【動画】IoTインテリジェンスをIoTセンサーに近づける

データ収集、処理がされる中で、IoT技術を使いコンピューティングパワーと性能をネットワークの核として、データの処理スピードがNokiaのMACを使えば高くなります。また、企業の莫大なデータは、特殊な技術を使い常に機密にしておく事が可能です。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

IoT、モノのインターネットは急激に発展しています。作業を自動化し、より効率的にしています。

自動化や効率化を目指すには、たくさんのセンサーとデバイスがクラウド間でデータの通信をしているため、IoT相互通信能力を最大限に活用し、信頼できるものでなくてはなりません。

これらに伴い、多くのアプリケーションを成功させるには、非常に低いレイテンシーで稼働する必要があります。

また、企業のIoTデータは内密にしておかなければなりません。そのためには、強力な警備セキュリティでビジネスを守ります。

デジタル変革の中での重要なテクノロジーは、エッジコンピューティングです。Multi access edge computing platform(マルチアクセスコンピューティングプラットフォーム)の事を、Nokia社はMACと呼び、LTEやWi-Fiのようなワイヤレスネットワークを活用し最先端で迅速に内容を処理する能力があります。

MACは、あらゆる産業アプリケーションや事業拡大をサポートするために応答性能がとても高いです。そして、通信はローカルエリアネットワークに保存されるので、企業のデータは安全で機密なままです。

現在、Nokia社はAWS greengrassをMACのプラットフォームに導入しており、プライベートモバイルネットワークソリューションと組み合わせて、企業が業務を変革できるようにしています。例えば、石油会社は、近くの豊富な資源からの生産データとリアルタイムの掘削データを組み合わせて、掘削戦略・手段を自動的に適合させることができます。

資源とパイプ自体からのデータを監視し、提供するパイプラインやその他の中流制御システムの効率が向上します。

CCTVのようなセキュリティシステムは異常が検出された場合にのみネットワークエッジでストリームを送信し、リモートセンタにデータを送信することができます。

クラウドへの断続的な接続性しか持たない場合でもデバイスを動作させる事ができます。そして、再接続すると、データを再びクラウドと同期します。

Nokia社は、5Gの先駆者であるアーキテクチャを作り出しています。工業用IoTは主な用途の1つです。
Nokia社のソリューションは、デジタル変革を受け入れ、より高い機敏性と効率性、そして新しいサービスを迅速に導入します。

Nokia社では、世界をつなぐテクノロジーを創り出しています。

Nokiaについて

Nokia社は、フィンランド・エスポーに本社を置く、通信インフラ施設・無線技術を中心とする開発ベンダーです。現在の主要事業は、無線技術を中心とする通信インフラ設備の製造・開発であり、売上の9割を占めています。

詳しくは、https://www.nokia.com/en_int/phonesをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
産業制御と工場自動化市場の2017年から2023年の間の成長率に関するレポート 世界のIoTに関するレポート公開中