中国2025年計画は、トランプ氏とのミーティングの障壁となるだろう

中国2025年計画は、トランプ氏とのミーティングの障壁となるだろう – 記事

中国が国家主導で将来の技術を独占しようとしていることにより、米国の貿易戦争の解決は難しくなっています。

双方の関係者は、11月30日〜12月1日にブエノスアイレスで開催されるG20サミットのグループの中で、ドナルド・トランプ氏と習近平氏が会う可能性は低いだろうと考えています。トランプ氏は依然として追加課税の脅威を匂わせていますが、習氏は国家の技術力を強化する計画を妥協する意志がないことを示すことにより、長期的な論争を生み出しています。

古い煙突産業を廃止し、より新しくクリーンな技術を独占することは、豊かな社会を創造するという習氏の制約の中核を担っています。トランプ氏とナショナル・エコノミック・カウンシルのラリー・クードロウ氏は、最近の演説で、「われわれは経済的優位性を持っている」と語りました。

北京の当局者は長い試合をしている。彼らは、中国の2025年メイド・イン・デザインが、ロボット産業から新エネルギー車と航空宇宙産業を席巻する計画の重要性を軽視しようとしているが、外国企業にも開放されていると述べ、目標を放棄する意思はないと述べた。

「Flying below the radar」は、グリーンブックと呼ばれよく知られている「Made in China 2025年主要技術ロードマップ」という非公式の文書です。公式のMade in China 2025年計画では、中国企業が国内および世界の市場シェアを占めるつもりはないとの見解を示していますが、グリーンブックの296ページには多くの目標が書かれています。

中国はこれに対し、この目標は拘束力のない非公式なものだと述べています。Miao Wei産業情報大臣は、国営中国日刊紙の4月の記事で、Made in China 2025計画が全ての企業に平等に適用されることを約束しています。しかし、同省は、グリーンブックに関するコメントを求めるファックスの質問には答えませんでした。

この目標が原因で、医療機器や先進農業機器を含む産業(Made in China 2025計画の優先産業)の外国企業は既に仕事を無くしている可能性があると米国ビジネス協会は述べています。

依然として、中国の2025年計画はアメリカとの経済関係を一変させるほどのものであり、行き詰まりの原因となっています。

原文はこちら: China 2025 Plan Remains a Stumbling Block as Trump Meeting Looms

関連記事はこちら:Made in China 2025とは

アジア太平洋地域に浸透するインダストリー4.0、IIoT促進における各国政府の役割を調査 世界のIoTに関するレポート公開中