【企業ブログ】グリーンビルディングを実現する簡単な方法

なぜグリーンビルディングがどうしても必要なのか

地球上における人生をより良くするか、悪くするか、それを左右するのは、建物の建築方法、さらに重要なのは、建物の運営方法です。グリーンビルディング(環境配慮型建物)を作るうえで考慮するべきなのは、エネルギーと水の使用量の削減、適切な室内気候と空調、持続可能な建材と二酸化炭素排出量です。世界中の環境保護機関は、これらのカテゴリーに基づいてエネルギー採点システムを構築していますが、中でもベンチマークが高いのは、北欧諸国、英国、米国です。

グリーンビルディングは、これまでの建物よりも運用コストが平均14%少なく、再販価格は7%高くなります。 [出典:Dodge Data&AnalyticsとUnited Technologies Corporationの調査「Smart Market Report」]何を選択すれば良いのかは、明らかです!しかしここで、「簡単な方法で」グリーンビルディングを実現するには、まず何が必要なのかを理解する必要があります。

グリーンビルディングとはどんなものか

あなたが施設管理者、または建物の所有者であるなら、ワークサークルやセミナーで、「グリーンビルディング」という言葉を聞くようになって久しいでしょう。この言葉を聞いて思い浮かぶのは、おそらく、地下の銅配管、氷タンクによる冷却、屋根に並ぶたくさんの太陽電池パネル、建物全体を取り囲む無数の木々と言うようなイメージでしょう。

グリーンビルディングは主に電気やガス以外のエネルギー源を利用します。ロードオブザリングをもじって言えば、私たちの「プレシャス」なグリーンビルディングは、より広大な、「グリーンな視点」を持っています。ここで、既存のグリーンテクノロジーや建物のソリューションを簡単にリストアップしましょう。

  • 建物の解体や材料処分の際に環境を害さない、生物分解性のある材料の使用。例:タンパク質塗料、大麻、土壌圧縮レンガなど
  • 暑い夏の日に熱を反射する屋根を冷やして空調システムへの負担を減少
  • 壁内の断熱材、再生ガラス繊維、複合材などの使用
  • 地熱エネルギーを抽出するための地中銅配管:地下数フィートより深くまで掘り下げて地球内部の熱を利用
  • 屋根または太陽光の当たる壁に設置された太陽光パネル
  • 太陽光を利用した設計(殆どすべての天気において、日光によって室内を温め、明るく照らすような設計)と色合い調整ガラス
  • スマート技術を使った電化製品
  • スマート技術を使った暖房換気と空調(必要なときに必要な分だけ使用できる)
  • スマートな水使用のための自動化されたシステム
  • スマートメーター

以上のことを要約すると、次の3つの主要なソリューションにまとめることができます。

  1. 環境に優しいスマートマテリアル
  2. ゼロエネルギーの建物実現のための代替エネルギー源(既存の電気システムとは独立して機能する建物)
  3. エネルギーを効率的に回すためのデータ駆動型自動化システム(現在のエネルギー使用量<以前のエネルギー使用量)

しかし、問題もあります。まず、上記のソリューションの最初の2つは、建物の建設中にのみ適用可能です。既に建設された不動産を所有している場合は、他にグリーンなビルディングを改めて作らない限り、このソリューションを利用することはできません。
次に、グリーンビルディング実現のための初期費用は非常に高く、やる気を失いがちです。グリーンビルディングによる長期的なコスト削減は初期投資を10倍上回ることは事実ではありますが(情報源:buildings.com)、多くの場合、限られた建築予算を上回り、建築希望者を失望させる結果となります。

新しく建築することが出来ない場合の簡単な方法

既存の建物を壊して新しく建築したくない人がグリーンビルディングを実現する最も簡単な方法は、機能的なビルマネジメントシステム(BMS)を取り入れることです。建物を包括的に監視して総合的にデータ処理をするこのシステムを取り入れることで、エネルギー消費は大幅に削減出来るのです。

このシステムは建物全体、または関連する施設全体からデータを収集します。また、建物内部に分散したすべてのエネルギーに対する制御が可能です。自動化されたBMSは、あなたの帰宅前に部屋を希望の温度に調節し、天候に応じて自動的に温度管理をしてくれます。また照明は、日光が不十分で、かつ部屋に人が居るときのみ点灯し、空気中の酸素およびCO2レベルは自動的に調整されます。エネルギーを必要とするすべての活動は、必要な時のみスマートに動作し、省エネルギーを実現します。

難題だと思うでしょうが、これが簡単な方法だと言う理由は他にもあるのです。このBMSは既存の設備に組み込み可能なシステムなのです。したがって、新しいスマートシステムを導入するために既存のHVACや制御システムを交換する必要がないのです。このデバイスを既存のシステムに接続するだけで、そこからデータを抽出し、実用的な情報を得ることができます。これによって、あなたもスマートな、エネルギー効率の良いグリーンビルディングを実現できるのです! (この情報についての詳細は次のリンクよりご覧ください:building management system

要点:

再建築やリノベーションをしなくても、グリーンビルディングは実現できます。

現在、商業ビルによる炭素排出量は全体の36%を占めています(出典:欧州委員会)。エネルギー効率の良いグリーンビルディング、この割合を大幅に削減するのに貢献します。グリーンビルディングはもちろん、地球にはメリットがあり、また、自分が正しいことをしていると感じることは私たちにも精神的な平和ももたらします。しかし、その実用的かつビジネス上のメリットもまた明らかです。

  1. 国の二酸化炭素排出量ベンチマークを達成し、かつ施設内の全てのエネルギーをストレスフリーに監視出来ます。
  2. さらに、良好なエネルギー評価はより多くの顧客を引き付け、取引促進に繋がります。米国の建物でLEED認証システム(米国グリーンビルディング協会による環境性能評価システム)のGoldおよび/またはPlatinum認定を取得した企業が良い例です。
  3. 建物の運転に関連する費用を大幅に削減出来ます。巨額の支出を節約できるため、別の事業に投資することができます。 (または魅力的な休日でも!)
  4. 人々の働き方や生き方が変わります。より良い室内環境で過ごすため、従業員は健康的で満足度も高くなり、より生産的に働くことが出来ます。

問題は何もありません!

原文はこちら: How to have a Green Building: The Easy Way

コスト削減とビジネスプロセス改善を推進するプロセスオートメーション。成長が見込まれる地域、最新の開発、マーケットシェア、... 世界のIoTに関するレポート公開中