Mirror:スマートミラーが自宅をフィットネスクラブに変える

Mirror:スマートミラーが自宅をフィットネスクラブに変える – 記事

2018年9月6日(木)、Mirror はオンデマンドのインタラクティブな家庭用フィットネスソリューションを一般に公開しました。

このソリューションは、その名の通りフルサイズの鏡です。
パネルは液晶ディスプレイ(LCD)で、ステレオスピーカー、カメラ、クアッドコアプロセッサーを搭載したカスタムソフトウェアが搭載されています。ミラーの高さは52インチ(約132cm)で、壁に取り付けたり、金属製のスタンドに置くことができます。BluetoothとWiFiを使用すると、クラスをストリーミングすることができます。

Mirrorはタッチスクリーン機能を備えていないので、ユーザーは付随のモバイルアプリからすべてのオンスクリーンアクションをコントロールし、フィットネスデータへアクセスします。クラスには、有酸素運動、ヨガ、筋トレ、バレエ、ボクシング、ストレッチ、ピラティスがあり、初心者からプロレベルまで幅広いレベルに対応しています。クラスはライブとオンデマンドの両方で利用でき、ライブクラスを選ぶとインストラクターからフィードバックを受けることもできます。

Mirrorは、Apple Watchなどのスマートウォッチと同期が可能です。付属の心拍モニターまたはスマートウォッチから得たユーザの好みやバイオメトリックデータに応じてリアルタイムで最適化され、インストラクターから適切なアドバイスや励ましを受けることができます。ディスプレイには、燃焼カロリー、運動の残り時間、一緒にクラスを取っている人たちの名前が表示されます。鏡なので、レッスンが行われている間も自分自身の姿を見て、正しい姿勢になっているかを確認することができます。

Mirrorの機能の1つに、通常のフィットネスアプリとは別に、パーソナライズがあります。たとえば、膝が悪いとプロファイルで指定すると、ジャンプではなく、横に動くスクワットなどの代替トレーニングが提供されます。

Mirrorのもう一つの特長は、個人トレーニングのオプションです。Mirror本体にはマイクとカメラが内蔵されているので、認定されたパーソナルトレーナーとの1対1のトレーニングセッションが可能です。トレーナーの専門知識のレベルに応じて、1セッションあたり40ドル〜75ドルの費用がかかります。

Mirror本体の価格は1495ドル、月額料金は39ドルです。

参考リンク

Mirror:スマートミラーが自宅をフィットネスクラブに変える 世界のIoTに関するレポート公開中