スマートマニュファクチャリングが電気自動車の製造を変える。プロセスの合理化とリスク軽減で先端を走る

スマートマニュファクチャリングが電気自動車の製造を変える。プロセスの合理化とリスク軽減で先端を走る – 記事

未来の車と聞いて何を思い浮かべますか?
浮遊している車や完全自動交通機関、タイムマシンなんかも考える方もいらっしゃるかもしれません。

現段階の最先端は「電気」です。
電気自動車の需要が増加する中で、米国と中国では過去2年間でEVの販売が遡及的に25%から50%に増加しました。

しかし、この需要の急増の裏側で、自動車メーカーは需要に追いつくために苦労しています。電気自動車メーカーは、製品を需要に応じてスムーズに市場に出すために、最新技術を存分に活用しています。

Industry4.0の活用

他の多くのメーカーと同様に、Industry4.0は業務をより効率的にする上で重要な役割を果たします。デジタル・オートメーションや製造技術におけるIoTとデータ分析を取り入れることにより、「スマート・ファクトリー」という考えが生まれました。

多くの中小企業がこのことに気付き、実は業界を退くことになっています。なぜならIndustry4.0の導入には既存のプロセスの大幅な見直しと新しい機械やトレーニングによる大規模な経費が必要との考えが主な理由です。
しかし現実には、この新しいタイプのテクノロジーを採用することはシームレス(垣根が低い)であり、既存のシステムにわずかな変更を加えるだけで実現が可能です。

Industry4.0では、データとマシンを使用してプロセスを合理化し、ダウンタイムのリスクを削減しています。Industry4.0の全面的な導入は難しいかもしれませんが、既存のシステムと連携して動作するいくつかのテクノロジーに投資するだけで実は簡単です。実際、プログラマブル・ロジック・コントローラーのようないくつかの技術は、Industry4.0導入戦略の基盤を形成することができます。これは、工場のフロア内で起こる事柄においてダウンタイムや切り替え時間、および無駄を減らすことにより、作業員が効率よく学習/作業でき、ある意味幸せに働くプロセスに変えることができる最高のプロセスとなります。

スケーラブルなテクノロジーとソフトウェア

拡張可能なネットワークとテクノロジーを持つことは、(製造の)道を簡単に拡張できるためとても重要です。電気自動車のメーカーがこれを達成する1つの方法は、サービスソリューションとしてインフラストラクチャに頼ることです。伝統的なIT管理をローカルベースからクラウドに移行することで、メーカーのゲームが変わりました。クラウドとは、データの格納、管理、および処理に使用されるサーバーのネットワークを指します。これらのネットワークはインターネット経由でアクセス可能であり、企業や第三者が使用するために社内でホストすることができます。この柔軟性により、組織は基本的にITベンダーのあらゆる側面をアウトソーシングすることができます。ソフトウェアベンダーは、タスクのホスティング、メンテナンス、アップデートをすべて処理することができます。

時代遅れのIT技術を持つ企業にとって、クラウドベースのシステムに切り替えることは開発を加速させることができる最良の選択です。これらのシステムは、カスタマイズや拡張が簡単で、リセラー全体の導入率を高める可能性があります。製造企業の73%は、クラウドベースのサプライチェーンソリューションがリスクを低減し、機敏性を高めるために規模を調整し、コラボレーションを確立できることが重要であることを認識しています。

完全独立のカート技術

独立したカート(AGV)技術は、プラント周辺のパーツをより速く動かせるようにすることで、電気自動車メーカーを支援する新技術です。既存のシステムでは、製品に損傷や傷が発生する可能性のあるアセンブリーライン内の可動部品間に摩擦が発生する可能性があります。廃棄物の増加はもちろん、拒絶の数が増え、生産性が低下します。独立したカート技術は、より効率的で、生産的で正確です。全体として機能するシステムではなく、同じ行内にてに短いランを処理することができます。プログラマブルで再プログラム可能なシステムにより、さまざまな出力が可能となっています。

産業オートメーションの技術者は、ネジや部品を用いた作業や重機の交換の代わりに、ボタンを押すだけで希望の結果に変えることができます。

電気自動車メーカーは、以前の課題に向かって立ち上がり、次の産業改革の波に向け新しい技術を取り入れています。トレンドとしてEVはまだまだ伸びることを見込まれており、次の10年でもいくつかの大きな変化をもたらします。そのため、上記のようなアプローチで最も適応し成長することができる企業は、確実に繁栄する企業と言えるでしょう。

元記事はこちら: https://knowtechie.com/how-smart-manufacturing-is-transforming-electric-vehicle-production/

IIoTで重要な役割を果たすことが期待されるロボットプラットフォーム。製造業におけるコボットの画期的なチャンスを分析 世界のIoTに関するレポート公開中