【CC-Link協会】スマート工場の構築を加速「CC-Link IE TSN」の仕様を公開

CC-Link協会】スマート工場の構築を加速「CC-Link IE TSN」の仕様を公開

TSN技術を採用し、従来のCC-Link IEの性能・機能を大幅に向上

Ethernetベースの産業用オープンネットワークCC-Link IEの普及活動を展開するCC-Link協会(本部:名古屋市)は、CC-Link IEの次世代を担うネットワークとして「CC-Link IE TSN」の仕様策定が完了したことを発表しました。CC-Link IE TSNは、従来のCC-Link IEに対する市場からの要望に応えるべく、標準Ethernet規格を拡張したTSN(Time Sensitive Networking)の技術を採用することで、FA(生産現場)とITの融合を実現すると共に、効率的なプロトコルにより従来のCC-Link IEの性能・機能をさらに強化しました。また、開発手法の多様化により様々なタイプの機器への実装を可能にする他、制御通信とIP通信による情報通信の混在使用を可能にするなど、IoTを活用したスマート工場の構築が、より短期間で効率よく行えるようになると期待されます。
CC-Link IE TSNの具体的な仕様は、本日よりCC-Link協会の会員サイトを通じてパートナー各社に公開されます。

CC-Link IE TSN仕様リリースの背景

CC-Link IEは、市場初の1Gbps Ethernetをベースとした産業用オープンネットワークとして、2007年に仕様公開され、一般入出力制御から始まりモーション制御、安全制御へとその機能・適用範囲を拡張してきました。
近年、IoTシステムが実用段階に進むに伴い、汎用Ethernet通信を実装した幅広い機器の活用や、高機能なドライブ機器の要求、様々なタイプの機器へのプロトコル実装等に対する市場要求が高まってきました。これらに応えるためCC-Link協会は、従来のCC-Link IEの性能・機能を大幅に向上し、産業用ネットワークにおけるEthernet技術として注目されるTSNを採用したネットワーク「CC-Link IE TSN」を開発しました。

CC-Link IE TSNの特長

  1. 柔軟なIoTシステム構築
    時分割の通信方式としてEthernet通信技術「TSN(Time Sensitive Networking)」を採用
    制御通信のリアルタイム性を確保しながら、IP通信による末端機器からの情報収集が可能に
  2. システムの早期立ち上げ・復旧
    SNMPに対応したEthernetの汎用診断ツール活用により、ネットワーク診断がさらに簡単に
    対応機器の時刻同期により、トラブル発生時の原因究明が簡単に
  3. さらなる生産性向上
    通信性能の向上により、31.25μsよりも高速なモーション制御に対応可能なプロトコルでタクトタイムを短縮
    通信周期の最適化により、高周期通信と低周期通信を組み合せた最適システムを実現
  4. 開発手法の多様化
    専用通信チップ(ASIC等)から汎用Ethernet通信チップへのソフトウェアプロトコルの実装まで幅広い開発手法に対応
    1Gbpsだけでなく100Mbpsにも対応

CC-Link IE TSN対応製品の開発状況

仕様策定に携わった一部のパートナー企業は既に製品開発に向けてご検討いただいており、対応製品は2019年から順次発売されることが期待されます。
2018年11月時点でCC-Link IE TSN対応製品の開発をご検討いただいているパートナー企業は以下の通りです。



CC-Link協会とその活動

CC-Link協会とは、ネットワーク技術の管理とメンバーのサポートを行うために設立された協会のことです。CLPAと略し、日本・韓国・台湾・アメリカ・欧州・中国・アセアン・インド・トルコ・メキシコ・タイの11地域に活動拠点を開設しています。
大元のCC-Linkは、オープンアーキテクチャのネットワークとして1996年に三菱電機株式会社によって開発されました。その後2000年にCC-Linkは、オープンなネットワークとしてリリースされ、個別の自動化機器の製造メーカーが製品をCC-Link互換として参入できるようになりました。CC-Link協会は産業用ネットワークのさらなるオープン化を推進しています。

日本・アジア発&初のオープンフィールドネットワークCC-Link に続き、情報系から生産現場にいたるシームレスなデータ伝送を実現するEthernetベース統合ネットワーク「CC-Link IE」が、次世代工場のプラットフォームを実現します。
さらに、Ethernet通信の通信帯域を時分割し優先度制御を可能とするTSN(Time Sensitive Networking)技術を適用した「CC-Link IE TSN」により、柔軟なIoTシステムの構築が可能となります。

※ 参考: CC-LINKファミリー

公式プレスリリースはこちら: スマート工場の構築を加速「CC-Link IE TSN」の仕様を公開

【CC-Link協会】スマート工場の構築を加速「CC-Link IE TSN」の仕様を公開 世界のIoTに関するレポート公開中