インダストリアルIoTの洗練度が1年で2桁増加したことが、IFS調査で明らかになった

インダストリアルIoTの洗練度が1年で2桁増加したことが、IFS調査で明らかになった – 記事

資産運用管理のためのIoTが30%増加、顧客の機器を監視するためのIoTが10%増加しました

グローバルエンタープライズアプリケーション企業であるIFSは、産業分野の企業におけるIoT(Internet of Things)の使用量が前年比で大幅に増加したことを明らかにする200人の北米幹部の調査研究を発表しました。
製造業者から貿易業者、石油ガス会社まで、回答企業のエグゼクティブは、接続されたデバイスからより多くのデータを収集し、新しい方法で他のシステムと統合し、IoTデータをビジネスの中心としています。

調査によると、

  • 個々の機械部品や個々の機械ではなく、作業セルまたは生産ライン全体でIoTデータを収集する企業は、17%増加しました。これにより、より高度なユースケースが可能になり、資産パフォーマンス管理をサポートするためにIoTの使用が30%増加することが説明されます。
  • IoTを使用して顧客の機器を監視した回答者は、10%の増加を見せ、潜在的にフィールドサービス管理への変革的なアプローチを示しました。
  • これらの進歩にもかかわらず、IoTデータストリームをエンタープライズリソースプランニング(ERP)ソフトウェアと統合した回答者の割合は16%です。このような不本意は、IoTを活用して純粋な新しいビジネスモデルや収益機会を提供することに障壁となる可能性があります。
「エンタープライズIoTとの統合により、接続されたデバイスからの受信データを受信し、ERPでビジネスイベントを作成することができます」

と、IFSチーフプロダクトオフィサー、Christian Pedersen氏は述べています。

「人工知能(AI)アプリケーションは、常に新しいものを作成することによってその学習を学び、適用するビジネスロジックを通じて、IoTがERPに常に流れ込む可能性を考えてください。AIが真のブレークスルーを見ているとき、そしてERPシステムが劇的に変わって、彼らの考え方を変えたときです。」

IFSインダストリーのAntony Bourne社長は、

「IoTは大きな混乱を招いていますが、産業界の企業がデジタル変換を採用していないと、より機動的な競争相手によって事業が混乱する可能性があります。企業のソフトウェアとテクノロジーの両方のプラットフォームで経験を積んだパートナーは、これらの制約を克服して、ビジネスプロセスを根本的に変えることができます。実証済みの方法なのです」

と、語っています。

IFS IoT Business Connectorの詳細については、http://www.ifsworld.com/corp/solutions/ifs-applications/iot-business-connector/をご覧ください。

注釈

  • 「インダストリアルIoT」
    http://www.hitachi-solutions-create.co.jp/solution/iot/index.html?lfcpid=31
    工場のQCD強化を「製造現場向けIoTソリューション」で実現
    作業段取り支援ソリューション
    ソリューション概要
    事前に設計者は作業手順をガイドする文書/画像/動画をサーバに登録しておきます。
    現場作業者は作業指示書に付与された識別情報(RFID等)をリーダにかざすことで、ガイド用の文書/画像/動画を現場端末で閲覧でき、それにしたがって作業を実施します。
    工程マンは、事務所の工程管理室等から作業着手/完了タイミングを把握することもできます。

原文はこちら: Double-digit Increases in Industrial IoT Sophistication in One Year, IFS Study Reveals