Bosch Smart Home AIR:健康的な室内環境と最適な空気を保つ

Bosch Smart Home AIR:健康的な室内環境と最適な空気を保つ – 記事

Bosch Smart Home AIRは、健康的な室内環境と家全体の最適な空気を確保します。

平均して、人間は毎日およそ11,000リットルの息を吐き出します。それは食べたり飲んだりする量よりもはるかに多く、また私たちは建物の中で生活の90%を過ごしています。これは、部屋の空気の質が重要ということですが、しかし、屋内では大気汚染は屋外に比べて最大5倍も高くなります(米国環境保護局 – 研究開発局「総合曝露評価方法論(TEAM)調査」)。主に、蒸発した洗浄剤や家具からの気化といった揮発性有機化合物(VOC)が、私たちの健康に影響を与えると非難されています。

さらなる原因としては、不十分な照明や騒音がストレスの原因となります。これは、不眠症、集中力の欠如、頭痛といったストレス関連のリスク(典型的なシックハウス問題)をもたらす可能性があります。

Bosch Smart Homeのmobile well-being sensor AIRは、質の良い生活を保証します。5分ごとに、空気の質、気温、湿度、明るさ、騒音レベルなどの健康的な室内環境に最も重要な要素を定期的に測定し、デバイスとBosch AIRアプリケーションに直接表示します(iOSおよびAndroid)。

ユーザは絶えず屋内の気候状況を視覚的に把握し、さらに換気に関する貴重なヒントを受けることができます。全体の快適性のために、mobile well-being sensor AIRは室内の明るさと騒音レベルを測定し、アプリに表示します。照明は生産性と気分に影響を与え、騒音は睡眠の質に影響します。より健康的な睡眠や集中力、安らぎのための最適な条件を提供することができます。

アプリの有無に依存しない最大のモバイルユーザビリティ
小型で軽量、さらにバッテリー駆動なので、家全体や外出先でも使用することができます。直感的なアイコンとデバイス上のLEDライトのおかげで、mobile well-being sensorもアプリケーションなしで完全に独立して機能します。検出された湿度、空気の質および温度に関するデータは、赤・緑・黄色のアイコンで表示されます。

例えば、現在の湿度は「水滴マーク」(1つの小さな滴は乾燥しすぎ、2つの大きな滴は湿度が高すぎることを表す)で表示されます。LEDライトは、これらのデータを1つの値に結合し、それに応じて赤、黄、緑に点灯します。AIRの上部にある直感的なダブルタップで、追加測定を開始します。

スリープモードは簡単に起動します。AIRをオンにするだけで、Bluetoothとビジュアライゼーションは無効になります。測定は連続して実行され、最大4週間デバイスに保存されます。Bluetooth経由で、mobile well-being sensorをBosch AIRアプリケーションとリンクすることができ、測定された周囲の値についての詳細な結果を時間の経過とともにも見ることができます。

さらに、このアプリでは各測定の定義限界値や、デバイスが点灯して測定を表示する頻度など、個々の設定を行うことができます。このアプリケーションでは、すべての部屋を監視するために、最大3つのAIRデバイスを統合することができます。さらに、最大3つのスマートフォンで1つのAIRにアクセスできます。つまり、家族全員が家全体の室内の気候、明るさ、騒音レベルを簡単に確認できます。

家屋の「フィットネストラッカー」
Boschの概算によると、ヨーロッパのすべての建物の約20%にはカビの問題があり、主に湿度が高いことが原因です。AIRは、他の屋内の気候要因と同じように、湿度を定期的に測定し、Bosch AIRアプリで8週間保存します。このモニタリングにより、居住空間の「バイタルサイン」は、フィットネストラッカーのようにいつも見ることができます。したがって、住民は早期に室内のマイナス傾向を認識することができ、高価な改修費用を防止することができます。

Bosch AIRアプリケーションは、各タイプの生活空間に最適なレベルを提供します。ユーザーはこれを基本として使用できます。もちろん、well-being sensorは、個人の好みに基づいて設定することもできます。Boschセンサーのノウハウと特別に開発されたアルゴリズムを使用して、すべての測定データを分析します。この基準に基づいて、換気の推奨事項や健康的な家庭に役に立つ情報が得られます。ちなみに、well-being sensorは、必要に応じて換気のアドバイスをし、エネルギー消費の低減をサポートします。特に冬には、誤った換気のため暖房エネルギーの半分が失われるため、このアドバイスは役立ちます。AIRは健康だけでなく、環境や財布にも優しいデバイスです。

魅力的で直感的な優れたデザイン
コンパクトでモバイルなAIRを使用することで、ユーザーは自宅の環境を自力で簡単に制御できます。関連する屋内の気候データは、デバイス上に直接設置された高価値センサーキューブによって可視化され、アイコンとLEDライトが赤・黄色・緑の色で表示されます。審美的で直感的に理解できます。

このようなエレガントさと機能性は、Bosch Smart HomeのIFデザイン賞とレッドドットデザイン賞を受賞しました。

家庭に魅力的なmobile well-being sensorがあれば、物事はうまくいきます。デバイスを保護するためのパッドも含まれています。これにより、AIRは日常生活においても安全に保たれます。ちなみに、パッドの裏側には取り扱い情報とアイコンの意味が記載されています。

システム内の多くの利点
mobile well-being sensor AIRは、Bluetooth接続と独自のアプリケーションを備えた単一のソリューションとして使用できるだけでなく、Bosch Smart Home Systemに統合されています。システムでは、センサーがさらに多くの可能性を提供します。Bosch Smart Home Controllerに接続すると、屋内の気候データを外出先で見ることができます。また、シナリオマネージャーに統合することでさらにメリットが得られます。例えば、湿度レベルが定義された目標値を超える、または目標値を満たさない場合などはBosch Smart Homeアダプタを備えた加湿器または除湿器が作動します。

Bosch Smart Home AIRは、自宅での快適な生活のための小さくて賢い助手です。このデバイスは、ユーザーの呼吸を楽にし、改善された室内環境と質の良い空気で健康と幸福を向上させます。

参考リンク

Bosch Smart Home AIR:健康的な室内環境と最適な空気を保つ 世界のIoTに関するレポート公開中