【キヤノン】キヤノンと東芝デジタルソリューションズがスマートファクトリー分野で協業を開始 イメージング技術とIoTを融合し生産性向上を支援

キヤノン株式会社】キヤノンと東芝デジタルソリューションズがスマートファクトリー分野で協業を開始 イメージング技術とIoTを融合し生産性向上を支援

キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役会長 CEO:御手洗 冨士夫、以下「キヤノン」)と、東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織 弘信、以下「東芝デジタルソリューションズ」)は、両社のイメージング技術とIoTを活用し、スマートファクトリー(※)の分野で協業を本日より開始します。

多くの産業分野でデジタル化が加速していく中、製造業においてはインダストリー4.0などに代表される大きな変革期を迎えています。今回、生産現場の生産性向上の実現に向けて、東芝グループのものづくりのノウハウとIoT技術を基に提供している東芝デジタルソリューションズのものづくりIoTソリューションと、キヤノンが長年培ってきたイメージング技術を連携させ、現場の精緻な状況把握や高度な分析を可能にするための協業を開始します。

キヤノンは、「CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM」のもと、ネットワークカメラや産業用カメラなどのイメージング製品および、画像処理ソフトウエア「Vision Edition」や異常監視・録画ソフトウエア「Monitoring Edition」を活用した、生産現場の「見える化」を推進しています。さらに、これらのイメージング技術を軸に、生産現場の自動化と生産性向上を実現するための幅広いシステムソリューションの開発を加速しています。

東芝デジタルソリューションズは、東芝のIoT「SPINEX(TM)(スパインエックス)」のもと、東芝グループで培った生産技術や関連ノウハウを結集させた、ものづくりIoTソリューション「Meisterシリーズ(TM)」を展開しています。「Meisterシリーズ(TM)」は製造業におけるIoTデータの収集・蓄積や、効率的・効果的な活用を実現し、製造工程における品質や生産性の向上だけでなくビジネスライフサイクル全般を支援する仕組みをお客さまに提供します。

2018年11月より、東芝デジタルソリューションズの「Meisterシリーズ(TM)」に、キヤノンの「Vision Edition」や「Monitoring Edition」を連携します。「Meisterシリーズ(TM)」で収集したIoTデータに、「Vision Edition」の画像処理で得た映像情報や「Monitoring Edition」で得た録画映像をひも付けて蓄積することで、「Meisterシリーズ(TM)」を通じて生産現場の稼働状況をより精緻かつ効率的に把握することが可能となります。これにより、生産現場において高度な現場分析が可能となり、品質や生産性の向上に寄与します。

キヤノンと東芝デジタルソリューションズは、イメージング技術とIoTソリューションを活用し、製造業のお客さまへ新たな価値を提案していきます。

キヤノンのCANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORMについて

「CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM」は、キヤノンが提供する、生産現場向けイメージ一括管理システムです。キヤノンが持つ幅広いイメージング製品群、画像処理技術を活用し、生産現場の「見える化」を実現します。

*CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM
https://global.canon/ja/product/indtech/fa/

東芝デジタルソリューションズのMeisterシリーズについて

ものづくりIoTソリューション「Meisterシリーズ(TM)」は、製造業におけるIoTデータの収集・蓄積や、効率的・効果的な活用を実現し、製造工程での品質や生産性の向上だけでなくビジネスライフサイクル全般を支援する仕組みを提供します。東芝独自の統合データモデルとビッグデータ高速処理基盤を備えたものづくり情報プラットフォーム「Meister DigitalTwin(TM)」により、ものづくりのプロセスをデジタル空間に複製し、微細な時系列での分析を可能にすることで、ものづくりのデジタル化に貢献します。

*ものづくりIoTソリューション「Meisterシリーズ(TM)」
https://www.toshiba-sol.co.jp/industry/meister_next/

*東芝のIoT「SPINEX(TM)」
https://www.toshiba.co.jp/iot/spinex/

「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2018」のご案内

2018年11月8日(木)、9日(金)に、グランドニッコー東京 台場にて「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2018」を開催いたします。展示会場内でデモを交えた本件の展示を行う予定です。
https://www.toshiba-iotfair.com

※工場にIoTを導入し、各種データの収集・分析等を通じて生産性や品質の向上などを実現する先進的な工場。


キヤノン株式会社とスマートファクトリーへの取り組み

Vision editionはスマートファクトリー/工場の自動化へ貢献する、キヤノン製ネットワークカメラや産業用カメラN10-W02を利用した画像処理ソフトウェアです。
主な特徴としては、ネットワークカメラを使った点検や「Pick&Place」などがあります。

ネットワークカメラを使った点検
ネットワークカメラを使用して、モノの有り無しや、色の判別など、簡単な点検作業ができます。ネットワークカメラに搭載されたAF/AE機能により、被写体が変更になった場合でもカメラの調整は非常に簡単です。

COBOTTAを使ったPick&Place
DENSO WAVE社製COBOTTAを使用して、Pick&Place作業を簡単に始めることができます。フローチャートによるセッティングができるため、複雑なプログラミングが不要です。

キヤノン株式会社では、これに先立ち今年の2月14日、シーメンスと協業しFA(ファクトリーオートメーション)ソリューションに本格参入することも発表していました。

 

キヤノンではデジタルイメージング分野の産業領域での活用を強化する取り組みを推進。工場向けでは、2014年にマシンビジョンに参入しているが※)、新たにネットワークカメラや産業用カメラなどのイメージング技術や画像処理技術を生かし、工場の「見える化」を実現する「Canon Industrial Imaging Platform」として展開を開始する。

 この取り組みの一環として、シーメンスと協業し、生産現場のデジタル化と自動化に強みを持つシーメンスの幅広い製品群とキヤノンのイメージング技術を連携させ、FAを支援するシステムソリューションの提供に取り組んでいました。

公式プレスリリースはこちら: キヤノンと東芝デジタルソリューションズがスマートファクトリー分野で協業を開始 イメージング技術とIoTを融合し生産性向上を支援