チームNEOが産業分野におけるIoTの開拓を計画

チームNEOが産業分野におけるIoTの開拓を計画 – 記事

チームNEOの最新技術のロードマップは、産業界のモノのインターネットに焦点を当てており、これらの製品を製造する企業だけでなく、それらを購入し使用する企業もサポートすることができます。

近年、チームNEOは、オハイオ州が頭角を表しているような技術をサポートし、成長させるための戦略を策定することに重点を置いています。

「このグループには、付加価値のある製造、エネルギー貯蔵、物産やスマートな製造業の3つのテクノロジークラスターがある」

と、チームNEOの副社長であるJay Foran氏は述べています。

Jacob Duritsky氏は、彼が出席したサイトセレクター会議での話を共有しました。発表者は、各州の経済開発戦略の計画を示し、そこではほぼすべての州、生物医学的および高度なエネルギーが優先事項として含まれていました。このように、スマートな製造は、オハイオの差別化要因になると彼は考えています。

Jacob Duritsky氏は、

「他の皆がやっていることを追いかけているわけではない」

と述べました。

「当社の核となる資産が何であるかを取り上げ、それを構築しようとしているのだ」

とも述べています。

製造業の雇用は全盛期に比べて少なくなっていますが、この部門は依然としてオハイオ州北東部で強力な力を持っています。

「問題は地元の製造業者の競争力と生産性をいかに高めるかということだ」

とDuritsky氏は述べています。

チームNEOの3つのクラスターはすべて、地域の自動車や化学薬品のような長年の強さを持つ産業を含む技術分野です。そして、それらはまだまだ成長のチャンスがあります。

スマートな製造ロードマップの目標は、産業のIoTの採用をスピードアップすることです。それは明らかにメーカーにとって役に立ち、生産性を高めることによって顧客を助けることもできるのです。

「ロードマップアプローチは産業クラスターに仕組みを与えるものになる」

とForan氏は述べています。同グループは、2016年に製造クラスターを構築し同様のアプローチをとって、その地域の強みを概説し、成長の機会を定めるロードマップを発表しました。Foran氏によれば、エネルギー貯蔵クラスターのロードマップは策定中で、今後スマートヘルスケアのロードマップを作成する可能性も検討しているとのことです。

同グループは11月2日金曜日、スマートな製造ロードマップを紹介する公式なイベントを開催しました。関係者の希望を集めクラスターへの参加を増やす予定だとForanは語っています。

クラスターの成長に加えて、ロードマップには、実装、技術革新、スキル構築という観点から、今後数年間に焦点を当てる10のイニシアチブが含まれています。ツインズバーグのRockwell Automationのアカウント・マネージャーであり、ワーキング・グループのメンバーであるDavid Knowles氏は、

「オハイオ北東部の製造業者の最大の関心事はデジタル戦略だ」

と語りました。ロードマップはその方向性を示すのに役立ち、クラスターは最も良い方法を共有することができます。

Hitachi Vantaraのソリューション・コンサルタント、ロードマップ・ワーキング・グループのメンバーであるDavid Moon氏は、

「データの分析はメーカーがより効率的に作業できるようにし、最終的にはより収益性の高いものにすることができる」

と述べています。

「すべてのデータを関連付けることは価値だ」

とMoon氏は語っています。

「これは実際には、デバイスをバックエンドのERPシステムと、企業全体に広がるさまざまなスプレッドシートを備えたビジネスシステムとを接続するといった、産業IoTに繋がることなのだ」

とも語りました。

原文はこちら: Team NEO mapping out industrial Internet of Things plan

関連記事はこちら:IBM Bluemixサービスの採用を拡大し、TMR要求を促進