【動画】CIMON スマートファクトリーソルーューション – 産業オートメーション

動画CIMON スマートファクトリーソルーューション – 産業オートメーション

CIMONスマートファクトリーソリューションはICT技術と製造プロセスを統合することにより、最小限のコストと時間でカスタマイズされた製品を製造する工場で、CIMONは韓国唯一のPLCメーカーとしてスマートファクトリーを実現するための様々な通信オプションを提供しています。スマートファクトリーは工場のイノベーションを通してビジネスの競争力を強化します。
従来の製造工場は様々な問題を抱えています。時代遅れの施設のために、オペレータは故障した設備をすぐに把握して対応することができません。これが、顧客が商品の配達の遅れや不良品のクレームを持つ原因です。

もちろん、CEOはコストの上昇と欠陥率の上昇と機械的機能不全による売上の減少に苦しみます。工場でのこれらの様々な問題はCIMONスマートファクトリーソリューションで解決する事が可能です。

CIMONスマートファクトリーソリューションはICT技術と製造プロセスを統合することにより、最小限のコストと時間でカスタマイズされた製品を製造する工場です。

工場に導入されたCIMONのHMIデバイス、XPANELシリーズによって、オペレータはプロセスを簡単に把握して制御することができ、アラーム履歴のデータを管理できます。

また、産業用パネルのPC CIMON touchは、様々で複雑な製造環境の中で設備のダウンタイムを削減することができます。

それは工場で異なる施設や様々なコントローラの動作を監視することを可能にします。そしてPCアプリケーションを使用して、機能不全の設備に能動的かつ迅速に反応します。

これらのHMIユニットは工場の基盤のコントローラであるPLCと協力しています。CIMON PLCは、基本的な制御機能を超え、スマートファクトリに最適化されたさまざまな通信ドライバをサポートします。商用ネットワークだけでなく、様々なフィールドネットワークやOPC UA通信をサポートしています。私たちは唯一の韓国PLCメーカーとしてスマートファクトリーを実現するための様々な通信オプションを提供しています。

スマートファクトリーを実現するために、統合監視異常分析やリアルタイムデータ保存などの統合システムには様々なソリューションが求められています。

CIMON SCADAは高度なソフトウェア技術と何十年もの顧客経験に基づいてスマートファクトリーを作るための様々なソリューションを提供しています。

CIMON SCADAによって収集された約500の通信ドライバのデータは、さまざまな機能によって分析され、ユーザーの意思決定に役立ちます。それらの収集されたデータを使用してODBCまたはOLEEでデータベースを作成ことが簡単になります。またユーザーはCIMON SCADAによって提供されるHTML5プラットフォームを、いつでもどこでもモバイルデバイスを使って製造現場を監視し分析するために利用する事ができます。さらに、CIMONはCIMONヒストリアンDBを、高速データの収集、分析、転送のための韓国の最初の例として開発しました。

CIMONヒストリアンDBは、商用データベースプラットフォームを使用せずに、さまざまなアプリケーションプラットフォームを使用して複雑なデータを簡単に共有できるようにします。工場施設運営者は、生産施設からのリアルタイムデータに簡単にアクセスでき、施設のメンテナンスと管理を通じて予防保守活動を行うことができます。これは工場のダウンタイムを削減し、工場の稼働率を上げる事によって生産性を向上するソリューションを作成する事になります。

CIMONのようなスマートファクトリソリューションは欠陥のある製品を削減し、作業の生産性と期限の遵守を向上させます。スマートファクトリーは工場のイノベーションを通してビジネスの競争力を強化します。CIMONがソリューションです。

動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

関連記事はこちら:
2018年に採用する4つのスマートファクトリーのトレンド
Automation Anywhere、2017年に記録的な成長