【企業DB集】American Robotics

主な事業内容

American Roboticsは、革新的なロボット技術とIIoTを通じて、農業者に価値ある農業の可能性を広げてほしいという願いから製品を提供し始めました。自動ドローンは、無人でコントロールされるために、農業の人ドローンを操縦する技術が必要ありません。そして、ドローンを使用することで、農作物をより良く監視することが出来ます。農作物の状態をチェックする時に、いつもならば実際に農家の人たちが農作物がある場所へ行き状態をチェックしますが、ドローンを使えば、ドローンから送られてくる映像で素早くチェックする事ができるので、時間の短縮になります。

直近のニュース

投資ラウンド情報

  • シードラウンド、2017年5月23日、$1,100,000を調達

リードインベスター: Angel Investors Network、BRC Innovation

会社概要

American Roboticsは、Carnegie MellonとStanford大学の卒業生によって設立された、農業に特化した自動ドローン(無人機)の開発をしています。現在のHPはログインしないと見れない状態になっています。

事業関連ワード
理念 顧客はデータだけに集中してほしい。
設立日 2016
創立者 Reese Mozer, Vijay Somandepalli
従業員数 11-50
ウェブサイト http://www.american-robotics.com/
SNSアカウント Facebook: https://www.facebook.com/americanrobotics
Twitter: https://twitter.com/amerobotics
お問い合わせ先 なし
電話番号 なし
アメリカ合衆国
日本の拠点 なし
関連する動画 なし

主要取引先情報

掲載なし

情報の更新: 2017年12月01日現在

アジア太平洋地域に浸透するインダストリー4.0、IIoT促進における各国政府の役割を調査 世界のIoTに関するレポート公開中