通信業が活躍するスマートシティ。高速固定ブロードバンドインフラ、高度なモバイル技術、IoT、M2M通信などスマートシティを支える技術を分析

通信業が活躍するスマートシティ。高速固定ブロードバンドインフラ、高度なモバイル技術、IoTM2M通信などスマートシティを支える技術を分析 – 記事


スマートシティでは高速ブロードバンドインフラが重要な役割を果たしています。
大多数の市民が世界中の都市中心部に住んでいるため、これらの集団が最も持続可能で効率的な環境で生活していることを確実にすることに関心が高まっています。

スマートシティは、私たちが直面している人口増加、限られたリソース、環境問題を管理する能力を提供します。さらに、重要な社会サービスと実用性をより効率的かつ高品質で提供する可能性があります。

スマートな都市計画には、全体的な視点と、政府、民間企業、エネルギー産業、医療業界、交通機関、ICTセクターなどさまざまな分野からの調整、支援が必要です。
スマートグリッドは、FttH(Fiber-to-the-Home)に基づく固定ブロードバンドインフラとともに、スマートシティの重要な要素の1つです。スマートシティを発展させるために必要な基盤インフラを提供するには、4½G(LTE-A)や5Gなどの新しいテクノロジーも重要な役割を果たします。

通信業界が活躍するスマートシティでは、その発展の基盤を提供する基礎をなすインフラストラクチャーをいかに重要なものにするかがタイムリーに検討されています。
次の4〜5年の間に実質的に成長すると予想されるこの分野の支出だけで、Internet of Things(IoT)の活動のために巨大な発展が起こっています。すでに世界中で何十億ものデバイスが接続されており、新たに登場する人工知能の開発は、高度に接続された環境の恩恵を受けるでしょう。

2019年を見てみると、スマートシティ開発でリーダーシップを発揮する多くの国が存在し、これらの多くにも広範囲に及ぶ高速固定およびモバイルブロードバンドネットワークが適切な場所にあることがわかります。これらの都市と国が将来のスマート国家に向けて迅速に進展するためには、機械間およびIoTイニシアチブとともに電気通信インフラへの投資が最も重要です。

BuddeCommは長年スマートな都市開発を監視しており、このレポートは将来のスマートコミュニティへの移行についての貴重な洞察を提供します。このレポートは、スマートシティの主要コンポーネントに関する情報を提供し、リーダーシップを発揮している国を特定します。

このレポートには、固定ブロードバンドおよびモバイルブロードバンドインフラ部門の分析と統計が含まれています。これは、スマートシティが進化するために必要なコアコンポーネントです。さらに、IoT(International of Things)とM2M(Machine-to-Machine)通信に関する開発についての貴重な洞察と統計を提供しています。これらの相互接続能力はスマートな都市開発にとっても重要です。

目次

  1. 第1章 2019年のスマートシティ
  2. 第2章 IoTとM2M スマートシティのコア要素
  3. 第3章 スマートシティが必要とする高速固定ブロードバンドインフラ
  4. 第4章 スマートシティが必要とする高度なモバイル技術

レポート情報

レポート名 Global Smart Cities – Planning for a Sustainable Future – Analysis and Trends
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年11月
金額 $1,590(本記事記事公開時点)
ページ数 89
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

17056

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

関連記事はこちら:【IoT用語集】TBM(Time Based Maintenance)とは?

半導体ファクトリオートメーション業界の原動力に焦点を置き、今話題のツールやソフトウェアを分析 世界のIoTに関するレポート公開中