【日本海外事例集】Xiaomiの「モノのインターネット」が日本に押し寄せる

【日本海外事例集】Xiaomiの「モノのインターネット」が日本に押し寄せる – 記事

中国のスマートフォンメーカーであるXiaomi(シャオミ)は、次の収益源として「モノのインターネット」に標準を合わせ、コーヒーマシンからコンビニエンスストアまで、スマートマネジメントのための日本市場への参入を積極的に進めています。

7月の株式公開に続いて、Xiaomiは事業範囲を拡大したいと考えています。最近では、日本のソフトウェア開発会社Asteria(アステリア)と提携し、オフィス、ホテル、店舗の温度、換気、照明などの機能を制御するセンサーを販売すると発表しました。

Xiaomiが30%以下の株式を保有するLumi(ルミ)は、Asteriaと協力して技術を推進します。日本のリスク回避型企業に深く浸透するため、両社はほぼ独占戦略に近いものを採用しています。

LumiのCEOであるEugine You氏は、私たちは中国のスマート・デバイスの大手プロバイダーだ。新しい外資市場に参入するためには、Asteriaのような優れたパートナーを見つける必要があった。当社のハードウェアとAsteriaのソフトウェアはとても良い補完関係にある、と語りました。

以前はInfoteriaとして知られていたAsteriaは、Gravioという人工知能ベースのシステムを提供しています。このシステムは、センサーや制御ソフトウェアからのデータを管理および分析します。

Gravioは幅広い機能を備えています。オフィスで二酸化炭素の密度が増加すると、スタッフに窓を開けるよう警告したり、顧客がコンビニエンスストアのレジスターに並んでいると、センサーがその存在を検出し、保管庫にいる可能性がある人員に信号を送信したりします。オフィスのコーヒーマシンの在庫がなくなるとサプライヤーに通知したりもします。

Gravioは4つのセンサーで月額500円、10つのセンサーで月額2万円のコストで提供されています。低価格な選択肢があるのはシンプルに顧客を引き込むためです。

しかし、AsteriaとLumiは、最終的に顧客は画像認識などの優れた機能と豊富な顧客サポートが付いている2万円の選択肢を選ぶと確信しています。

LumiはXiaomiグループの唯一のB2Bスマートデバイス企業です。 2009年に会社を設立し、2014年にXiaomiから投資を受けました。深センに拠点を置き、従業員は350人です。

経営陣と従業員は50%以上を管理しています。 XiaomiとLumiは協力していくつかの製品を開発しています。

Asteriaの平野洋一郎最高経営責任者(CEO)は、良いデバイスメーカーを探して、いくつかの中国メーカーを訪問した。LumiはXiaomiのグループの中でも安定しており、良いデザイナーもいるため最善の選択である、と語っています。

パートナーは、2019年3月までに1,000人の顧客の獲得を予定しています。

原文はこちら: Xiaomi’s ‘internet of things’ arm pushes into Japan

関連記事はこちら:【IoT用語集】EDAとは?