ワイヤレスインフラストラクチャの革命:人工知能、5G、モバイルエッジコンピューティングを技術とビジネスの側面から分析

ワイヤレスインフラストラクチャの革命:人工知能5G、モバイルエッジコンピューティングを技術とビジネスの側面から分析 – 記事

人工知能AI)は、インターネット検索、エンターテインメント、商業アプリケーション、コンテンツ最適化、およびロボット技術を含む多くの分野でますます統合されています。指向性アンテナ、ミリ波RF、エッジコンピューティングソリューションなどのさまざまなテクノロジーを活用する5Gネットワ​​ークは、4G/LTEに比べてはるかに高いデータレート(数ギガビット/秒の範囲)を提供します。

認知ネットワーク管理は、最も重要な新興ネットワークインフラストラクチャの機会の1つを表します。ネットワーク事業者は、既存の自己組織化ネットワーク(SON)技術と共に大きな進歩を遂げました。しかし、AIは、SDN(Software-Defined Networking)や高度な分析機能と組み合わせることで、自律的でインテリジェントなネットワーク運用と制御を全く新しいレベルに引き上げようとしています。

5Gと非常に相補的なマルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)は、通信とコンピューティングの計画、エンジニアリング、展開、運用が同時に行われる新しい通信・計算パラダイムを構築するために、ICTを変革する姿勢を示しています。将来の5G対応アプリケーションやサービスのユースケースは、タイプや業界のバーティカルな焦点、および要件の点で多種多様です。これに対応して、各シナリオには要件とパラメータの独自のネットワーク構成があります。5Gネットワ​​ークスライシングは、これらの異なるユースケースのそれぞれが、頻繁に利用可能であり、関連付けられた割り当て可能なQoS構成の、独自の部分を有することができる手段を提供します。

主要な通信サービスプロバイダーは、SDNおよびNFV(Network Function Virtualization)への投資を活用して、ネットワークスライスの割り当て、全体的なネットワーク管理、5Gオーケストレーションを最適化します。たとえば、AT&Tは、2020年までにネットワークの75%以上を仮想化し、制御することを約束しています。各主要サービス提供タイプ(モバイルブロードバンド、大規模なIoT、およびミッションクリティカルコミュニケーション)は、ネットワークに接続された任意のワイヤレスデバイスにクロスドメインのオンデマンドデータパイプを割り当てることができるという利点があります。

この調査では、ハードウェア、ソフトウェア、統合プラットフォーム、およびサービスを含む大手ソリューションプロバイダを評価し、タイプ、ユースケース、アプリケーション、業種別にAI技術とシステムをカバーする予測を含む定量分析が含まれています。予測には、消費者、企業、産業、政府を含む各主要市場セクターも含まれ、人工知能のハードウェア、ソフトウェア、およびサービスに関する業界の推奨事項も含まれています。

組み込み機器、コンポーネント、ソフトウェアプラットフォーム(ネットワークの自動化、最適化、および変換)を含むさまざまなネットワーク製品およびソリューションへのAIの影響や、AI駆動ネットワーキングエコシステムの形成とサポートにおけるSDN、エッジコンピューティング、NFV、および拡張インテリジェンスの役割を評価します。さらに、5Gネットワ​​ーク、IoT技術やシステム、ネットワーク分析機能の影響も評価されています。

また、主要ソリューションプロバイダーの技術、製品、ソリューションを分析し、競争の激しい各分野の主要企業を特定します。主要な市場セグメントとサブセグメント、AI技術の種類、展開の種類、ネットワークの種類、業種および地域に基づいて、AI駆動ネットワーキング市場の包括的な定量評価を提供します。

この研究では、技術(可能な技術、5G標準化と研究イニシアチブ、スペクトルバンドなど)とビジネス領域(市場促進要因、課題、ユースケース、バーティカル市場アプリケーション、規制問題、試行コミットメント、導入戦略、CSPへのインパクトなど)の詳細、新興5Gエコシステムの分析などが含まれます。本研究では、実現可能な技術と5Gネットワ​​ークスライシングの市場展望を評価します。Mind Commerceのレポートを直接購入する場合は、熟練アナリストがレポートの主要な調査結果をあなたが取り組んでいるビジネス課題に結びつける手助けをします。これは、レポートを購入してから3ヶ月以内に使用する必要があります。

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 概要
  3. 第3章 テクノロジーと影響分析
  4. 第4章 市場とアプリケーション分析
  5. 第5章 人工知能市場分析と予測 2018 – 2023
  6. 第6章 AI埋め込みIoTデバイスと物の展開予測 2018 – 2023
  7. 第7章 会社分析
  8. 第8章 結論と推奨

レポート情報

レポート名 Wireless Infrastructure Evolution: Artificial Intelligence, 5G, Mobile Edge Computing, and Analytics
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年8月
金額 $2,995(本記事記事公開時点)
ページ数 911
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

16551

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

【IoTレポート】次世代スマートファクトリー:産業用ロボット、IIoT、3D印刷、高度なデータ管理 世界のIoTに関するレポート公開中