【導入事例】IN-INTEGRIERTE INFORMATIONSSYSTEME:Industry 4.0 IoTプラットフォームにより、分散したシステムを統合し、スマートファクトリー化|インーインテグレーテッド インフォメーションシステム

【導入事例IN-INTEGRIERTE INFORMATIONSSYSTEME:Industry 4.0 IoTプラットフォームにより、分散したシステムを統合し、スマートファクトリー化|インーインテグレーテッド インフォメーションシステム – 記事

IN-INTEGRIERTE INFORMATIONSSYSTEME(イン インテグレーテッド インフォメーションシステム)について

同社は、1989年にドイツ・バーデンーヴュルッテムベルグ地方のコンスタンツに設立され、現在は、30人の従業員で構成されています。
同社は、インテグレーションビジネスプロセスの分野のパイオニアであり、それ以降今でもリーダーであり続けています。顧客に対し、デジタル化と更なる開発進める支援を行っており、顧客の特定のニーズに合わせ、革新的で持続的に利用可能なソフトウェアソリューションを提供しています。
数十年にわたり選ばれてきた優れたインテグレーションの専門知識は、世界中の数千人のユーザーから信頼を得ています。ユーザーには、自動車および機械エンジニアリング業界、製造業界、システムおよび制御技術製造業者、そして様々なインテグレーションパートナーという、数多くのトップ企業が含まれています。

Webベースのソリューションとモバイルソリューションは、コンサルティングから実装まで、包括的なサービスを提供しており、顧客は、非常に効率的なプロセスを通じて最大限の付加価値を享受しています。

Industry4.0導入の背景

IT(アイティー)システム導入の初期状態というのは、多数の様々なシステムが相互に接続されていない状態が特徴です。 これは、紙ベースあるいは手作業によるプロセスという様々な欠点を有していました。 Industry 4.0 (インダストリー4.0)に準拠したIoT(アイオーティー)プラットフォームであるSphinx open Online(スフィンクス オープン オンライン)を使用すると、ERP(イーアールピー)システム、流通ビジネスメッセージ標準や他のソースから生産データを収集し相互に結合することにより、様々なユーザーが必要に応じてデータにアクセスできるようになります。 これにより、つぎのようなメリットが期待されます。

  • 各種メディアによるデータの分散・混乱を回避する。
  • 意思決定をより良い方向へと支援する。
  • プロセスをデジタル化する。
  • プロセスの経過を記録する。
  • ルールに従って複雑なプロセスを自動化する。

また、オープンなサービスインターフェースは、分析、予測および最適化のためのサービス統合を可能とし、 安全なロールベースでのアクセスを実現することにより、監視、警告、フィードバックおよび特定タスクの実行が可能となります。

以前は別々に分散していたシステムにアクセスしてインテリジェントなリンケージと処理を行うことで、Sphinx open Onlineにより、新しい最適化の可能性が高まります。つまり、システムとプロセスの制御のためにシステム間でデータ交換し、自動あるいは予測ベースで特定タスクを実行して、ターゲットの全情報と操作によって、この最適化が可能となります。Sphinx open Onlineは、システムとプロセス全体をビジュアル化するだけでなく、 Industry 4.0の考え方に沿ったプロセス制御作りを担うことを意味しています。例えば、エネルギーの最適化や生産など、短期間に投資収益率の付加価値を高めます。

同社のマネージングディレクターSiegfried Wagner(ジークフリード ワーグナー)は、次のように述べています。

「我々のプラットフォーム”Sphinx open Online”の特長は、エンジニアリング環境とのユーザーインターフェースを含む統合ソリューションを、作成、変更、ロールアウト、維持および持続可能な方法で運用できることです。 したがって、開発時間と変更コストおよび運用コストが大幅に削減されます。 コンセプトの証明からパイロットアプリケーションと生産アプリケーションまで、プロフェッショナルに利用可能かつ付加価値の高いIoTおよびIndustry 4.0のソリューションとサービスが、小さなリスクで非常に短時間にて作成可能です。 産業および研究パートナーとともに、プラットフォームは絶え間なく拡大されており、多くの顧客が試験済みの最先端の技術の恩恵を受けています。我々は、このスマートソリューションでドイツ産業界の国際的な地位を確立し、さらに強化し、デジタル化への構造変化を推進しています。」

ソリューション

ソリューション実現への道のり
Sphinx open Onlineプラットフォームは、産業界で利用されている分散管理システムの25年以上の経験と何百もの成功したプロジェクトからの情報に基づいて開発されています。 2012年以降、顧客は日々、革新的なプラットフォームを継続的に使用しています。また、専門大学と連携して、このプラットフォームに現在の研究成果を常に取り入れています。

さらに、例えば、「SmartEnergyHub(スマートエネルギーハブ)」や「eMobilityScout(イーモビリティスカウト)」などの支援プロジェクトからも重要な知識や情報を得ています。ここで特に重要なのことは、これらのプロジェクトと顧客の将来の要求について議論を続けることです。

また、同社が社団法人「Smart Electronics Factory(スマート エレクトロニクス ファクトリー) 」に加盟していることにより、このプラットフォームは、革新的なIndustry 4.0プロジェクトとパイロットアプリケーションで導入されています。 さらに、社団法人「CyberLAGO (サイバーラゴ)」の会員でもあるため、コンスタンツにある専門大学、パートナーおよび開発現場のユーザーともネットワークを結んで、開発に役立てています。

ソリューションの実装

ソリューションの適用範囲は、生産と物流におけるデジタル化から、建物、セキュリティ、インフラ並びにエネルギー管理システムおよび工場や生産や倉庫システムの遠隔監視・制御にまで及びます。
Sphinx open Onlineは、マルチクライアントに対応でき、パブリッククラウドだけでなく、プライベートクラウドやイントラネットでも運用可能としました。
オープンアーキテクチャにより、センサーの統合やアクチュエーターの作動など、新しいハードウェアまたはシステムの接続・企業ソフトウェアの接続を可能としています。また、適切なアダプタを使用すると、Excel(エクセル)やSharePoint(シェアポイント)などのオフィスアプリケーションに接続することで、システムをビジネスプロセスに統合することも可能です。 さらに、AutoCAD(オートキャド)のCADデータのインポートもサポートしました。

データの保持管理については、デジタルツインに基づいており、 現在のデータに加えて、過去および予測データを使用することも可能としています。
ユーザーインターフェースは、バックグラウンドでの複雑な技術を気にすることなく、自由に設定可能で、オペレーションセンターからオフィスおよびモバイルデバイスまで自由に使用することができます。さらに、高品質なビジュアル化のためのさまざまなツールを備え、グラフィカルなエンジニアリングと広範なパラメータ化によるソリューションの作成は、他では例を見ないほど優れています。

ソリューションによる効果

Sphinx open Onlineを使用することにより、次のような効果が見られます。

  • 既存システムの統合を含め、システムやデータの複雑な関係が透明になり、それとともに意思決定が簡素化できる。
  • 製品の境界を越えてモバイル並びにグローバルコラボレーションをサポートする。
  • 生産関連のデータに加えて、システムとモバイルオブジェクトをワイアレス接続し、これにより、摩耗部品の状況、エネルギー消費または位置情報を提供し、ユーザーはいつでもタブレットやスマートフォンでニーズに合わせて調整することが可能とする。
  • 知的プロセスにより複雑なプロセスの自動化を可能とする。
  • ユーザーは、タスクに特化したモバイル情報を受信し、それ対して特定タスクの実行を可能とする。
  • 非常に高い拡張性により、アプリケーションとプレゼンテーションの両方で、顧客のニーズに合わせてアプリケーションのカスタマイズができる。

新しいアプリケーションは数時間以内にプログラムすることができ、したがって短期間で利用可能となる。
実際にSphinx open Online使用した場合、エネルギー消費の最適化、生産プロセスのデジタル化、ダウンタイムの回避とサービスコストの削減が可能です。

例えば、シーメンスの輸送システムサブプロジェクトマネージャーであるUwe Bodinet(ウヴェ ボンディネット)氏は、次のように述べています。

「ドイツ鉄道でのプロジェクトの際、いくつかのベンダーが契約を提案しましたが、Sphinx open Onlineのみが、柔軟性とパフォーマンスに対する高い要求を満たすことができました。ビジュアル化コンポーネントのために正しい選択をしたことは、我々はむしろ誇りに思いうれしく思っています。」

今後の展望

同社は、10年先までのビジョンを首尾一貫して追求してきましたが、その道のりはまだ終わっていません。 最初はすべての人にその利点が認知されませんでしたが、あきらめることはありませんでした。 同社の従業員には、最高のもの生み出すのに欠かせない精神を持ってもらいたいため、革新と開発のための自由な場を提供しています。

また、顧客とパートナーには、戦略の早い段階で参加するよう働きかけています。
専門大学とのつながりとオープンシステムには、決定的な意味が存在します。というのは、誰もが単独では何も成し得ることができないからです。これからも、関係パートナーとユニット間で協力し相乗効果を得ること土で、新たな開発に挑戦に挑み続けます。

参照URL
https://www.plattform-i40.de/I40/Redaktion/DE/Anwendungsbeispiele/476-in-integrierte-informationssysteme/beitrag-in-integrierte.html
https://www.i40-bw.de/de/100orte/in-integrierte/
https://www.in-gmbh.de/

インダストリー4.0テクノロジ市場2023年に214億ドルに達すると予測。市場の変化の詳細と懸念要素 世界のIoTに関するレポート公開中