KUKAはFABTECH 2018で溶接および製作のための4.0対応ソリューションを展示

KUKAはFABTECH 2018で溶接および製作のための4.0対応ソリューションを展示 – 記事

インテリジェント自動化ソリューションの世界的サプライヤーであるKUKAは、11月6日から8日まで、アトランタのFABTECH 2018で溶接および加工産業向けのロボット自動化機能を実演する予定です。FABTECHは北米最大の金属製作イベントで、業界の専門家からの教育セッションを提供し、主要な業界のサプライヤーやソリューションへのアクセスも提供しています。

参加者は、KUKAのブース#C-13402を訪れ、先進製造メーカ、KUKAシステムズパートナーズRSTG、KC Robotics、Visual Componentsとの革新的なコラボレーションや、新しいKUKA標準ソリューションを見学することができます。KUKAのアプリケーションエキスパートからなるチームと出席者が、生産の柔軟性と効率性を高め、安全な仕事環境を保つために役立つ解決策を検討します。展示されているソリューションは次のとおりです。

  • KR 6 R700 sixx:高速かつ高精度で知られ、すべてのマテリアル・ハンドリングおよび除去プロセスに最適なツールです。内部配線されたエネルギー供給システムと限られたスペースで作業するための簡単なグリッパの統合により、流線型の外形を処理することができます。
  • KR 8 R2100 CYBERTECH arc:高速かつ精密な動作を約束するコンパクトで流線型の設計により、大型部品、機械加工、組立、パレット化、アーク溶接の処理に適しています。床面積、天井または壁面に設置するスペースと、設置場所の選択肢が狭く、角度のあるところでも設置することができます。
  • KR 16 L6:汎用性と柔軟性を最大限に発揮するKR 16 L6は、省スペースでコスト効率の高いシステムコンセプトに最適です。このロボットは、300mmの特別なアームの拡張機能により、動作範囲を直径4mに広げ、長距離の架設に最適です。
  • KUKA Standard Solution Mini Cell:狭い製品の設置場所と、移動が容易なユニット化されたフレームを組み合わせることで、既存のプロセスに影響を与えることなく、溶接製造環境全体で最高の生産性を実現します。すべてのKUKA標準ソリューションと同様に、Mini Cellは業界最高レベルの安全性と耐久性に基づいて構築された頑丈な鋼の壁構造を備えています。
  • KR 60:最適化された環境にやさしいこのモジュラーシステムは、非水性洗浄にリサイクルされたCO 2を使用します。エリアの広さや狭さに問わずその場に完全に調和するこのソリューションは、プラズマや火炎処理などの他の技術と組み合わせて効率を上げることができます。
  • KR AGILUSロボット:あらかじめ設計された完全自動仕上げセルは、バリ取り、研磨における品質と再現性のためのプロセスパラメータのCNC制御を簡単にします。

KUKAについて

KUKAは、約35億ユーロの売上高と約14,200人の従業員を持つグローバルオートメーション企業です。インテリジェントオートメーションソリューションの世界的なサプライヤーとして、KUKAは、自動車、エレクトロニクス、消費財、金属加工、物流/電子商取引、ヘルスケア、サービスロボット産業において、コンポーネントとセルから完全自動化まで顧客に提供します。 KUKAグループはアウクスブルクに本社を置きます。

原文はこちら: KUKA to Showcase Industry 4.0-Ready Solutions for Welding and Fabrication at FABTECH 2018

ワイヤレスインフラストラクチャの革命:人工知能、5G、モバイルエッジコンピューティングを技術とビジネスの側面から分析 世界のIoTに関するレポート公開中