です。
設置も簡単で、配管の外側に簡単に取り付けられ、専門的な知識や設備は必要ありません。電源をつなぎ、自宅のWi-Fiネットワークに接続するだけです。このシンプルな設定が可能なのは、Streamlabsのモニターが超音波技術を使用して水の使用状況を追跡するためです。高度な超音波技術により、家庭の水の動線に合わせて正確な使用データをリアルタイムで提供します。

また、Streamlabsアプリから水漏れ検知のアラートをリアルタイムで取得し、自宅を守るための措置を取ることを促します。水の使用習慣に合わせてアラートをカスタマイズし、離れている間に感度を調整します。アプリでは時間単位で使用状況を追跡し、時間をかけて比較し、水効率の改善を手助けします。製品の最大の欠点は、水漏れを検知するだけで止めることはできないため、自分で行う必要があることです。

Streamlabs Smart Home Water Monitorの価格は199ドルです。これは決して安くはありませんが、このような家庭用モニターとしては非常に控えめです。さらに、すぐに利用できるので、すぐに水の使用に注意を払うことができます。

Flo water monitor

Streamlabsモニターの簡単なセットアップは魅力的ですが、家庭用配管に接続されている製品(通常はカッティングパイプの取り付けが必要)は、よりスマートな機能を提供します。Flo TechnologiesはFlo water monitorのプロによる設置を推奨していますが、配管のノウハウがあれば自分でFlo water monitorを設置することができます。自分で設置した場合でも保証の対象になります。

一旦設置されると、Floは家全体の水の使用を24時間監視し、水漏れしている箇所や今後水漏れを起こす可能性のある箇所を探します。1分あたり1滴の水漏れをキャッチできるセンサー群を用いて、水圧、水量および温度を追跡します。

Floが問題を感知すると、警告が表示され、重大な損傷が発生する前に自動的に水を止めることができます。Floはまた、トラブルシューティングのヒントを与え、配管工に連絡して水漏れを修理します。Floは米国のリークディテクションと提携しており、全国の1,000人以上のプロの配管業者にアクセスできます。これらの配管業者すべてがFloのデータにアクセスして水漏れを迅速に追跡するため、水道代を節約できます。

Floは$ 499(インストール費用を加えたもの)を要します。これはStreamlabsを大幅に上回りますが、これはインテリジェンスと自動化のためであり、つまりは家をより良く保護できることを意味します。

Phyn Plus

価格帯の上端には850ドルのPhyn Plusがあります。Phyn Plusを利用するには、Uponorのプロチームによる設置が必要です(インストールのコストは仕事の複雑さによって変わります)。これはシステムが完全にインストールされ、構成されていることを知る利点をもたらしますが、間違いなく価格を引き上げます。

Phyn Plusが高価なのは、インテリジェンスによるものです。Phyn Plusは、水の流れと圧力を監視し、毎秒240回の圧力変化を追跡して、水の状況について非常に詳細な情報を得ることができます。

Phynは約10年にわたって開発されており、1年間は私設の家庭に設置されています。Phynが収集したすべてのデータは、異なる機器の「指紋」を作成することを可能にしました。つまり、Phyn Plusは、使用中の蛇口と水が滴っている蛇口の違いを知ることができ、より多くのデータを収集するにつれ、スマートになります。Phynの開発に費やされた時間とテストは、明らかに他のセンサーよりも詳細な情報を提供します。

参考リンク

スマートウォーターモニター:家中の水をリアルタイムで監視し、水漏れを検出 世界のIoTに関するレポート公開中