【IoT用語集】ロボット革命イニシアティブとは?

【IoT用語集】ロボット革命イニシアティブとは? – 記事

はじめに

ロボット革命イニシアティブとは、2015年2月10日、経産省日本経済再生本部決定の「ロボット新戦略」に基づき設立された協議会です。
「ロボット新戦略」では、①世界のロボット・イノベーション拠点としての日本―ロボット創出力の抜本的強化―、②世界一のロボット利活用社会、③I o T 時代の到来を見据えたロボット新時代への世界の中でのイニシアティブの発揮、を目指すこととしており、そのための組織的プラットフォームとして「ロボット革命イニシアティブ」協議会の設立が提案されました。協議会設立後は、①~③の目標に対応するワーキンググループが主たる活動を行っています。

設立の趣旨と経緯

(1)産業用ロボットの分野で日本は「大国」といわれてきました。一方、人工知能・IoT技術とのマッチングを生かして、ロボット活用により産業の生産性を上げる取り組みが各国で行われるようになってきました。例えば、米国は「国家ロボットイニシアティブ」を発表し、ドイツではIndustry 4.0 の国家戦略構想をもとに、製造業のデジタル化による生産・引いて物流まで革新を図ろうとしています。ロボットは各国で官学民挙げての国家プロジェクトによる投資対象となってきています。

(2)これら各国の動きをうけて、電機・機械業界のリーダーを中心とする「ロボット革命実現会議」(座長 野間口三菱電機㈱相談役)は2015年初頭に「ロボット新戦略」の提案を行いました。こうして日本でもロボットを中心とする国家プロジェクトとして「ロボット新戦略」が政府の方針として決定されました。

(3)この「ロボット新戦略」においては、

  • ロボットはシステムであり、新しい概念として定着させること
  • 日本はロボット・イノベーションの拠点となること
  • ロボット新時代の中で日本がイニシアティブをとること

がうたわれており、これらの目標を実現するための「組織的プラットフォーム」として「ロボットイニシアティブ協議会」の設立が提案されました。

(4)米国やドイツで起こっている産業、とくに製造業の急速なデジタル化・変革は「自動化」が著しいものがあります。しかし、それらの「自動化」は、産業用ロボットやヒューマノイドにより実現するものではなく、システム・ネットワーク・メカトロニクスなど技術の組み合わせとインテグレーションで実現するものです。
こうした「パラダイムシフト」を日本でも実現し、さらに大きく発展されるために必要な活動を「ロボット革命イニシアティブ」協議会が担うために設立されました。協議会のメンバーは現在会員が約250となっています。
特に、一般社団法人日本機械工業連合会は、協議会の設立・運営に積極的に参加し、「取りまとめ役」として事務局を運営することとなっています。同連合会はそれ以前より欧米の産業界変革をフォローしており、ロボット政策提言においても中心的役割を果たしています。

協議会の事業

協議会の事業として、次のような事業が挙げられています。
①  ロボット・イノベーション及びロボット利活用推進に関する課題解決に資する関係者間のマッチング、ベストプラクティスの共有・普及の推進 
②  国際標準化活動の推進に向けた情報共有、共通課題の整理及び対応策の企画・立案
③  情報セキュリティの確保の方策の企画・立案
④  国際プロジェクト等の企画・立案 
⑤  実証実験のための環境整備
⑥  人材育成のための企画・立案
⑦  関係機関との連携による研究開発、規制改革等の推進
⑧  国際連携を含めた関連情報の収集・発信、普及・啓発事業の推進
⑨  その他

各WGの活動

上記に掲げられた事業は、各WGで実行されています。WGは活動の種類別に3つあります。さらにその下にサブグループがあり、専門部会として活動しています。

WG1「生産システム改革」
①国際 的活動

  • 国際標準 化
  • 産業 セキュリティ
  • 国際シンポジウム主催・協賛等
  • IEC 国内審議団体の受託

②中堅・ 中小 企業支援
③産業分野・テーマ別活動

WG2「ロボット利活用推進」
①「マッチング &事業支援機関 」グループ:

  • SIer のプロセス標準改訂 /普及、分割検収の 考え方の 整理 /普及
  • ロボット活用ナビの運改善提案
  • 地域でのロボット事業支援 体制の検討、専門家リストの整理等 専門家リストの整理等 専

②「人材育成」グループ:

  • SIer のスキル標準策定、資格検定制度設計
  • 高専、大学職業訓練機関などでのロボット連携教育・研修 の拡大に向けた提案

③「環境 整備」グループ:

  • ロボット技術の進展に伴ってさらに必要となる規制 改革 要望の提案
    とくに、「製造業」、「商業施設」、「介護」、「建設」及び「物流」の5分野について規制緩和を中心としたロビイングを行う。
  • 人協働ロボットの普及に向けた環境整備に関する 提案 (ユースケースの整理、リスクア セスメント・安全基準のア セスメント・安全基準の 整理 、保険啓発活動等 )

WG3「ロボット・イノベーション推進」
①プラットフォームロボットサブWG(SWG1):

  • 誰もが使いこなせるロボットの実現等を検討する。

②ロボット活用に係る安全基準/ルールサブWG(SWG2):

  • 安全基準及びルール等について検討する。国際展開を見据える。

③ロボット国際競技大会サブWG(SWG3):

  • 大会の全体設計・競技などを検討する。

まとめ

各国の産業のデジタル化の進展により、日本の産業界もパラダイムシフトを迫られています。方向性がばらばらになってしまうと、投資や人材の集中が図りにくく、成果が出しにくいところ、政府主導で勢力の結集が各分野で図られています。このロボット革命イニシアティブもそうした流れの一つです。今後どのような成果を生み出していくか、注目が集まります。

【IoT用語集】ロボット革命イニシアティブとは? 世界のIoTに関するレポート公開中