ロボットシステムが生産現場の安全性を向上させ、生産力を強化する。市場動向やタイプ別産業用ロボットの分析

ロボットシステムが生産現場の安全性を向上させ、生産力を強化する。市場動向やタイプ別産業用ロボットの分析 – 記事

レポートの概要

世界の産業用ロボット市場は、2017年に418.6億米ドルと評価され、2023年には735.1億米ドルに達すると予測されています。予測期間中(2018-2023年)に9.84%のCAGRを記録するでしょう。産業用ロボットは産業オートメーションにおいて重要な役割を果たしており、産業界の多くの中核業務がロボットによって管理されています。スマートファクトリーシステムの消費によるメリットが高まっているため、過去10年間に市場には大きな需要が見られました。IoTの普及拡大とロボット工学への投資は、市場の成長に大きく寄与しています。テクノロジーの革新により、産業界はロボットを使用して多くのプロセスを合理化し、効率を高め、エラーを排除することができました。職場の安全性の向上と生産能力の向上により、産業界はロボットシステムへの投資を促進しました。市場を動かす主な要因のいくつかには、(製造プロセスにおける適切なエンドツーエンドの可視性を必要とする)高品質な製品、省エネルギーの必要性、および職場安全への関心の高まりがあります。技術の段階的な進歩と製造施設の開発の持続的な増加は、この市場を推進すると期待されています。一方で、エンドユーザーの動的な性質と今後の様々な技術に対する意識の欠如は、市場の成長をある程度抑制する可能性があります。他の制約としては、これらのシステムの導入と変革に求められる膨大な投資、テクノロジーの統合に伴うサイバーリスク、脆弱性があります。

エンドユーザ需要の観点から、自動車産業は、エレクトロニクス、金属、化学セグメントに次ぐ最大のセグメントとして浮上しました。

職場の安全を重視することが市場を牽引する
生産性は全従業員の健康に依存するため、従業員は企業の最大の資産の1つです。したがって、いかなる種類の傷害や事故にも予防策を講じるといった職場の安全性が重要になります。職場での怪我などにより休業している従業員の割合も、企業について考える要因の1つです。休職と医療費がコストを増やし、支出に影響を与えます。OSHAによると、世界中の企業は、職場の傷害に対する報酬として週10億ドルを費やしていると推定されています。したがって、より安全な職場を提供する必要性が主になってきています。

米国政府の労働安全衛生法(OSHA)は、作業をより安全にし、従業員の身体的健康を守るために、工場でのオートメーションとロボットの使用を促進しています。さらに、いくつかの規制基準は、労働者が職務を遂行しなければならない温度および環境条件に関して、しきい値条件を規定しています。健康状態に影響を及ぼす可能性があるため手作業が発生しないように提案されている検査条件で、ロボットシステムを広く使用することができます。そのため、作業環境の安全性の向上は、効率と処理量を最適な水準に維持する必要がある中規模/大規模組織におけるロボットシステムに対する需要を高めています。そのような場合、ロボットシステムは人間の労働を置き換えるだけでなく、労働者の安全を犠牲にすることなく生産効率を維持することを確実にします。このように、世界中の企業が職場の安全性に重点を置くようになっていることが、市場を推進しています。

多関節型ロボットセグメントが最も成長している分野
関節運動ロボットは、回転関節を使用して、正確な動きを絶え間なく確実に実行するロボットアームです。関節式ロボットは、組立、スプレー、切断、溶接、ディスペンシング、塗装、材料ハンドリング、シーリングなど、さまざまな用途の製造部門で使用されています。多関節型ロボットは、他のロボットよりも自由度が高く、汎用性があるため、製造業者にとって魅力的です。多関節型ロボットは、精度と速度の向上により企業の生産性を向上させ、生産される製品の品質を間接的に向上させることができます。生産工程で多数の作業を実行できる能力を備えた多関節ロボットは、現在の市況を支配して、長年にわたって広く採用されてきました。多くの業界では、プロセスを自動化するためにロボットをさらに配備し、これらのシステムに対する需要が高まっています。

エンドユーザー製品の消費が増加するにつれて、需要の増加に対応する必要性も高まっています。多関節型ロボットは、他のロボットと比較してより信頼性が高くコスト効率がよいため、自動車産業で広く使用されています。市場で入手可能な追加機能を備えた新製品によって、交換の需要も高まっています。多関節ロボットは現在展開されている主要なロボット型の1つであるため、このセグメントは予測期間中、リードを維持することが期待されます。

北米は最大の市場シェアを持つ
北米は米国で大きなシェアを持つ「スマート・ソリューション」にとって最大の市場です。この地域の産業部門は、最近の景気後退から大幅に回復し、早期の成長水準を回復しました。さらに、職場の安全性への関心の高まりは、産業用ロボットの採用を促進する主要な要因となっています。

米国は第4次産業革命に直面しています。データは生産のために大規模に使用されており、サプライチェーン全体で幅広い製造システムと統合されています。米国は世界でも最大の自動車市場の1つであり、13社以上の主要自動車メーカーが存在しています。自動車製造は、製造業における米国の最大の収益源の1つです。経済の改善(米国は輸出国としての強固な地位を保つことが期待されている)と回復した製造業は、市場にさらに貢献しています。企業は、グローバル競争シナリオに追いつくために、人々ではなくテクノロジーに投資することがますます増えています。ロボット工学への投資は、米国における健全な成長をもたらしています。

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 研究アプローチと方法論
  3. 第3章 エグゼクティブサマリ
  4. 第4章 市場動向
  5. 第5章 世界の産業ロボットの市場区分
  6. 第6章 主要ベンダーの競争力の分析
  7. 第7章 競争力のあるインテリジェンス – 企業プロファイル
  8. 第8章 投資分析
  9. 第9章 市場の将来

レポート情報

レポート名 Global Industrial Robots Market
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年3月
金額 $4,250(本記事記事公開時点)
ページ数 141
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

16407

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

IoTシステムの導入により成長するスマートマニュファクチャリング市場。セグメンテーション、市場予測、投資分析を解説 世界のIoTに関するレポート公開中