接続された製造技術コンバージェンス:クラウドロボティクス、IIoT、3D印刷、バーチャルツイン2018~2023

接続された製造技術コンバージェンス:クラウドロボティクスIIoT、3D印刷、バーチャルツイン2018~2023 – 記事

接続された製造の将来は、遠隔制御、柔軟性、インテリジェントで適応性のあるシステムになります。クラウドロボティクス、3D印刷(プリンティング)、IoT、バーチャル・ツインティングの組み合わせにより、柔軟でカスタムの分散型製造が可能になります。

クラウドロボティクス市場の重要な利点の1つは、ロボティクスおよび産業用オートメーション機器をより広い範囲のユーザーに提供できることです。これが達成される方法の1つは、オープンAPIを使用することです。アプリケーションAPIは、アプリケーションユーザーインターフェイスからロボット制御プレーンを抽象化することができます。これは、顧客がロボットコントローラーに独自のユーザーインターフェースを使用する必要がないことを意味します。

遠隔操作(テレオペレーション)とは、遠隔から装置または機械を操作する能力を表したものです。遠隔からロボットを遠隔操作する遠隔操作の特定の形態は、遠隔ロボット(テレロボット)と呼ばれます。遠隔操作と遠隔ロボットは、共に広帯域通信、センサーM2M(Machine to Machine)通信、IoT(Internet of Things)技術などのICTインフラストラクチャによってサポートされています。

ワイヤレスブロードバンドの拡張は、アンカーリング遠隔操作です。5Gおよびモバイルエッジコンピューティング(MEC)に先立って、遠隔操作は主に固定通信接続に委ねられています。5GとMECは、5Gカバレッジがある場所であれ、どこでも遠隔操作を可能にし、ロボットを含む多くの新しい消費者および産業オートメーションシナリオを可能にします。

産業界の改善のための1つの明確な領域は、遠隔操作と遠隔ロボットです。さまざまな産業が、マスタ制御インタフェースを通じて仮想オブジェクトによる実機/機器の制御能力を活用するためです。

インドコマースは、デジタルツインティングによってテレオペレーションが変容すると見ています。これは、IoTプラットフォームとソフトウェアが物理的なオブジェクトや資産のデジタル表現を作成するために利用されているデジタル世界への物理的世界のマッピングを指します。物理的なオブジェクトのデジタルツインは、その物理的な状態や性質などの資産に関するデータを提供することができます。

産業用3Dプリンタセグメントは2023年までに最大のセグメントとなります。3D印刷によって促進されるアプリケーションとサービスには、プロトタイピング、スペアパーツの印刷、製造、医療、エレクトロニクス、消費財、自動車、航空宇宙など、もっとたくさんあります。ほぼすべての製品の製造、統合、および制御はますますデジタル化されつつあります。

最近の調査では、3D印刷やその他の付加製造がプラスの影響を与え、創造性を高め、特に商品やサービスの市場投入までの時間を大幅に短縮することが示されていることからもわかるように、この傾向は加速しています。

この研究は、Industry 4.0の時代における遠隔操作と遠隔ロボットの新たな役割を評価します。 このレポートは、さまざまな業界の垂直技術分野での遠隔操作と遠隔ロボットのソリューションの影響を分析します。また、IIoT遠隔操作と遠隔ロボットシステム、サービス、ソリューションの市場予測も提供しています。遠隔操作や遠隔ロボット)でのデジタルツイン技術の役割も評価します。

この調査では、ハードウェアメーカー、サービスプロバイダー、アプリケーションプロバイダー、ソフトウェアプロバイダー、原材料プロバイダー、およびコミュニティを含む3D印刷市場の多次元分析も提供されています。また、2018年〜2023年の予測を含め、世界的にも地域的にも、知的財産、さまざまな技術と戦略、原材料供給、その他業界の主要要因による市場への影響を評価します。

この調査では、技術、企業、戦略、ユースケース、ソリューションなど、クラウドロボティクス市場も評価されています。2018年から2023年までのクラウドロボティクスのアプリケーション、サービス、コンポーネントの世界的および地域別の予測を提供します。

クラウドビュー(CloudView)のクラウドサービスのサポートのための市場展望としては、IaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)、PaaS(サービスとしてのプラットフォーム) サービス(SaaS)として、ロボット(RaaS)としてサービスを提供しています。パブリッククラウドプライベートクラウドハイブリッドクラウド、コミュニティクラウドを含む、展開モデルによるクラウドロボティクスの予測も含まれています。

この研究は、研究開発、技術統合、および業界全体の新しいソリューションやアプリケーションの開発の機会を特定する上で重要です。私たちの調査結果、洞察、データ、予測は、新しいIoTネットワークやシステムのための新しいハードウェア、ソフトウェア、プラットフォーム、サービスの市場を活用する重要な要素です。

これらの目標を支えるために、このレポートはIIoT技術、企業、アプリケーション、サービス、およびソリューションに関する批判的分析を提供します。報告書の予測には、2018年から2023年の業界、ソフトウェア、ハードウェア、およびサービス別のIIoTとIIoTの全体的な見通しが含まれています。

インドコマースのレポートの直接購入には、専門家のアナリストによる時間が含まれ、 あなたが取り組んでいるビジネス問題へのレポートで。 これは、レポートを購入してから3ヶ月以内に使用する必要があります。

研究結果の選択:

  • 人工知能は企業の3D印刷コストの50%を節約します
  • グローバルクラウドロボティクス市場は、2023年までに161億ドルに達します
  • 世界の3D印刷市場は、2023年までに33億米ドルに近づく見込みです
  • 産業用3Dプリンタ部門は、2023年までに最大のセグメントとなります
  • 組み込みAIソフトウェアは、2023年までに3D印刷用に920万ドルの市場機会を提供します
  • 2023年までの収益による最大のアプリ領域は、$ 11B以上のUSDでの概念実証となります
  • 5Gエッジコンピューティングの導入により、アクセスとユーザビリティを大幅に向上します

研究のメリット:

  • プレイヤーの役割を含む3D印刷エコシステムを理解します
  • AIとIIoTに対する3D印刷の関係を理解します
  • 2023年までのロボットコンポーネント、クラウドロボティクス、および関連サービスの予測
  • サービスおよびクラウドロボティクスプラットフォームとしてのロボティクスの主要投資分野を特定します
  • 遠隔操作、ロボット工学、クラウドコンピューティングの関係を理解します
  • クラウドロボティクスがエンタープライズオートメーションの重要な成長領域になる方法を学びます
  • 企業部門と産業部門の業種別の機会と見通しを特定します

対象読者:

  • クラウド企業
  • ロボット企業
  • 投資機関
  • データ管理ベンダー
  • 産業オートメーション企業
  • 民生用アプリケーション企業
  • すべての業種のエンタープライズ

Reportbuyer紹介

Reportbuyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

注釈

  • 「クラウドロボティクス」
    https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/column/16/021500036/030300007/
    動き出したクラウドロボティクス
    続々とクラウドにつながるロボット、新ビジネスモデルやIoTサービス創出
    ロボットがクラウドにつながることで新しいサービスを生み出す取り組みが拡大している。
    代表的なのが、ロボットが収集したデータを分析するIoT(Internet of Things)の考え方だ。工場の産業用ロボットがクラウドにつながることで、故障予知が可能になる。

    ファナック:自動車メーカー向け産業用ロボットの故障を予知
    産業用ロボットの稼働率向上を目指して、クラウド連携させるのがファナックだ。2016年夏に、自社製の産業用ロボットの故障を事前に検知して通知するオプションサービスを提供開始する計画だ。「搭載する部品が2週間後に壊れる、といった予知を可能にする」(ファナックの稲葉清典 専務取締役ロボット事業本部長)。
    ファナックは同サービスの開発に当たって、米シスコシステムズと共同で、自動車メーカーの北米工場で生産ラインの停止時間を削減するプロジェクトに取り組んできた(写真1)。産業用ロボットはセンサーを搭載し、搭載するモーターやベアリングの稼働状況、損耗具合に加え、工場内の気温などを計測している。

    写真1●ファナックが提供する産業用ロボットの故障予知サービスのイメージ。
    これらのデータを収集・分析するためのプライベートクラウドの構築を、シスコシステムズに依頼した。

    「12カ月間にわたって検証した結果、生産設備のダウンタイムをほぼ100%なくせるといった成果が得られた」

    (ファナックの稲葉専務取締役)という。
    ターゲットは、自動車メーカーだ。ファナックは月当たり約2500台の産業用ロボットを自動車メーカー向けに出荷しているという。これらのロボットに対してオプションサービスとして提供し、工場における生産ラインの停止時間の削減を狙う。

原文はこちら: Connected Manufacturing Technology Convergence: Cloud Robotics, IIoT, 3D Printing, and Virtual Twinning 2018 – 2023

幅広い業界に影響を与えるブロックチェーン。市場の動向、テクノロジーの問題、主要な使用事例を調査 世界のIoTに関するレポート公開中