World Robot Summit 2018に、AIで動作を制御するCOBOTTAを出展

World Robot Summit 2018に、AIで動作を制御するCOBOTTAを出展 – 記事

株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役会長:杉戸克彦)は、10月17日(水)から21日(日)に東京ビッグサイトで開催される「World Robot Summit 2018」にて併催される「World Robot Expo 2018」のデンソーブースに、人協働ロボット「COBOTTA®(コボッタ)」と株式会社エクサウィザーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:石山 洸)が開発したAIを組み合わせ、これまで専門の開発者が作成していたロボットの制御プログラムをAIによるディープラーニングに置き換え、AIで動作を制御するCOBOTTAを展示します。

COBOTTA

ミニカーの組み立てを行なうCOBOTTAは、指定のパレットから正しい順序で部品を取り、組み付ける作業を一連の動作として学習しているため、組み立て途中の状態からでも作業を再開させることができます。作業の途中で人と交代することや、作業途中の人の作業を引き継ぐことができ、人との協働作業を実現します。

塩の重さを量るCOBOTTAは、利用者が設定する任意の重さに対して、COBOTTAに取り付けられたカメラやはかりに表示される塩の重さの情報から、AIがCOBOTTAの軌道を計算し、塩をすくう動作を制御します。単純作業や危険なものなどを取り扱う作業を人からロボットへ移行することで、より創造的な仕事に従事することができます。

また、愛知県ブースにもCOBOTTAを展示します。「デンソー抹茶ロボット」と題し、COBOTTAが、ロボット専用の器具をできる限り使用せず、人と同じ茶道具を使って、愛知県の特産品である西尾の抹茶をたてます。

COBOTTAは、ロボットの専門知識がなくてもかんたんに使用することができる人協働ロボットです。「どこでも、いますぐ、かんたんに」使えるCOBOTTAの特長をこの機会に実機でぜひご覧ください。

なお、10月18日(木)には、東7ホールワークショップ会場にて、COBOTTAの開発背景やコンセプト、COBOTTAのデモについて紹介する講演も行います。

デンソーウェーブ「World Robot Summit 2018」特設Webページ
https://www.denso-wave.com/ja/robot/event/worldrobotsummit2018.html

<参考資料>

■ 展示会開催概要
会期 : 2018年10月17日(水)~21日(日) 10:00~17:00
主催 : 経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO
場所 : 東京ビッグサイト 東6ホール  デンソーブース (小間番号 E-27) / 愛知県ブース (小間番号 E-10)

■ ワークショップ概要
日時 : 2018年10月18日(木) 14:00~14:40
講演タイトル : 人協働ロボットCOBOTTAと築く未来
講演者 : デンソーウェーブFA・ロボット事業部製品企画室 室長 澤田 洋祐
場所 : 東7ホール ワークショップ会場


人協働ロボットCOBOTTA

COBOTTAは、(株)デンソーと豊田通商(株)、(株)トッパンTDKレーベルが共同出資を行い、自動認識装置、産業用ロボット、プログラマブルコントローラ等の機器やシステムの開発・製造・販売などを行う(株)デンソーウェーブと(株)デンソーによる共同開発、2017年11月末より販売受注を開始、又、2018年5月からはオリックス・レンタル(株)を通じてレンタルでの使用も可能です。
コントローラーを内蔵しながらも重さ約4キロのCOBOTTAは、軽量なだけでなく、角のない柔らかなフォルムで、作業中に怪我をしないような万全の配慮が加えられています。安全柵を必要としない「人協働ロボット」として、本質安全と機能安全の両面からアプローチし安全性を担保しています。
作業を開始するに当たって難しいトレーニングも必要ないため、必要なときに必要な場所ですぐに作業を開始できるようになっています。アーム部分を直接動かして動作を記憶させる「ダイレクト・ティーチング機能」をはじめ、直感的に使えるGUIや、カメラを用いたティーチング機能にも対応しています。
OSS版では利用者がLinuxなどを個別にインストールすることも可能、クリエーターが最適な環境でアプリケーションを開発できます。

公式プレスリリースはこちら: https://www.denso-wave.com/ja/robot/event/worldrobotsummit2018.html

医療市場におけるAIソフトウェア、ハードウェア、サービスなど、人工知能の22のユースケースを紹介 世界のIoTに関するレポート公開中