【JIMTOF2018】日本ツクリダス株式会社:町工場専用。納期生産管理・生産進捗見える化システム「M:net(エムネット)」

【JIMTOF2018】日本ツクリダス株式会社:町工場専用!!納期生産管理・生産進捗見える化システム「M:net(エムネット)」 – 記事

日本ツクリダス株式会社とはどんな会社?

日本ツクリダスは、製造機能とノウハウを併せ持つものづくりサービス企業です。

製造機能を持つ鉄工所。製造機能を結集させる事ができる協力会社ネットワーク。そしてその製造ノウハウを駆使する営業機能。この三つが結集し優れた加工商社としての業務が可能です。

例えば、施盤加工・フライス加工品の製造と特殊加工という町工場としての物づくりをしながら、ソフトウェアメーカーとして機能したり、オリジナルプロダクトを作っています。

さらに、これまでの町工場のイメージを覆すような在宅ワーカーを活用したり、広報部を設けていたりと、色々な試みをしているのも特徴です。

そんな中で、今回のJIMTOF2018では、ソフトウェア部門が出展していました。

今一番押したい「M:net(エムネット)」

M:net(エムネット)とは工場などにおける納期管理システムです。全てをバーコードに変換して作られているため、パソコンに不慣れな人でも簡単に使うことができます。

そもそも「パソコンに不慣れな人」を対象に作った理由としては、町工場から出発している日本ツクリダスは各地の町工場を見てきて、年配の人が多いことに気付いたそうです。

モノづくりの担い手としては、申し分ない技術を持っている人たちですが、急激に普及してきたパソコンに追いついている人が少ないのも現実です。

若者であれば簡単に操作できるパソコンも、年配の人には難しく、作業とは別の場所で工数が必要以上にかかってしまうという問題点がありました。

ですが、だからといって、工数管理を未だに紙などのアナログ式で行うのは時代遅れです。

そこで考え編み出したのが、この納期管理システムM:netなのです。

バーコードを読み取るだけで納期管理ができる

バーコードの作り方はとても簡単です。
新規作成ページでタイトルを入れるだけで作ることができます。

このシステムの最大の特長は、細かい内容は後から入力してもいいということ。これから作業を始める人にとって、一からすべてを入力するのはとても手間がかかってしまい、「さぁ作るぞ」という意気込みも減少しかねません。

現場にいる人は、この登録だけでも時間がかかってしまう場合があります。そのため、案件名だけ入れてバーコードを作り、業務内容の紙を入力の早い人に渡しておけば、後でその人が入力することも可能です。

これによって、作業する人と入力する人(パソコン入力が早い人)という風に作業分担ができ、効率化することができます。

納期管理システムM:netはソフトではなく、クラウドを使って提供しているためパソコンごとにハードディスクを使ってインストールする必要がないので、パソコンさえあればどこでも簡単にログインして使うことができます。

どこでも誰でも簡単に見える化ができる

納期管理システムM:netがあると、現場から離れている営業や社長もスマホやタブレットがあれば、今工場内での進捗を確認することができます。

また、バーコードを登録する際に、図面も一緒に登録することができるので、今作っている部品の設計図が知りたくなった時には、納期管理システムM:netにアクセスして確認できるという点も、実際に使っている企業や工場から喜ばれている点だそうです。

納期管理システムM:netのまとめ

このシステムがあると、納期管理・工程の進捗管理・加工ノウハウ管理・NG履歴管理・納品(発送)管理・検査情報管理・素材や購入品受け入れ状況管理・図面/画像管理・過去データ(リピート品)の検索・外注への発注期限管理という製造業に必要な機能が、一つのサイトですべてまかなえてしまいます。

町工場だからこそ、製造業者が何に困っていて、どんなものがあると便利かを知っているため、できたシステムだと言えます。

実際に導入2年目以降の継続利用率も95%という数字を出しているとおっしゃっていました。

JIMTOF2018では、あえてのサービスシステム展示

自社が町工場だと言いつつも、オリジナルのプロダクト製品を作ったりもしています。それでも今回の見本市では材料などの製品ではなくサービスシステムを展示したのは、管理システムで困っている人が多いのではないかと考えたからでしょう。

一人でも多くの職人さんたちが無駄な工数を使わず、日本の製造業をよくしていくためだけに時間を使って、さらなる発展を望んでいる日本ツクリダスさんの気持ちが伝わるようでした。

実際、お話を伺っている時も、このシステムはこんなにも工数削減につながるということを熱くお話しされていたのが印象に残っています。

また、どういった会社がこのシステムを使っているのですかと聞くと、濁しておられましたが、一部はHPに掲載しているので、そちらを見てくださいと言われました。

取材後、HPを見ると、5社の感想が載っており、
「現場が判断できるようになり、物が早くできあがってくるようになりました」
「ちょっとした時間にパッと一覧が見れる。これがベストですね!」
「クラウド上にデータがあるので、海外からでも見れるのがいいですね」
「現場で使いたいところだけを使っていけるシンプルなところが気に入ってます」
「同じ製造業の人が作ったソフトであったことが導入の決め手でした」
などなど書かれており、使っている人たちはみなさん笑顔でした。

JIMTOF2018とは

東京ビックサイトで行われる日本国際工作機械見本市です。工作機械および、その関連機器等の内外商取引の促進ならびに国際間の技術の交流をはって、産業の発展と貿易の振興に寄与することを目的としています。

今回の見本市は、出展者数は1085社(前回比116社増)、5524小間で、過去最多となり、2018年11月1日(木)~11月6日(火)に行われていました。

JIMTOF2018のテーマは、
 

  • 先端技術と来場者をつなぐ ~国際技術ショーとしての魅力向上化~
  • 来場者と出展者をつなぐ ~商談サポート強化~
  • 技術体験と来場者をつなぐ ~魅力溢れる併催イベント・企画展示~
  • 日本と世界をつなぐ ~海外出展者・来場者の誘致活動の強化~
  • 学生と未来をつなぐ ~有為な人材確保・育成にも資する企画の強化~
  • 快適な空間と人をつなぐ ~充実した来場者サービスの提供~

の6つで、学生のみ無料で会場内に入ることができるようになっていました。