【IoTおすすめ本】日・米・中 IoT最終戦争

IoTおすすめ本】日・米・中 IoT最終戦争 – 記事

ソニー、東芝は大復活する!人工知能(AI)や次世代自動車をめぐる世界覇権競争の最新動向。米中の戦略と日本の対抗策

内容紹介

ソニー、東芝は大復活する!
IoT時代、センサー、ロボット、半導体市場の大爆発で、「ものづくり日本」に猛烈な追い風が吹く!

急成長する巨大市場をめぐる激烈バトルの行方は?
人工知能(AI)や次世代自動車をめぐる世界覇権競争の最新動向

IoT革命によって生み出される新たな市場は、少なく見積もっても360兆円はあるといわれており、エネルギーの1300兆円、医療の560兆円に次ぐとんでもない新市場が形成されることになる。このIoT革命をめぐって世界の企業は、それこそ死に物狂いでその体制を整えつつある。
IoTの上流を形成する人工知能(AI)、ハイエンドサーバー、各種のITサービス、自動走行などの車載IoTについては米国がぶっちぎりで疾走しており、これからもその地歩を固めていくだろう。また、中国は今や一般的家電製品については世界チャンピオンであり、太陽電池、液晶などの電子デバイスにおいてもひときわ存在感を放ち始めた。
こうした米中激突のはざまの中で我が国ニッポンはどう戦っていくのか。今回の本は、日米中が激突する世界IoT革命の中で日本企業がモノづくりの強みを活かし、センサー、ロボット、半導体メモリーなどで一気に抜け出していく、というストーリーを最新取材でまとめあげたものである。

目次

  1. 序章: IoTが「第4の産業革命」と呼ばれる理由
  2. 第1章: 巨大市場をめぐって、日本製造業の大攻勢が始まった―デジタル家電の時代が終わり、次なる闘いはIoTへ
  3. 第2章: アメリカ中国、2つの大国の次なる戦略―IoT市場をめぐる争いは日米中の新・三国志
  4. 第3章: 東芝はフラッシュメモリーで大復活を遂げる―ビッグデータ時代の到来で新型半導体の需要は大爆発
  5. 第4章: ソニーはイメージセンサーで再び世界一を目指す―“オールジャパン連合”で外国勢を迎え撃つ
  6. 第5章: センサー王国・日本の凄すぎる技術―センサー市場大爆発で、日本のお家芸に猛烈な追い風が吹く
  7. 第6章: 次世代自動車をめぐる激烈バトルの行方―急成長する車載センサー&部品で日本が圧勝する
  8. 第7章: 今後5年で7倍に大爆発するロボット市場を制するの誰か―「カスタマイズ化」で他を圧倒する日本のロボット技術
  9. 第8章: IoT最終戦争の行方と日本の選択

書籍情報

書籍名 日・米・中 IoT最終戦争
著者 泉谷 渉
販売開始日 2017-01-27
金額 ¥1,620(本記事記事公開時点)
ページ数 277
出版社 東洋経済新報社

関連情報

情報の更新: 2018年11月26日現在

保険業界におけるブロックチェーンの影響。IoTとスマートコントラクトを組み合わせることで、新しい製品やサービスを提供する... 世界のIoTに関するレポート公開中