様々な問題に革新的な解決策をもたらすロボット工学。公益事業におけるロボット工学の動向を調査

様々な問題に革新的な解決策をもたらすロボット工学。公益事業におけるロボット工学の動向を調査 – 記事

多くの既存のロボットアプリケーションは、歴史的に非常に業界固有のものでした。大部分のロボットは引き続き製造業に導入され、新しいロボット開発の多くは医療や防衛などの特定分野に焦点を当て、他の分野への適用範囲が限られています。

それにもかかわらず、電力会社は最近、100年来の居心地の良い場所から産業を押し出し、直面している多くの問題に対する革新的な解決策を模索しています。

ますます分散化したインフラストラクチャ、規制圧力、将来のビジネスモデルや需要パターンに関する不確実性などの課題を解決するために、公益事業はデジタル技術にさらに目を向けています。

公益事業業界では、ロボットや無人機は、危険で困難な資産の検査を改善し、その資産を維持する方法として、ますます検討されています。ロボット工学は、原子力産業においても重要であり、例えば、放射性廃棄物の安全な取り扱いを可能にします。

ロボット工学の周りで革命が起こっています。
ソフトウェアと処理技術、センサー、商用ドローン、自律型車両、協調ロボット(コボット)の開発はすべて、ロボット機能をさらなる高みへ押し上げ、数百万の消費者、エンターテインメント、サービスロボット、および産業用ロボットの使用を促進しています。

このレポートは、ロボティクスを観察し、重要な動向を要約し、主要プレーヤーを特定するフレームワークを提供しています。また、技術リーダーシップ、マーケットポジションおよびその他の要因に基づいて勝者と敗者を特定するのに役立ちます。

会社紹介:サイバーダイン、Estun Automation、ファナック、HollySys、Honda、インテュイティヴ・サージカル、iRobot、キーエンス、Kuka、ナブテスコ、オムロン、ロックウェル・オートメーション、Siasun Robot&Automation、Stryker、テラダイン、トヨタ、安川電機、UBTECH、リシンク・ロボティクス、Fetch Robotics 、DJI、Brain Corp、Auris Health、ナショナルグリッド、Con Edison、SGN、Hydro-Quebec

範囲

  • このレポートでは、公益事業業界におけるロボット工学とドローンの利点について解説します。
  • 原子力産業におけるロボット工学の重要性。例えば、放射性廃棄物の安全な取り扱いを可能にするなど。
  • レポートはさらに、ロボットのバリューチェーンを、知能、アセンブリ、およびコンポーネントの3つのセグメントに分割します。
  • このレポートでは、産業用ロボット、サービスロボット、無人機、ソフトウェアコンポーネント、ハードウェアコンポーネントなど、各セグメントの主要プレーヤーのハイライトも掲載されています。

目次

  1. 第1章 プレーヤー
  2. 第2章 傾向
  3. 第3章 バリューチェーン
  4. 第4章 産業分析
  5. 第5章 数字によるロボット
  6. 第6章 公益事業に対するロボティクスの影響
  7. 第7章 企業セクション
  8. 第8章 付録:テーマ別研究方法

レポート情報

レポート名 Robotics in Utilities – Thematic Research
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年5月
金額 $1,950(本記事記事公開時点)
ページ数 36
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

17171

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

5Gへのロードマップ:4G、5Gアーキテクチャ、ネットワーク戦略、および計画を含む5Gに向けたワイヤレスネットワークの進... 世界のIoTに関するレポート公開中