【動画】CiscoのIoTワイヤレスソリューション

Cisco Systems, Inc.は、アメリカ合衆国カルフォルニア州サンノゼに本社を置く、世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社です。ネットワーク機器業界のガリバーであり、インターネット関連事業で最も成功している会社のひとつです。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

現代の産業企業は、信頼性の高いワイヤレスソリューションを探し求めています。特に、途切れのないローミング通信と高速な通信能力は交通機関、産業、鉱山業においては必要不可欠です。

現在は沢山のビジネス産業でアプリケーションの技術やネットワークの強化に力を入れています。

より良く製品を製造するためにはWi-FiベースシステムとPLCベースのネットワークの反応速度を上げる必要がありました。

IoTは実に挑戦的な試みで多くの環境に対応しなければいけません。端末やクライアントが動いている可能性もあります。例えば、電車の中や自律走行車両などの環境は、例え高速で動いていたとしても接続を維持している必要があります。

そのような複雑な課題に対して、Cisco社は「Cisco IoT Solution」を設計しました。Cisco社は、周波数の進歩を利用し、ワイヤレスIoT通信をより正確にしました。

1つ目は、高速通信です。高速通信はAPを以前よりずっと早くする事ができ、クライアントに接続可能な候補のAPを伝え、どのAPが使用するために最適かを選んでくれます。

2つ目に、IoTアプリケーションを元に使用される自律走行車や製造工場の接続通信は、少しでも途切れてはいけません。Cisco社のIoTワイヤレスシステムではすでに接続されているのが途切れる前に他のAPに移行させる事をします。この事を「Make before it breaks(壊れる前に作り出す)」と言っています。そうする事で途切れがなく継続して接続性を保つことができます。

3つ目にCisco社が取り組んでいるのは、「Parallel Redundancy Protocol (PRP)」というものです。これは、1つのデータを2つの別々の経路で2つコピーして送信する事です。これを行う1つの意図は、2つの無線機と1つのWGPに2つのチャンネルで同じ情報を送信する事です。この方法は、データが通過する確率を高めます。

もう1つの大事な側面として無線LAN規格が802.11に完全準拠している事です。

Cisco社がIoTワイヤレスを設計する時に、IEEEを重要視しました。一般的な場所でも、高パフォーマンス、高い安全性、そして信頼性の高さに努めています。

以前までは無謀と言われていた環境でも、これらのことを可能にし、通信をより快適にしました。

Cisco Systems, Incについて

Cisco Systems, Inc.は、アメリカ合衆国カルフォルニア州サンノゼに本社を置く、世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社です。ネットワーク機器業界のガリバーであり、インターネット関連事業で最も成功している会社のひとつです。

詳しくは、https://www.cisco.com/c/en/us/about/careers/we-are-cisco.htmlをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方